FC2ブログ

Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2006/04«2006/05 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2006/06

日本代表決まる FIFAワールドカップ

GK 土肥 川口 楢崎
DF 田中誠 宮本 三都主 中澤 中田浩 坪井 加地 駒野
MF 福西 中田英 中村 小笠原 稲本 小野 遠藤
FW 柳沢 高原 玉田 大黒 巻
 

候補外から選ばれるほどの大きなサプライズはなかったが、
意外と言えるのは久保の落選との選出であろう。

その能力やプレースタイルをジーコから高く評価され、FWの軸として
当確と見られていたが、やはり故障続きでコンディションが戻らなかった
ことが大きかった。
2002年日韓大会でも同じくコンディション不良で落選しており、
悲運のストライカーのまま終わってしまうのであろうか?
2010年W杯の時には久保は33歳…。

巻は久保に代わる長身ポストマンとして日本に足りない高さを担うとともに、
泥臭くゴールを狙うスタイル、最後まであきらめない闘争心、そして
今年に入ってチームでもゴールを量産してアピールし続けた実績を
ジーコに買われて最後の一人に滑り込んだ。

巻と同じく当落線上にいたと思われる佐藤寿は、過去数年間の実績において
プレースタイルが似ている玉田や大黒に及ばないとみられたと思われる。

玉田は代表でもチームでも最近は実績を残していないが、
ジーコのお気に入りとして使われ続けてきたため、順当と言えようか。
長い目で見た実績に加え、3トップなど他の選手と組み合わせやすいこと、
そして貴重なレフティーであることがプラスに働いたのであろう。

GK、DF、MFはまずまず順当か。松井大輔の落選は残念だが。
おそらくは中田英、中村俊輔を中心にゲームを組み立てることになるの
だろうが、やはり最後はFWの出来が勝負を左右する。
FWを5人選んだのも、決定力への不安とシンデレラボーイの出現への
期待とみた。

いろいろ異論はあろうが、このメンバーの能力と、ジーコの采配、
そして日本サッカーの底力を信じたいものだ。
初戦のオーストラリア戦まであと27日。
スポンサーサイト



プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる