Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2005/10«2017/03 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2005/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知られざる埼玉の名産品「蔵の街さいだぁ」

第1回から実に5ヶ月近く経っての2回目となった知られざる埼玉の名産品シリーズ。
基本的に、やるのは気まぐれなので。どうせ注目する人もいないだろうし(笑)。

サイダーと言うと、誕生から126年もの歴史を誇る全国ブランドである
三ツ矢サイダー」の印象がどうしても強いが、
全国には地元の名水を使い、地元のみで愛飲される“地サイダー”が数多く存在する。
近年はこの地サイダーも静かなブームになっているようで、
大きなスーパーなどで各地の地サイダーを目にするようになった。

蔵の街・川越
埼玉屈指の城下町であり県内で数少ない観光地。
現在放映中のNHK朝ドラ「つばさ」の舞台。
ウォーターボーイズ」のモデルとなった高校もこの街にある。

その川越の新名物とするべく新しく誕生した「蔵の町さいだぁ」。
やはり水にこだわり、地元の酒蔵の仕込水を使用。
まだ歴史はないが、懐かしさと最近の飲料にはないすっきりした甘さ。

川越に新登場の「蔵の街さいだぁ」。

スポンサーサイト

知られざる埼玉の名産品「鳩豆うどん」

埼玉に戻ってきて1年が経つ。

他県に比べ特徴がなく、名産品や観光資源に乏しいとされてきた埼玉。
そんな現状に一石を投じつつ、
私自身にとっての地元の再発見、最近とみに言われるようになった“地産地消”、
そして埼玉のイメージアップ貢献など、いろいろな思惑を兼ねて、
知られざる地元の名産品をこれから時々紹介していこうと思う。
私の趣味により、当然食べ物が中心になる(笑)。
つまらなかったらすぐやめるのでご理解を(爆)。

第一回は、埼玉県のほぼ中央に位置する比企郡鳩山町の「鳩豆うどん」。
地元産の黒大豆を練りこんだうどんで、一見すると蕎麦みたいな色。
味も普通のうどんとは少し違う、独特の風味がある。
食べ方は盛りうどんで、その風味を楽しみたい。

埼玉県比企郡鳩山町の「鳩豆うどん」。 黒大豆を練りこんだ鳩豆うどん。蕎麦みたいな色が特徴。

地元鳩山町には町営の食事どころがあり、
鳩豆うどんをメインとした定食などが食べられる。
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。