Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2005/10«2017/03 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2005/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Say-you!パフォーマンスドールお披露目ライブ

ごく一部で噂の(笑)Say-you!パフォーマンスドール(以下、SPD)のお披露目ライブを見てきた。
かつて90年代前半に存在し、篠原涼子などを輩出したグループ・東京パフォーマンスドール(TPD)。
SPDはその再来&声優版と言えるグループで、TPDを監督した中村龍史氏が再び演出。

ライブの場所は渋谷ルイードK2(原宿はもうないもんね)。
1/3~5に1日2回ずつ計6回の公演。その中で一番空いていそうな4日の昼公演を見た。
ここは以前にも来たことがあるが、広さは原宿ルイードと大差なしか。
オールスタンディング。初日は満員だったらしいが、今回の観客はざっと6割程度。
観客層は大きく分けて3種類。出演者の家族、出演者の友人or声優仲間らしき女の子たち、
そしていわゆるコアな男たち。特に最前列に陣取る10数名。
私はTPD初期のルイード時代を知らないので顔ぶれが分からないが、
TPDジャンキーの残党よりも声優ヲタが多いと思われる。徳永愛ライブで見た顔もいる(笑)。
見た目の平均年齢異常に高し。推定over35。

まず、ステージに7人が登場。これが事実上の中心メンバーか。全員が黒で統一した身軽な衣装。
「say-you,Say-me~」で始まるオリジナルソング。当然ダンスあり。
交互に立ったり座ったり回ったり、全体の連動した動きの妙は中村演出の得意技。
その後、メンバー全員(たぶん。欠席者がいるか不明)が登場し、
「港のヨーコ・ヨコハマヨコスカ」、一人だけ残り、あべ静江「みずいろの手紙」と
懐かしいナンバー。せりふがアニメ声なのがアンバランスでおかしい。
たぶんそれを意識してせりふのある懐かしい曲を選んだのだろう。
続いての、ギター2人を従えてのロック調の曲は、明らかに弾いているふり。
今度は網やトングを持って歌う、たぶんオリジナルのコミカルな焼肉ソング。
全員が道具を手ににぎやかに歌い踊る様は、ビバケセを意識しているようにも。

後半は中村演出の肝とも言えるダンス中心の構成。
曲はすべてオリジナルかアニメソングか。
腕立て伏せとか腹筋とか、筋肉ミュージカルを思い起こす
サーキットトレーニングのような振り付けに続き
ノンストップで10分近くも踊り続けるクライマックス。
これはよほどの体力がないとできないよね。
それぞれ事務所に所属している声優(の卵)がここまでやる、ということに対する
感動と達成感、そしてファンが彼女たちの成長を感じることに意義があるのだろう、
それはTPDの時と変わらない。
メンバー紹介は踊りながら2本のマイクを見えないよう交互に受け渡し、
一人一人自ら名前を言う、ちょっと手品っぽい演出。
最後にボディクラップ(体を平手で叩いて音を出す)から「Say-you!」と決めのポーズ。
まさしく筋肉ミュージカルだ。

終了後、数十秒。伝統の早替えで全員が再登場。
もともとの黒の衣装の上にピンクのTシャツ(グッズ)とジーンズを着るだけなので簡単だが。
最後のお礼の挨拶以外、MCなし。これも伝統だね。


SPDを立ち上げた経緯には、AKB48のブレイクに多分に影響された部分があるに違いない。
あちらには秋元康という、おニャン子の実績を持つ大物がついているとはいえ、
常設の小会場で連日公演、1軍2軍制、無名の少女たちが成長し人気を得てゆくストーリー性。
それら多くの要素はもともとTPDが先駆けだったはず。
TPDこそがオリジナルという自負心が中村先生を動かしたというのは穿った見方か。
それに声優という、これまた一大勢力を誇る分野を掛け合わせての挑戦。
世間からは逆にこちらが二番煎じに見られてしまう可能性もあるだろうが、
今後の展開を注目していきたい、やや冷静に(笑)。

階段途中のグッズ売り場ではTシャツ、生写真などが売られていた。
Tシャツはサイズがないのでパス。生写真は場外で違法販売が出るようになったら一人前(笑)。
スポンサーサイト

健康に気を使う年代

久しぶりに、このブログのルーツである東京パフォーマンスドール
ミニコミ誌の元読者による飲み会を開催した。
今年は新年会ができなかったので、昨年の忘年会以来9ヶ月ぶり。

場所は新橋駅前のビルの地下、いかにもオヤジ向けの飲み屋「三芳八」(みよしや)。
串焼きやガツ刺(ガツは豚の胃袋)、谷中生姜などを肴に、いつもの濃い話。
店のTVで放映していた60~80年代の歌謡曲の場面が格好のネタに。

でも数ヶ月会わないだけでいろいろなことがあるんだねー。入院していた人とか。
体調が悪い(含む・児山)者数名。喫煙者はいなくなり、ビールよりウコン杯を好んだり。
みんな健康に気を使う年代にさしかかってきているんだなー、としみじみ。
とりあえず忘年会までは皆さん無事でいましょうね(笑)。

TPDベスト発売&トークライブ

武道館から15年!TPD『GOLDEN☆BEST』発売記念トークライブ

出演者も魅力的ではありますが、
大々的に宣伝しない(主催の「スクランブルエッグ」編集長のブログのみ)
あたりがTPD的でいいですな。
ジャンキーたちの楽しき同窓会の場になること間違いなし。

残念ながら児山は今回パスの予定。いろいろ多忙でして。

歌った!踊った!跳んだ!笑った!泣いた!感動した!OPD同窓会ライブ

17日(日)、shibuya boxx にて行われた大阪パフォーマンスドール(以下、OPD)の
同窓会ライブを見に行った。
結成15年、活動停止から11年を経て、大阪と東京の計2回だけの再結成ライブ。
フロントメンバーにあたるf-Unitの5人(武内稲葉古谷上田中野。上田以外はソロ活動中)と
記者会見で注目を浴びた次長課長河本の嫁こと重元の6名が出演。

ホントにもう、言葉じゃ言い表せないよ。
オープニングの「満月の夜だから」から、惜しげもなく次々飛び出す代表的な曲の数々。
OPDにものすごく思い入れがあったわけじゃないけど、最初から最後まで感動しっ放し。
メンバー全員がOVER-30であることを感じさせない、往年を髣髴させる見事な動き。
この日のために数ヶ月前からレッスンを積んできたとか。
単なる同窓会では終わらせない、ものすごいプロ意識。

MCも関西流の突っ込み合戦、天然ボケ合戦が延々と続き、爆笑の渦。
彼女たちのトークショーだけでも充分金が取れる(笑)。TV中継したいほど。

満員の会場もすごい盛り上がり。上田のはっぴを着た親衛隊は跳ねるわ、
仕事が荒天でキャンセルになって(曰く「神風が吹いた」、)参加できた歩く核弾頭君は
ビールを立て続けにあおり、最前列で号泣するわ、MCに突っ込みまくるわ。
見覚えのある顔があちこちに。客の平均年齢、異常に高し(笑)。

最後の「恋がまぶしくて」では全員が涙、涙。
アンコールを求める手拍子はいつまでも鳴り止まず、結局トリプルアンコールまで。
気がつけば約3時間の長丁場。さすがに足腰にきたが、心地良い疲れでもある。
3時間のうち半分はMCだったはず(笑)。

開場前に降っていた雨も帰る頃には止み、夜空(=上田)には満月。
本当に満月の夜だから、だった。

終演後の舞台バックに映し出された、懐かしきOPDのロゴとアルバムに使われた絵。実はこれも撮影禁止で後で注意された(爆)

冷静に考えてみれば、
今回の同窓会ライブはバックに吉本興業がいたからこそ実現できたもの。
長期間のレッスン、彼女たちの知名度からすれば不釣合いとも言える記者会見。
そして満員の会場で大成功に終わったライブ。
バックの政治力や実行力、資金力が成否を左右することを改めて思い知らされたものだ。

これと同じ形、同等以上の規模での同窓会ライブをTPDが行うことなど到底不可能だろうね。
バックボーンがないし、主力メンバーで芸能界にしがみ付いている子が少ないし、
大ブレイクした子にとってTPDは黒歴史だし(笑)。

篠原涼子出産

10日、夫の市村正親立会いのもと、男児出産。
涼子もママか…感慨深いものがある。
間違いなく、ママになっても人気は落ちないのだろうな。

忘年会

忘年会に参加された皆様、お疲れさまでした。

オタクいやダメな人の聖地、アキバで、
最近では多い9名の参加をいただき、例によって濃い話で盛り上がりました。
会場の席が部屋のど真ん中で、学生コンパの騒音に囲まれての宴会だったのは
やや失敗でしたが。
歩く核弾頭氏がAKB48にはまっていたとは意外でした。
早く携帯買いなさい(笑)。

新年会は来年2月上旬頃開催予定です。
今回参加された方も、参加できなかった方も興味あればぜひ。

報道合戦の末…涼子おめでた

篠原涼子が妊娠4ヶ月。 →スポニチ11/8 

ひときわ太い「妊娠」の見出しが躍ったのは7日付のスポーツニッポン。2年前に2人の結婚もスクープしただけに、意地でもスッパ抜きたかったようだ。
スポーツ紙の見出しで振り返ると、篠原の体形がふっくらしだした春ごろから憶測が飛び交い、3月2日付のデイリースポーツでは「篠原“意味深”妊婦? まだ分かりません」と報じた。
続いて、6月1日「篠原涼子、妊娠説を否定」(6月1日、日刊スポーツ)▽「篠原涼子、妊娠の噂には『ムフフフ…』」(8月31日、デイリー)▽「妊娠? 篠原涼子の気になるお腹、自ら発言『最近太ってきている』」(9月4日、スポーツ報知)など、1人の女優のお腹にこれほど注目が集まったのも珍しい。

夕刊フジ

ホントにすごいというか、しつこい妊娠報道合戦だったが、この手のスクープをつかむことに長けているスポニチが“本物”を引き当ててピリオドを打った形か。

ここ2、3年でトップ女優に上りつめ、同性が憧れるanegoキャラの女性としての地位を築いた涼子。市村正親との「年の差婚」でも人気は全く衰えなかった。おそらくはママになっても、その経験と新たなイメージに、引く手あまたの状況は変わらないことだろう。

山手線の車体広告

篠原涼子。
年内はドラマの予定もないとのことだが、CMや広告では健在。
CM女王の座も間近?

山手線の車体広告。涼子はコンタクトレンズの広告にも登場か。

懐かしさとボケとサービス精神 ~米光美保ライブ~

前回から1年半ぶりとなる、吉祥寺STAR PINE'S CAFEでの米光ライブ。
ここのところ、汐留での無料ライブばかりだったから、
予めチケットを購入して蒸し暑い中で並ぶという行為自体が実に懐かしく感じた。

時間があったら改めてライブレポートを書いてみたいとも思っているが
さしあたり印象に残ったことをいくつか。

活動再開以後の曲を中心に15曲。懐かしい曲のコーナーとして
「Field of Dreams」「ミラクル」も。
よねみーは相変わらずMCにまとまりがない(笑)。
MC中のしぐさが綾小路きみまろに似てきた気がする。

元TPD研修生で、現在はよねみーが妹分としてかわいがる冬華
オリジナル曲「Happy☆New Life」を歌った。
観月ありさの「Happy Wake Up!」を思い出す、冒頭からのサビ。
冬華に対して贈られた観客からの花束を自分が受け取ろうとしたり、
世話好きの仲居さん状態だったり、ここでもよねみーの天然ぶりが光った。

その冬華とのMCで、嬉しいハプニング。
彼女がTPDのオーディションでよねみーの「予感
(TPD時代の1stシングル)を歌ったことを話し、それに対し
山下政人氏が「予感ってどんな曲だっけ?」と突っ込んだことから、
よねみーによる「15年ぶりくらい」という、予感のアカペラ披露に。
しっかりした音程で間違えずに歌い始めたよねみーもすごいが、
それを聴いてすぐ伴奏をつけ始めたバンドの方々もすごい。
1コーラスのサビの途中でやめてしまったが、
「懐かしかったやろ?」と聞かれて前方のお客は皆うなずいていた。

山下政人氏は今日もしゃべくり好きな関西人の本領発揮。
よねみーのMCに後ろから乱入し、後半のMCはほとんどトークショー状態。
よねみーのレコーディングでのNG音源をすべてとってあり、
これをMDに編集してファンクラブ会員に“強制的に”送りつける、
と宣言。観客は大爆笑、拍手。
新曲レコーディング時に自らラララで歌った元歌も一緒に入れようか、
とか次々出てくるアイディア。
ホントにこの人の旺盛なサービス精神には脱帽。

山下氏は演奏中もとにかくずっと笑顔。
一曲終わるごとによねみーと親指を立て合ってコミュニケーション。
体育会系の前田たかひろ~大藤史ラインとは対照的に、
褒めて笑って育てるのが山下流か。

外は蒸し暑かったが、面白くて懐かしくて温かいライブだった。

歌う場がある喜び 米光美保ライブ

久しぶりにカレッタ汐留での米光美保ライブを見に行った。

ホントにいつも通りの光景。ビルに挟まれ、風が強く寒い広場。
前方に顔見知りの常連が固まり、その後ろを通りすがりの人たちや
隣接する「四季劇場 海」からミュージカルを見終えて出てきた人たち。
寒い日にはおなじみの赤いコート姿のよねみー
本当に嬉しそうに、喜びを噛みしめるように歌う。
MCで噛みまくるところも、いつも通りだ(笑)。
盛り上がる「一期一会」はライブのクライマックスには欠かせない曲だ。
このタイトルでアップテンポの作品を作れるのは米光山下政人
コンビしかいないだろう(笑)。

いつ来ても変わらない風景。
年月を経てのアーティストとしての成長や変化を望む人にとっては
物足りないだろうとも思うけど…。
今はこの安心感こそが米光美保の存在感であり、象徴となっている。

会場限定発売のCD-R「UP to me」の収録曲を中心とした楽曲構成。
日常の生活や仕事をテーマにした「早起きは三文の徳」「接客業」。
近年の米光作品の軸の一つとなっている。
その一方で異色なのは「優しさが抱きしめる世界」か。
笛の音などで日本的な懐かしさを醸し出すアレンジ。
祭りを通して呼びかける世界平和SAVE CHILDREN

山下政人氏はパーカッションに、合間のビデオ撮影に、と
いつも通りの大活躍。
デジカメを向けたら、氏もビデオカメラをこっちに向け、
お互いに撮り合い(笑)。

ライブの後もいつも通りの直売&サイン&握手会。
前回のライブで発売した「UP to me」と、
今回のライブで発売の「UP to me 2」。両方買ったら
共に4曲ずつの収録ながら、うち3曲が同じ…。

よねみー。いつもの赤いコート。髪を束ねているのは意外に珍しい? 例によってビデオカメラ片手に大活躍の山下政人氏。お互いに撮り合い(笑)。

感謝と誇りと…

ついさっき、大藤史さんのブログを読んで、私も改めて
東京パフォーマンスドールと出会えたことへの感謝の気持ち、
そしてファンであることへの誇りを強く感じた。

今の私には誰も責める気にはなれない。

ちょっと遅い新年会

昨日、ペーパー読本の元読者を中心に、ちょっと遅めの新年会を行いました。
場所は目黒。一次会は駅前の「坐・和民」。和風で暗めの店内は
雰囲気は悪くなかったのですが、席がやや狭いのが難点。
それに、和民は有機野菜の導入や添加物の削減を謳っているはず。
添加物の権化みたいな苺××××サワーなんぞを出しているようじゃ…。

例によって濃い話。
80年代アイドルから、おニャン子TPDAKB48CoCo
ハケンの品格e-TAX携帯沖縄移住…。
ここぞとばかり堰を切ったようにしゃべりまくるメンバー。
みんな普段、抑圧された生活を送っているんだな(笑)。

二次会は、やはり目黒駅前の沖縄料理「なんくるないさー」。
泡盛の古酒(クースー)を傾けつつ、ゆし豆腐、足てびち、もずく天、
日替わりの沖縄直送の刺身などをいただきました。
ヤギの刺身というのも頼んでみたら、臭みはないものの筋があって
馬刺しを硬くしたような歯ごたえ。本土人にはちょっと合わないかな。
この店はビルの7階にあって、他の居酒屋のような変な客が来ず、
業界関係者っぽい女の子が目立ちます。値段も抑え目で穴場的存在。

ところで新年会の雑談から出た話ですが、未だ携帯を持っていない
 歩く核弾頭氏に携帯を持たせるプロジェクト
が発足しました(笑)。
本人曰く「持たないのがポリシー」「盗聴されている(笑)」。
一方でメールやネットによる情報伝達の必要性も実感しているようで、
電話は使えなくてもいいから、できるだけ安く、メールが使えること
という条件で携帯を検討していることも明かしました。
そんなわけで、私どもも協力することにいたします。
上記の条件で適当なプランがありましたら、児山までご提案を(笑)。

濃い忘年会

昨日、このブログのルーツである東京パフォーマンスドール
ミニコミ誌の元読者による忘年会を行いました。
場所は東京駅日本橋口すぐ横の「鳥どり」。
お店の計らいで個室を用意してもらえ、
窓から見下ろす駅前広場のイルミネーションもきれいでした。
鶏鍋、鳥天、串焼きなど文字通り鶏をメインとした料理も良く、
酒類も種類豊富で、利用し甲斐がある店です。

その後は八重洲口のカラオケへ。日常のストレスを解消することに
燃えるかのような、極めて濃くてマニアックな選曲。
曲名などはとりあえずここでは書きませんので、
詳細は参加者の口から直接(笑)。
更に飲み足りず話し足りなくて3次会へ行ったメンバーも
いたようです。
児山は結局終電がなくなり、タクシー…。

新年会も予定しています。興味ある方は児山まで(笑)。

今秋一番の冷え込みを記録した日

軽井沢で氷点下2.8℃、日光で氷点下1.5℃。
東京でもコートを着込んだサラリーマンやOLの姿も。
ただ、中途半端に寒いと、冷房や扇風機の止まった満員電車内は
意外に蒸し暑いんだよな…。

秋の夜長。今、TPD DASH!!のアルバム
[JUST]FINE(←これがアルバムのタイトル)を久しぶりに聴いている。

この世の中で 一番大切なもの
お金なんかじゃない ルールでもない
胸の中激しく燃えてるFIRE


収録曲のひとつ、島津志穂FIRE」の歌詞を聴き返してみて思った。
時間とノルマに追われ、満員電車に揺られる人生って、何なのだろう。
別にそれで大金持ちになれるわけでもなし。
いつも心の中に燃えるものを持ち続け、毎日ワクワクして朝を迎えられる
ような生き方ができれば、それはきっと誰よりも幸せな人生なのだろうな。

そのような生き方を追求できるだけの資質や行動力や運がある人が、
この世にどれだけいるのか…。

強風下での熱唱 ~米光美保ライブ~

ほぼ毎月、汐留にて行われている、米光美保のライブ。
おとといまでの荒天も去り、東京は快晴。しかし風が強く、
いつものカレッタ汐留前の広場はビル風で目も開けられないほど。
地震や大雨など、天災にたたられることが多い米光ライブですが、
晴天でも何かミソがつくのですね(苦笑)。

いつもの通り、最近3枚のアルバムからの選曲で、
強風の中でもいつも通りの熱唱。今はこうして歌えることに喜びを
見出しているかのような、充実の表情。

よねみーをプロデュースする山下政人氏もドラム、パーカッションで
サポート。関西弁丸出しのMCに、手拍子にと大活躍。
終了後、会場で撮っていたデジカメにまだ余裕があるとみるや、
そのカメラを持って観客の方へ。馴染みのファンにカメラを向け、
即席インタビュー。このサービス精神はすばらしい。

強風の中、熱唱するよねみー。 米光をプロデュースする山下政人氏がサポート。

今朝取り上げていたのは報知だけか

朝、駅の売店で、スポーツ紙の前に張り出されている
報知新聞の見出しの紙に目がいった。

穴井夕子 第2子妊娠

…穴井って、そんなに知名度あったっけ
私がTPDのファンだけに、そのあたりの感覚がかえって分からない。
スポーツ紙的には、どう見ても旦那つながりだろうけど。

…まぁ知られるのは悪いことではないが

米光オフィシャルサイトの掲示板に今日、
このブログのTPDカテゴリーが紹介(というより掲載)されていた。
投稿者はコメントも何もないまま、ここのURLだけをベタン。
せめて一言くらい書いておいてくれればよかったのに、
なんか私が自作自演で宣伝しているみたいで、いまいちすっきりしないな(苦笑)。

「ペーパーサミット」

このブログのタイトルにある「Paper Dokuhon」は、もともと
東京パフォーマンスドールのミニコミ誌からきた名称です。
そのミニコミはもう発行されていませんが、
当時の読者を中心とした飲み会(オフ会)を現在も年に数回行っていて、
これを、東京パフォーマンスドールのライブ名「ダンスサミット」を
もじって「ペーパーサミット」と呼んだりしています。

今日は、新年会以来ひさしぶりのペーパーサミットを、
品川駅港南口の稲田屋にて行いました。
参加者は6名。山陰直送の魚や地酒を楽しみながら、
新旧アイドルとかサッカーとか地域ネタとかの濃い話で
3時間半以上も盛り上がり、大いにリフレッシュできました。
日常の喧騒やストレスから逃れ、普段なかなか話す機会のない濃い話に
花を咲かせる場。これがペーパーサミットの存在意義です(笑)。

それにしても、品川は駅が改良されて新幹線も停まるようになって、
人の往来が飛躍的に増えましたね。
今日みたいな日、中央自由通路の暑さはたまったものではありませんが。

今日参加された皆さん、お疲れさまでした。
次回ペーパーサミットは涼しくなる秋に開催してみたいと考えています。
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。