Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2008/01«2008/02 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 »2008/03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大宮東口「らーめん伊都屋」

大宮駅東口の中仙道沿いにある「らーめん伊都屋」。
以前は大宮駅西口の国道沿いにあったが、より人通りが多い駅東口近くに昨年12月に移転してきた。
とんこつラーメン630円、とんこつ醤油らーめん700円。
「元祖天神」を自称するだけに、とんこつらーめんは典型的な博多ラーメン。
濃厚な豚骨スープに細麺。味はまあ普通。欲を言えばスープにコクが欲しい。
大きなチャーシュー2枚、半熟玉子、博多ネギ、きくらげ、海苔。
ごはんが付くランチサービスがお得。立地がいいこともあって昼時は行列ができていた。

大宮の「らーめん伊都屋」の豚骨らーめん。うーん…。

この店から数件先にある、旧長崎屋の建物を使った雑居ビル「大宮REX」。
その4階に、ラーメン屋が4件集まった「大宮らーめん村」がある。入っているのは
青葉」「風来居」「旭川らーめん こもり」「焦がしねぎらーめん葱坊主」。
葱坊主以外は、以前からラーメンフリークにお馴染みの有名店の支店。
オープン当初は7軒入っていて、他の有名店をパクって商標で物議を醸した曰く付きの某店も
出店していた(破産により撤退)。

ラーメン不毛地帯と言われて久しい埼玉だが、商業の中心である大宮近辺には
それなりの店が集まって奮闘している。

スポンサーサイト

変な結果 ~プロ野球・パウエル問題~

しかしまあ、あの根来コミッショナー代行というのも使えない爺さんやのう。
近鉄・オリックス合併問題の時も「分からん」連発だったし。

両球団の選手登録申請を一旦どちらも却下したうえで、
改めて契約合意した球団の申請のみ認めるという裁定。
事実上、ソフトバンクとの契約に軍配を上げた形。大岡裁きとか三方一両損にはほど遠い。

おそらくは、日米プロ野球における契約や慣習の差を埋める決まりが整備されていない現状では、
例え経緯がフェアでなくても、パウエルの意向(及び、ソフトバンク側と相思相愛という現実)を
無視することはできない、という判断なのだろう。
同じく一部で要望が出ていたパウエルの不適格選手扱いも、
現状での適用には無理があるということか。
安易に追放処分にしてパウエルや代理人に訴訟を起こされる泥仕合を避けた結果であろう。

結果、両球団を天秤にかけたパウエルのゴネ得が認められた形に。
しかもパ会長が提示していたペナルティもなくなり、開幕から出場OK。
納得しないながらもこの裁定いや「最低」を受け入れたオリックスの潔さは立派。

今回の一連の対応は、巨人を戦力外になった外国人とその代理人に、日本球界のトップまでが
翻弄され、結果最も有利な条件を引き出されるという情けなさばかりが目についた。
プロ野球の人気や信頼に水を差したことは間違いない。

もう勝手にやってろよ。

ヘビ屋…それなりに需要があるんだな

横浜・イセザキモールで見かけた、へびの店・黒田救命堂。看板には「へびや」と大書。
ショーケースにはコブラなど数種のヘビの剥製。
ヘビの粉末をはじめとした健康食品の店である。

横浜・イセザキモールの「へびや」。滋養強壮にいいらしい。

戦前までは、このようなヘビ屋は非常に多かったという。
戦後は医薬品の多様化に伴い軒数は激減したが、今も都内や宇都宮に存在する。
それなりに需要があるのだろう。

大荒れの日は伊予柑風呂

実家の知人から伊予柑をもらった。
中身を食べた後の皮がいい香りなので、これを風呂に入れることに。
穏やかな香りに加え、皮の裏で体をこすると肌がなめらかに。

外は春一番で大荒れだったが、伊予柑風呂でいい気分。

外は春一番、家では伊予柑風呂。

騒動は去っても、あやかり商品は健在 ~たまちゃんパン~

2002年、多摩川の丸子橋付近に出現した、一頭のアゴヒゲアザラシ。
ニュースで報じられて以後、連日人が押し寄せ、アザラシは川の名にちなんで
タマちゃん」と呼ばれるようになった。
その後タマちゃんは鶴見川、帷子川、荒川などに出現、2004年頃を最後に姿を消した。

かつての騒動から3年あまり。あやかって作った「たまちゃんパン」は健在。

最初に姿を見せた地点に程近い、東急東横線多摩川駅構内にある手作りパン「神戸屋
では、タマちゃん人気にあやかってタマちゃんパンを発売し始めた。
タマちゃんが姿を消して3年あまり経った今も「タマちゃんパン」は健在。
もっちりした生地に、あんこがぎっしり。小型のあんパンというか饅頭に近い。

中には、あんこがぎっしり。

真昼の月

小さい頃から、月は夜見えるものという観念があり、
昼間に月が見えると不思議な気分になる。

季節外れの真っ昼間から月見酒、というのもいいな(笑)。

真昼の月

春は近い

梅の花も咲き始めている。
まだ寒いが、春は確実に近づいている(はず)。
高橋由美子の歌にもなった大宮公園にて。

梅の花も咲き始めた。大宮公園にて。

冬の陽に(by GAUCH!)

寒い日が続く。でも日なたは暖かい。
関東で週末に晴天になったのは久しぶりの気がする。
昨年11月に大改装したばかりの大宮のNACK5スタジアムへ。
冬の陽は影が長い。

2008年Jリーグ開幕まであと3週間。
今は誰もいないスタンドがオレンジをまとった観衆で埋まる。

冬の晴天。照明塔の長い影が芝生に伸びる。NACK5スタジアム大宮。

さらば格闘技の殿堂 大田区体育館改築へ

東京都大田区の京急蒲田駅に近い大田区体育館。
東京オリンピックを記念して1965(昭和40)年にオープン。
1972(昭和47)年に行われた新日本プロレス旗揚げの猪木-カール・ゴッチ戦をはじめ
プロレスの興行にはなくてはならない会場だった。
まだドームもなくプロレス興行を行える体育館も少なかった時代、
東京近辺では日本武道館や国技館に次ぐ規模の会場として、
タイトルマッチや記念試合など大規模な興行がしばしば打たれた。
老朽化のため3月末で閉館し、2011(平成23)年までかけて改築が行われる。
三角屋根の山小屋風の外観もあと1ヶ月あまりで見納め。

3月いっぱいで取り壊しが決まっている大田区体育館。

厚遇のアダルト歌謡路線、さていかに ~ミキティ~

ミキティが歌謡曲でソロ再出発

元モーニング娘。の藤本美貴(22)が5年ぶりにソロ歌手として再始動することが13日、発表された。新曲は4月23日発売のアダルト歌謡曲「置き手紙」。「吾亦紅(われもこう)」をヒットさせた歌手、すぎもとまさと(58)が作曲した。昨年5月にお笑いコンビ、品川庄司の庄司智春(32)との熱愛が発覚し、モー娘。を脱退。音楽活動を自粛していたミキティが、アイドルを脱し、アダルト歌謡路線で再起を賭ける。
2月14日 サンスポ 日刊 デイリー 毎日

昨年半ばから事実上芸能活動停止状態だったミキティ。
元モー娘勢のスキャンダルが相次いだ中で、むしろ忘れ去られた存在になりつつあった。このまま自然引退か、結婚か、それとも…と思っていたら、アイドルからアダルト歌謡への路線変更という、今の熱愛を否定しない形での再出発を選んだ。しかも話題のすぎもとまさと作品、同じ事務所の堀内孝夫の“競作”という形のアシスト、という事務所挙げての好待遇。

恵まれた再出発の場だけに、コケた時の反動も大きい。何とかしてモーヲタ以外に購買層を広げないと…。
モー娘に堀内孝夫といえば中澤姉さん(笑)。あれも成功したとは言えないだけに、今回のミキティも事務所が総力を挙げて売り込まない限り、前途は厳しいことが容易に想像できる。
いやむしろ売れたらすごい、マジで。

「てっちりそう思ってた」「好きや!てっさ好きや!」

うちの近所に、関西発の激安ふぐ料理のチェーン店「玄品ふぐ」がある。ターミナルから外れた小駅のせいか、普段あまり客がいるのを見たことがないのだが。
さっき店の前を通ったら、中澤裕子の看板が。「てっさ29円」。
2月9日は語呂に因んで“ふぐの日”。そこで、通常980円てっさ(ふぐ刺し)を明日14日までの期間限定で29円でご提供という“ふぐの日フェア”開催中。

それはともかく、イメージキャラに中澤起用とは意外だった。未だ方向性が不確定な中澤姉さんにとって、この仕事はプラスなのかどうか。まぁ悪くはないか。
最近あまりTVを見ないせいか知らなかったが、関東地区ではこんな関西的ベタベタなCMも流れている(PCのみだが動画あり)。

てっさ29円の宣伝看板。中澤ねえさん。

救世軍

恵比寿の駅近くを歩いていると、突然金管楽器のファンファーレのような演奏が始まった。
年末の「社会鍋」で知られる救世軍の募金の呼びかけ。
年末を過ぎたので鍋ではなく普通の募金箱。
休日昼間の恵比寿は意外に人通りが少なく、ちょっと気の毒。

恵比寿で見かけた救世軍の募金風景。 引いて撮るとこんな風景。

試練の筋肉ミュージカル…賃金カット、分裂…

マッスルミュージカル分裂で新劇団設立

元体操選手らアスリートのパフォーマンスで人気の「マッスルミュージカル」の演出を手掛けてきた中村龍史氏と主要メンバーの一部が新たにスポーツエンターテインメント劇団「中村JAPAN ドラマティックカンパニー」を設立することが8日、分かった。
 「マッスル-」は、01年にTBS系番組「筋肉番付」の企画で1回だけ上演されて人気を呼び、02年に定期公演化。03年に全国公演、06、07年に米ラスベガス公演を行い、昨年は渋谷に専用劇場「マッスルシアター」もオープンした。しかし、生みの親のプロデューサー樋口潮氏と中村氏の間で、公演の方向性をめぐる意見の食い違いが起こり、中村氏は昨夏の公演で身を引いた。
一方、昨年5月には制作側が米国公演参加を希望しない出演者のギャラを一方的に引き下げ、反発した一部が労組を結成し都労働委員会に救済を申し立てるなど、出演者に待遇面などの不満もあった。昨年末には主要メンバーのTERU、知幸、三宅綾子、羽賀佳代、三井太一らが脱退した。
新劇団は中村氏と脱退メンバーを中心に結成。3月20、21日に東京・銀座のル・テアトル銀座でプレビュー公演「マッスルピック~筋肉の祭典」を開催。4月都内23区ツアー、初夏の全国ツアー後、7月にル・テアトル銀座で本公演を行う。

2月9日 日刊 オリコン(記者会見)

恐らくはこれまで例のなかった、世界に誇れる日本発エンターテインメント、筋肉ミュージカル。昨年渋谷に新シアターも完成し、国内と米国公演の2チーム並行で公演を続けていた。
だが国内公演は看板タレント不在でチケットの売れ行きが芳しくないのか、都内の駅前で公演のチラシ配りをしている光景に遭遇したこともあった。
加えて、舞台裏における一連のゴタゴタ…上記記事の通り、一部出演者のギャラが引き下げられ(最大5割)、結局制作側が陳謝した上で賃下げ分を支払うことで和解。更に、制作の要で象徴的存在でもあった中村龍史氏の脱退と新劇団旗揚げ…。

注目が高まり規模や公演数が増えるにつれ、舞台裏で様々な人物による様々な思惑が交錯するのは世の常。だが、肉体を駆使した高レベルのパフォーマンスを純粋に楽しみたい観客にとっては見聞きしたくない“汚点”であることは明らかだ。
南北朝の如く並び立った2つの“筋肉ミュージカル”。決して好ましい形とは思えない。中村氏のエッセンスが凝縮された「マッスルピック~」も見てみたい思いがあり、ぜひ成功してほしい気持ちは大いにあるのだが。
…ますます観客にそっぽを向かれ、共倒れになりそうな気がしないでもないんだよな…。

またまた雪

また昨夜は関東で雪。最近週末はこんなんばっかりだな。
一夜明けた今朝、埼玉の実家近辺の景色。雪国そのものだな。

埼玉の実家近くの雪景色

元美少女は懲りない強気ママに

一色紗英さん、運転中に携帯=切符の署名拒否

女優一色紗英さん(30)が車を運転中、携帯電話で通話したとして、警視庁に交通違反の取り締まりを受けたことが8日、分かった。一色さんは「電話は相手からかかってきたので、自分は悪くない」として、交通違反の事実を否認。反則切符に署名しなかったという。
調べによると、一色さんは5日午後2時50分ごろ、東京都渋谷区猿楽町の旧山手通りで、携帯電話で通話をしながら自家用車を運転。同庁第3方面交通機動隊の白バイ隊員が見つけた。
所属事務所によると、過去にもスピード違反や駐車違反を数回繰り返し、免許停止処分を受けている。一色さんは「これを機に二度とお騒がせすることがないように気を付ける」と反省しているという。

2月8日 時事通信 産経 デイリー 日刊 報知

かつて「三井のリハウス」「NTT」のCMやウンナンのバラエティなどで人気を博した美少女タレントも、今は3児のママ。
一方で、交通違反の繰り返し、免停、ワガママな強弁で署名拒否。過去3年間に10件以上の違反で2回の免停を受けたという報道もあり、これらを見る限り、自己主張の強いじゃじゃ馬な女性でもあるのだろうな。
日刊の報道では「助手席に乗っていた子供が掛かってきた電話に出てしまい、あわてて取り上げた瞬間を目撃され、取り締まりを受けた」と説明されているが、過去の違反の蓄積があるだけに、狼少年のような言い逃れにとられてもしょうがないのでは。

今回の“反省”のコメントは事務所による形式的で対外的なフォローにすぎず、本人自らが本当に反省しているように見えないのが滑稽ですらある。恐らく事務所も彼女のプライベートまで踏み込めず、困り果てていることだろう。

とりあえず運転中くらい、携帯の電源はOFFにすべし。

またも雪 サッカーW杯予選始まる

朝、会社近くの駅を出たら、細かいあられが降っている。
あられは間もなく雪に変わり、やがてみぞれに。

こんな日にサッカーFIFAワールドカップ南アフリカ大会の予選が始まった。
雪の埼玉スタジアム2002で日本-タイ戦。
冬はただでさえ寒い内陸の埼玉。TVを見ていても吹き付ける雪。気温1℃だと。
選手もサポも大変だ。特にタイの選手たちは雪を初めて見た人も多いはず。
数日前の雪で屋外練習がまともにできず、雪+寒さという悪コンディションでの初戦。
気の毒としか言いようがない。とりあえず日本が4-1で快勝。

寒さ+雪というコンディションの中で始まったサッカーFIFAW杯アジア予選。先制点も冴えない表情の遠藤(G大阪)。

雪の翌朝、やっぱり出た

駅を出て会社への道。
私の前を早足で歩いていた女の子が、横断歩道を渡り終えたところで
ブーツの足を滑らせて見事な尻餅。
すぐ立ち上がって何事もなかったかのように再び早足で歩いていった。
車が通らない道路の端は雪が溶けずに凍結し、最も滑りやすい場所。
やっぱりこういう人が出てくるんだな。

関東で雪が降ると

朝起きると外が静かだ。人通りの少なさもあるが、雪が音を吸収する独特の静寂。
これは積もっているなと思ってカーテンを開けると、案の定の銀世界。

雪国の人から見れば笑い話だが、関東で雪が降ると大ニュースになる。
子供たちは喜び、不慣れな一般人は転んで怪我し、電車のダイヤは簡単に乱れる。
休日に天候が悪いというのは、外出したい人、洗濯ものや布団を干したい人など
晴天を享受したい人々からすれば不満だが、
関東人もたまには雪の不便さを味わうがいい、という神様ならではの配慮なのだろうな。

昨夜から関東でも積雪。

「大ボケ」で済むことではないが ~運転免許を10年以上更新せず~

「えっ?免許証って期限あるの」女性教諭が約11年間無免許運転

山口県教委は1日、同県防府市立華浦小学校勤務の女性教諭(45)が10年以上にわたる無免許運転容疑で書類送検されたとして停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。教諭は免許更新した経験があるにもかかわらず、校長に「教員免許と同様、一度取得したら失効しないと思っていた。ご迷惑をかけて恥ずかしく、心苦しい」と釈明、辞表を提出し同日受理された。
県教委などによると、女性教諭は97年2月に運転免許証の有効期限が切れていたにもかかわらず、更新手続きを怠り、無免許運転を続けていた。
昨年12月2日、シートベルトを装着せずに運転。警察官に免許証の提示を求められ発覚した。98年に期限切れに気付いたが、放置していたという。

2月2日 毎日 産経

過去に免許更新の経験があったのならば、一度取得したら一生有効と思っていたとかいう弁明は怪しい部分もあるけどな。更新しそびれて、面倒くささと教師という(間違いが許されない)立場からそのまま放置プレイにしていたのでは、とも思う。
とはいえ、一度取れば一生有効な資格も多い今、こういうボケをしている者が日本にもそれなりにいるのではないか。

小学生の頃、郵便料金が全国一律なのだから電話料金も3分10円(当時の市内通話料金)で全国どこでも通話できると思い込んでいた。
新潟の田舎から公衆電話に10円だけ入れて埼玉の自宅へかけたら、何度かけても話し始めた途端に切れてしまう。子供なりに電話料金の制度に理不尽さを感じた思い出がある。
今考えれば、遠いほど高いというのは鉄道でも何でも常識に決まっているのだが。

コンビニが主役・恵方巻

恵方巻(えほうまき)。
節分の夜に、その年の恵方)に向かって、目を閉じて願い事をしながら無言で太巻一本を
丸かぶり(丸かじり)する風習で、もともと大阪が発祥らしい。

関東人の立場としては、節分と言えば豆まきしか思い浮かばず、
恵方巻という風習の存在さえ数年前まで全く知らなかった(本当)。

近年になって、売り上げアップが見込める商品としてコンビニ業界が目をつけ、
各店が競うように恵方巻を売り出し、大々的に宣伝し始めたことで
東日本でも認知度が上がった(らしい)。

チョコレート業界の販促で広まったバレンタインデーの習慣もそうだが、
やはりブームには仕掛け人というか仕掛け業界がいるんだよな。
コンビニ業界必死のPRで恵方巻がブームになるのかどうか。
いずれにせよ児山はきゅうり嫌いなので無縁(笑)。

恵方
その年の年神である歳徳神(としとくじん)のいる方角のことで、その年の最も良いとされる方角。
2008年の恵方は南南東
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。