Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2005/10«2005/11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2005/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廣功秀(駒沢)

R246・玉川通り沿いは以前からラーメンの激戦区だが、駒沢大学駅周辺もその一つ。
5日午後、駒沢公園でサッカーを見た帰り、廣功秀(こうこうしゅう)に入った。昨年オープンした店。
廣功秀

木を多用した店内は薄暗く、カウンターの上にはところどころにスポットライトが配されている。落ち着いた雰囲気を醸し出しラーメンをおいしく見せるための演出かな。焼酎のメニューも多く、夜は居酒屋も兼ねているようだ。晴れた土曜の午後に客はゼロ。
ラーメンは豚骨スープ・細麺の熊本風「らーめん功」、魚介系スープ・太麺の和風「らーめん秀」(ともに650円)の2種類が基本で、トッピングやサイドメニューも多い。
券売機でらーめん功の食券を買う。
功ラーメン650円(暗くてごめん)
らーめん功は、比較的あっさりした豚骨スープに、にんにくを揚げた黒い油“マー油”がかかっている。一時期流行った炙り焼きチャーシューが1枚。ゆでたキャベツとモヤシがたっぷりのって、ヘルシーさも売りであろうか。「桂花」の太肉麺は生キャベツだったね。
スープはちょっとコクに欠けるような。カウンター備付の「かえし」(醤油ベースのラーメンたれ)、おろしにんにく、豆板醤で調整するといい。細麺は硬めで、私好み。
全体としては突出したポイントがなく可もなく不可もなし、という実感。

らーめん秀も次回訪問時に試してみたいが、私は魚介系スープのラーメンがあまり好きではないので、採点は相当辛くなることは確実であろう(笑)。
スポンサーサイト

ナビスコ杯決勝 < 佐川ダービー

今日はナビスコの決勝もあったが、同じ時刻に行われた駒沢でのJFL佐川東京-佐川大阪戦を見に行った。天気もいいし、大混雑で直射日光ガンガンの国立に行くより、駒沢の方が近くてマッタリ感が楽しめること、佐川東京の年間パスを持っていること(笑)、そして何よりもおとといの天皇杯川崎戦での善戦、とひかれる要素が多かった。

駒沢オリンピック公園陸上競技場。ミニ国立競技場的なデザインや雰囲気といい、芝生席ではない全面ベンチの席といい、Jの試合で使いたいところだろうが、名前の通り東京オリンピックの時に作られたもので老朽化が目立つ。しかもすぐそばに国立病院があって照明がつけられない。
駒沢オリンピック公園陸上競技場の正面 背後に国立病院があって照明が設置できない

5万人入ったという国立に比べると観客数は2百分の1以下の232人。
観客はこんなもん。メインスタンドでっせ♪ 佐川急便大「坂」?

そんな中でも元気だったのは両チームのサポーター。
特に佐川大阪のサポ。はっぴに複数のトランペットで野球の応援団そのもの。応援歌というか応援曲も野球の試合でよく聞くものばかり。
一方で試合中、劣勢になると「ディ・フェンス!ディ・フェンス!」、ボールを奪うと「オ・フェンス!オ・フェンス!」…これってアメフトと違うか?
…要するに阪神とアメフトをミックスした個性的な応援のしかたを追求しているのだろうな。
佐川大阪サポ。ほとんど野球の応援団

佐川東京のサポもトランペットで対抗するも、大阪の勢いにやや押され気味か。
佐川東京サポ。やや押され気味 無人のバックスタンドで今日も誇らしげ
試合も白熱したものとなり、どっちに転んでもおかしくなかったが、決定力の差がスコアに出た形か。佐川東京は天皇杯川崎戦での激しいプレスは鳴りを潜め、やや受けに回った感もあったが、堀の2得点で辛くも逃げ切った。堀は川崎戦での先制点に続き、チーム全得点をマーク。しかもスライディングとヘッド、と得点パターンも多彩。これでJFL前節のアローズ北陸戦も併せ3試合連続得点と絶好調。
佐川大阪も終盤に途中出場の成田のふわりと浮かせたヘッドが決まって追いすがったが、及ばなかった。
プレーも激しい佐川ダービー 2-1で東京の勝利

堀、大久保を中心とした佐川東京の攻撃力はJFLでもトップクラスではないか。あと中盤の底でボールを落ち着かせられる選手が欲しいところ。
ともあれ来年は優勝候補の一角に挙げられることは確実だろう。
プロフィール

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。