Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2007/10«2007/11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2007/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整形外科と老人介護

数週間前から左足の足首というよりもアキレス腱の辺りが痛み、
歩くのに差し障りがある。
湿布をして様子を見たが、痛みが引かないので近所の整形外科へ。
医者は触診の後、隣のレントゲン室へ行かせる。
ガラス張りのテーブルのような台の上に腰掛け、足を伸ばしていろいろな角度から撮影。
写真は5分ほどで出来上がり、医者は写真を指しながら、
アキレス腱と踵の骨をつなぐ辺りが炎症を起こしている、との診断。
湿布で効果がなかった旨を聞いて、痛みと炎症を抑える飲み薬を処方した。
これで様子を見て、だめなら次は注射、とのこと。
いまのところ手術とか大げさなものにはならなさそうだ。

この整形外科は駅に程近い住宅街にあり、患者の大半はお年寄り。
息子らしい中年男性に付き添われた車椅子のおばあさんが
「看護婦さーん、診察まだなのー?順番まだー?」
息子にたしなめられても、それを無視するかのように更に声高に
「まだなのー?まだー?帰ろうよー」
やっと診察が終わると、それから何十秒も経たぬうちに
「お薬まだなのー、お薬まだなのー」
無表情で不満を口にし続けるおばあさん。受付のお姉さんも周囲の患者さんたちも苦笑い。
ここで書くのが良いのかどうか分からぬが、
このおばあさんが「認知症」であることは疑いない。

かつて一般的だった「ボケ老人」「痴呆症」という言葉が老人蔑視だ、とする批判から、
今は認知症という病名が定着しつつある。
「二度わらし(童)」という言葉を提案した人もいた。言葉が美しすぎて使いづらく、
一般には浸透しなかったが、このおばあさんを見ていると、
まさしく子供に返ったような、気の毒な反面、微笑ましい気にもさせられた。

高齢化が急速に進む日本。老人介護の問題は他人事ではない。
私もこれから年老いてゆく親を持つ。そして自分自身もやがてそういう立場になる…。
スポンサーサイト

忘年会のお知らせ

先日予告しました忘年会ですが、12月8日(土)に都内で開催。
詳細はお問い合わせを。

満月の夜だから(by OPD)

今日は満月。夕方、等々力陸上競技場のスタンドでサッカー観戦後に見た月。

等々力陸上競技場から見た、夕方の満月。

慶應ラグビー奮闘

家の近くの駅に張られている慶應ラグビー部のポスター。

近くの駅に張られていた慶應ラグビー部のポスター。

慶應義塾は1899年に日本で初めてラグビーのチームができた大学で、
一世紀に亘り早稲田、明治と並んで日本のラグビーを引っ張ってきた伝統と実力をもつ。
その伝統は様々な形で受け継がれ、慶應ではラグビー部のことを「蹴球部」と呼ぶ。
蹴球というと普通はサッカーを指すものだが、ラグビー(ラグビー・フットボール)の
歴史と伝統が、サッカーを差し置いて蹴球という言葉を冠しさせているのだろうか。
なお慶應のサッカー部は綴りに忠実に「ソッカー部」。

以前、慶應のお膝元である日吉に6年近く住んでいた。
ちょうど慶應が入試難による有力選手の不足で低迷していた時期だった。
それまで、猛練習と不屈の精神を基礎にした「魂のラグビー」などと言われた
慶應ラグビーが好きではなかった。だが近所の練習グラウンドを訪れると、
自分より小さい選手が泥にまみれ足を引きずりながらタックルを繰り返している。
彼らのひたむきな練習を見続けるうちに、やがて慶應ラグビーに愛着が出てきた。

近年の大学ラグビーは早稲田と、部員の不祥事で揺れる関東学院が実力で
ずば抜けており、大学選手権の決勝はここ数年、この2校による対戦が続く。
慶應は明治などとともに実力2番手的な立場に甘んじている。
今日23日に秩父宮で行われた早慶戦いや慶早戦も、早稲田に0-40で完敗。
サッカーと違いラグビーは実力がはっきり点差に表れるスポーツ。
攻めても攻めても早稲田の堅い守りにトライが取れず、
逆に一瞬の隙を突かれ、あっという間に攻め込まれてあっさりトライを許す。
個人のポテンシャルもチームとしての地力も、悲しいほどに差があった。

有力な選手を得るための入試システムや強化方法など
大学としてのスポーツへの取り組み方に帰結するが、
慶應もライバル早稲田を脅かし、頂点に立てるチームになって欲しいものだ。

シンプルで力強い広告

有楽町駅ホームにある日テレドラマ「働きマン」の広告。インパクト大。
菅野は番宣絡みで各種メディアに出まくりだな。
後方は新幹線高架、その背後に先日オープンした丸井、ITOCiA。

有楽町駅ホームの「働きマン」の広告。インパクト大。

あらま、味が変わっちゃった

武蔵小杉駅南武線側駅前広場右にあるラーメン屋「なんちゃっ亭」。
博多の味に近い豚骨スープの九州ラーメンの店として10年以上前から重宝してきた。
交通の要衝の駅前という好立地にも恵まれ、
盛衰の激しい九州系ラーメン店の中で、地道な人気をキープしてきた感がある。

ところが久しぶりに入ってみたら…
豚骨ベースは変わらないが、スープの色が茶色い。…醤油味になっているではないか!
メニューには依然として替玉もあり、カウンター上には紅しょうがもゴマもある。
しかし味は九州から離れてしまった。しかも塩分が濃い。がっくり。

ちなみに近年鉢巻姿の店主がメディアに頻繁に登場する、小田急渋沢に本店を持つ
熊本系「なんつッ亭」とは無関係。

武蔵小杉駅前「なんちゃっ亭」のチャーシューメン。このボリューム!

新橋は仕事関係の再会の地?

よく新橋に足を運ぶのだが、今日昼、駅前を歩いていると、
かつて一緒に仕事した人と思われる男が目の前を横切った。
もう何年も前のことでもあり、向こうはこちらに全く気付かないまま、
奥さんらしき人と共に早足で通り過ぎていった。
非常にトラブルが多く苦労した仕事で、今だから言えるが
性格的にも仕事のパートナーとしても、良い印象のない人だったのだが。

新橋界隈では以前から、別の仕事での取引先の人や、会社の元上司など
仕事関連の人とかなり頻繁に出くわす。
他の場所で出会うことはまずないのに。
しかもすべてプライベートで、相手はことごとく奥さん同伴。
そのうち元上司にいたっては、職場結婚だったはずの以前の奥さんとは
明らかに別の奥さん&子供連れ。バツが悪い(笑)。

オヤジの街・新橋も、汐留が開発され、ゆりかもめの始発駅になって、
カップルが増えた感じ。
児山にとっては、かつての仕事の憂鬱を思い出させられる街でもある…。

今日のカップ酒「妙高山」

地酒王国・新潟。西南部の上越地方にも歴史ある地酒が数多く存在する。
新潟県西南部にそびえる、標高2454mの休火山・妙高山
長い山裾を持つ形状から「越後富士」の異名もある。
そんな新潟県上越地方のシンボル的存在である山の名前を称した
妙高山」。
蔵元の歴史も古く、江戸時代の文化12年(1815)創業。
地元産米、妙高山系の伏流水を使い、あっさり上品な風味。

昔、新潟の民放TVのローカルスポットニュースで、この妙高山が
スポンサーだったことを覚えている。今もCMをやっているのだろうか?
新潟県上越市の「妙高山」。 ふたに空け方がイラスト付きで書かれているのが、上半分の品名の毛筆ロゴと対照的でいい(笑)。

待つわ'07

今、NHKであみんのライブの模様を放送している。
待つわ」のミリオンヒットで知られる女子大生デュオ。24年ぶりの再結成。
シンガーソングライターとして世に出続けていた岡村孝子はともかく、
一般人に戻っていた加藤晴子、さすがに寄る年波は隠せないかな…。
でも声の伸びや響きはプロの岡村より加藤晴子の方がいいような…(笑)。

神様、仏様、稲尾様…

西鉄ライオンズの元エース、“鉄腕”稲尾和久さんが急死。

活躍したのは昭和30年代で、私は伝聞でしか知りません。
今の科学的で合理的なトレーニングや
疲れを考慮しローテーションを守った起用法とは正反対の、
連投に次ぐ連投、肩の酷使。それが当たり前の時代でした。
そうした背景のもと、
1シーズン78試合登板で42勝の日本プロ野球記録、
30勝以上4回、日本シリーズ4連投4連勝、
現役14年で276勝、生涯防御率1.98…。
現在では考えられない猛烈な記録を次々打ち立てたのです。

昔のプロ野球選手の凄さ、頑強さ、タフさを
記録と記憶の両方で今に伝え続けている稲尾さん。お疲れさまでした。

忘年会のお知らせ

12月の土曜か日曜、忘年会計画中。詳細はお問い合わせを。

キムチ鍋

秋も深まり、東京もようやく寒さを増してきました。
今日は朝から寒い雨。
寒くなれば鍋の季節。暖まるうえに栄養のバランスも良く、
カプサイシン効果でダイエット効果も期待できるキムチ鍋。

本当は鶏ガラや魚でだしをとるとよいのですが、
時間がないので市販のキムチ鍋の素を使用。
これに豚の切り落とし(バラ、肩肉など)、ネギ、ニラ、しいたけ、
まいたけ、しめじ、
そして白菜キムチをたっぷり。
追いがつおならぬオイキムチ、いや追いキムチ
火が通ったら最後に豆腐を入れて少し煮て完成。

寒さも増してきた此の頃。ピリッと温まるキムチ鍋。

ただでさえ汗っかきなのに、床に汗が滴り落ちて水溜りみたいに(マジ)。
まるでカール・ゴッチ道場の特訓みたいな状態。
キムチ鍋は新陳代謝促進にもいいですね(笑)。

最後は手元にあった「おきりこみ」(群馬の幅広いうどん)の生麺を入れ、
キムチ煮込みうどんにしてシメ。
生麺の小麦粉でとろみがつき、鍋底が焦げてしまいました(苦笑)。

報道合戦の末…涼子おめでた

篠原涼子が妊娠4ヶ月。 →スポニチ11/8 

ひときわ太い「妊娠」の見出しが躍ったのは7日付のスポーツニッポン。2年前に2人の結婚もスクープしただけに、意地でもスッパ抜きたかったようだ。
スポーツ紙の見出しで振り返ると、篠原の体形がふっくらしだした春ごろから憶測が飛び交い、3月2日付のデイリースポーツでは「篠原“意味深”妊婦? まだ分かりません」と報じた。
続いて、6月1日「篠原涼子、妊娠説を否定」(6月1日、日刊スポーツ)▽「篠原涼子、妊娠の噂には『ムフフフ…』」(8月31日、デイリー)▽「妊娠? 篠原涼子の気になるお腹、自ら発言『最近太ってきている』」(9月4日、スポーツ報知)など、1人の女優のお腹にこれほど注目が集まったのも珍しい。

夕刊フジ

ホントにすごいというか、しつこい妊娠報道合戦だったが、この手のスクープをつかむことに長けているスポニチが“本物”を引き当ててピリオドを打った形か。

ここ2、3年でトップ女優に上りつめ、同性が憧れるanegoキャラの女性としての地位を築いた涼子。市村正親との「年の差婚」でも人気は全く衰えなかった。おそらくはママになっても、その経験と新たなイメージに、引く手あまたの状況は変わらないことだろう。

サッポロ一番のおにぎり

コンビニと有名製品とのコラボ企画もいろいろあるが、
ファミリーマートで見かけた、
インスタントラーメンのスタンダード・サッポロ一番のおにぎり。
ラーメン同様、しょうゆ、塩、みそが揃っている。
確かにあの慣れ親しんだサッポロ一番の味。
余ったスープにごはんを入れておじや風にしたら、
たぶんこんな味になるのかな。

サッポロ一番のおにぎり。いろいろ考えるなぁ。しょうゆ、塩、みそと揃っている。 中身はこれ。みそラーメンのチャーシューが秀逸。

晴天に恵まれた週末

先週の週末は台風20号の影響で荒れましたが、
文化の日を含む今週末は2日間とも爽やかな秋晴れ。
外出には今が一番いい季節かもしれませんね。

ここのところ週末はほとんどサッカー観戦三昧なのですが、
今週も例外ではなく、3日は国立競技場、4日は横浜の三ッ沢公園球技場。
室内のデスクワーク中心の平日を送っている反動か、
外に出て空を眺めることがとても新鮮に感じます。

11/3、サッカー・ナビスコカップ決勝戦の国立競技場。青空と川崎フロンターレ側スタンドのサポーターが掲げる青いボードが溶け合う。 11/4も爽やかな晴天。横浜・三ッ沢公園にて。左下の聖火ランナーの像は横浜ゆかりの政治家でアマチュアスポーツ振興に尽力した故・平沼亮三。

…なんだか、米光美保の日記っぽくなってきた…。

西村の電撃移籍に思う

無我ワールドの西村修が10月19日、全日本プロレスに電撃移籍した。
→スポーツナビ  デイリー

結局“カネ”ってことでしょ?

先週、電撃移籍発覚直後の週刊プロレスの独占インタビュー記事でも
何をするにもお金がかかる
「(無我の現状を批判して、インディーを引き合いに)アルバイトをしながらリングに上がるとか、そんな惨めな生活を送るために苦しい思いをしてレスラーになったわけじゃない。名前を売りたい、有名になりたい、試合もうまくなりたい、お金も稼ぎたい、いい車に乗りたい。1ヶ月に1試合じゃそれができない
先日亡くなったカール・ゴッチ最後の弟子を自任し、ストロングスタイルを承継していると思われてきた西村だが、移籍の前にはスタイルが対極に位置すると思われたハッスルにも参戦。週プロのインタビューではハッスルのエンターテインメント性や“お金のかけ方”を高く評価する発言をした。

プロレスだけで食べていけるのは一部だけ。プロボクサーだって昼間働きながらジムに通う人がほとんど。インディー団体が増える中、プロレスラーの地位向上を訴えて改善に動くのは大いに賛成だ。
しかし西村の高い理想主義、メジャーレスラーとしての高いプライドが、自分で興した無我(と、藤波以下関係者)に後ろ足で砂をかける結果になってしまった、ということになる。
ドーム大会など新日バブルを経験している西村にとって、無我のこじんまりとした地道な活動や少ない収入は、苦痛以外の何物でもなかったのであろう。とにかく営業とか副業といった余計なことに神経や時間を使うことなく、レスラーに専念してたっぷり稼ぎたい、というのが本音ではないか。
西村は馬場や猪木や三沢にはなれなかった。

試合数の多さと安定した収入を保証してくれるメジャー団体は、かつて西村が在籍した新日を除けばノアと全日しかない。ノアは選手層が厚く自らの活躍範囲が狭められるうえ、経営意識の高かった馬場さんの流れを汲み契約上のトラブルを嫌う体質。結局全日入りは必然だった。
西村を誘ったとされる新日時代の先輩・全日武藤社長としても、西村の加入はもちろん願ったりである。
現在の全日マットは武藤率いる正規軍とブードゥーマーダーズ(VM)との軍団闘争が中心。だが期待の小島や諏訪間はヒールとなってVM入り。大会場のメインはフリーの健介、川田、鈴木みのるなどに奪われている。影の薄い正規軍のエース格として、自分の補佐として、全日全体の層を厚くしてくれる実力者として、旧知の西村はうってつけの存在であることは明らか。

これは私の人生ですから」と開き直ったように話した西村。ガンを克服した身として、その精神力の強さや意志の固さは敬服に値する。
だが人として、人気が命のレスラーとして、多くの関係者やファンに支えられて今の地位や名声を得ることができたことを、今一度考えて欲しかった。

今回の離脱・移籍は、全日を除く業界のほとんどを敵に回す行為であったと私は思っている。
予想だけど、何年も経たぬうちにまた全日からも飛び出すのではないか。彼はこれから、自分の高き理想を求めて渡り鳥的なプロレス人生を歩むはず。理想の地に巡りあえるかどうかは定かでない…。

ビルの窓拭き

ビルの窓拭きのバイトは技術を要し危険を伴うため賃金がいいらしいが。
高いなー。怖いなー。マネできないなー。

ビルの窓拭き。高いなー。怖そーだなー。
内幸町にて。
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。