Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2008/06«2008/07 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2008/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あついぞ!熊谷

首都圏の暑さもここ1、2日はやや落ち着いてはいるものの、それでも日中は30度くらいまで上がる。

1日休みが取れたので、昨年日本最高気温を記録した熊谷へ行ってみた。
駅前に降り立つと、さすがに日差しが射す、いや刺すようだ。

駅前ではミストで気温を下げる仕掛け。打ち水による気化熱の原理だね。
通りかかったソフトクリーム屋で、北海道の赤井川村の山中牧場直送という
バニラソフトクリーム(250円)を買って食べる。しつこくなく、暑い日にはもってこい。
近年売り出し中のかき氷「雪くま」を食べるの忘れた。

日本一暑い街・熊谷。駅前ではミストで温度を下げる。下はラグビーの像。 暑い日はソフトクリームがいい。熊谷駅近くの「サラ」のバニラソフト。北海道の赤井川村の山中牧場直送。

今月オープンしたばかりの「つけめん熊谷学校」。
小学校をイメージした店内。壁には黒板にチョークでメニューが書かれている。
椅子やテーブルいや机は小学校そのもの。BGMは童謡。
つけ麺は最も安いものでも800円と強気の値段設定。
おすすめの特製つけ麺(こんぶ)大盛は、炙りチャーシューに角煮、味玉、
つけ麺には異色のとろろ昆布、と盛りだくさんで1250円。
味は…学校だけに、勉強が足りぬ(笑)。量は充分。
あとはトッピングの種類を増やすか、値段を下げるか、いずれかを努力すべき。

駅前にオープンしたばかりの「つけめん熊谷学校」。やや強気な値段設定。
スポンサーサイト

マスコミは関心示さず…ラーメン王・武内伸さん急死

“ラーメン王”急死…武内伸さん48歳、肝硬変で

日本ラーメン協会副理事長で、“ラーメン王”として知られた武内伸(たけうち・しん)さんが13日午前11時33分、肝硬変のため、入院先の神奈川県相模原市内の病院で死去した。48歳だった。「ラーメンは鶏ガラ、豚ガラ、(店主の)人柄の3ガラ」。こんな名文句を残した武内さんは、その生涯を全てラーメンに捧げていた。
夕刊フジ

「TVチャンピオン『第2回ラーメン王選手権』」優勝、新横浜ラーメン博物館広報、日本ラーメン協会副理事長、とラーメンに人生を捧げた武内氏。
現在のラーメンブームのパイオニア的な存在である氏の訃報を報じたマスコミは非常に少なかった。
恥ずかしながら私も半月経った今日、週刊誌で知った立場。
ブームになると御神輿のように担ぎ出し、消え去るときは見向きもしない、マスコミや世間の冷たさを恥じるばかりである。

死因の肝硬変がラーメンの食べ過ぎだとしたら笑うに笑えないが…。
ご冥福をお祈りする。

豪雨の国・ニッポン

昨日、各地で豪雨。
神戸では川があっという間に増水、氾濫し、
水遊びをしていた子供やお母さんが濁流に飲み込まれて犠牲者も出た。
金沢では友禅流しで知られる穏やかな清流・浅野川が激しい濁流に。
関東でも雷雨でサッカーの試合が中断したり。

そして今日も夜に都心で雷雨。電車が止まって私も足留めを食らった。

護岸や川底をコンクリートで固めた都市の河川は水が地中に染み込まない。
大量の雨水が流れ込んだ川の水は、もの凄い勢いで下流に押し寄せ、
時には洪水を引き起こす。河川管理の難しさを見せ付けられた。

水の国・日本。水と共に生きてきた日本にとって豪雨や洪水の危険は常に身近にある。
水のありがたみと共に怖さも再実感すべきだろう。

土用の丑の日には遅れたが

土用丑の日(24日)からは遅れたが、恒例のうなぎ。
今年は普通のうな丼だが、ごはんの下にも蒲焼が入っている、大阪のまむし風。
うなぎ自体は関東風の焼き方で蒸して柔らかい食感。なのであくまで、まむし”風”。
これがごはんの下で蒸らされ、更に柔らかく、年寄りでも食べやすいほどに(笑)。

土用丑の日には遅れたが、うな丼。

写真左上は、肝すいではなく赤だし。

じゃあ「コンピュータ」は?

「プリンタ」ではなく「プリンター」~マイクロソフト、カタカナ用語の長音表記ルールを変更

マイクロソフトは25日、外来語カタカナ用語末尾の長音表記について、ルールを移行することを公表した。
具体的には「ブラウザ」「プリンタ」といった、英語由来のカタカナ用語において省略されていた長音を表記し、「ブラウザー」「プリンター」といった表記になる。

→7月25日 RBB TODAY

私も一応、コンピュータ業界に身を置く者であり、入社したての頃、「カスタマ」「ドライバ」「バッファ」など語尾の長音を省略する表記に違和感を感じたものだ。今もそれなりに感じている(笑)。
この表記は工業規格のJASの「3音以上の場合には語尾に長音符号を付けず、2音以下の場合には語尾に長音符号を付ける」という原則に則っているもので、決して自然発生的に慣習化したものではないようだ。
日本の外来語表記とは明らかに一線を画して長音省略が用い続けられてきたのは、上記のJAS規格もさることながら、コンピュータ業界の特殊性・専門性の象徴的意味もあったからではないかと考えている。どの世界にも独特の用語や符丁があるように。

しかしWindowsなどを擁しこの業界のボス的存在であるマイクロソフトが方針を変更したことにより、今後国内のコンピュータ業界全体で用語表記が改められていくのは確実であろう。コンピュータがこれだけ大衆化した中、業界的なこだわりを捨て一般社会へ近づこうとするマイクロソフトの英断は歓迎すべきである。

気になったのは最も一般的な言葉である「コンピュータ」の扱いが明らかではないこと。「コンピューター」にはしないのかな?
でも今回の決定に関するマイクロソフト社のニュースリリースの文中では「コンピューター」という表記を使っているので、例外とせず変えるのだろうな。

余談だが、コンピュータ関係の会社では「リーダ」「ユーザ」「アドバイザ」など人の肩書きの外来語までも長音省略をしている例が少なくない。たぶん拡大解釈が定着したのだろう。これらもやがては改められていくに違いない。

深夜、また東北で強い地震

そろそろ寝ようと思ったら、また揺れた。
TVをつけたら、またも東北太平洋側。最大で震度6強。
今度は古くから地震危険地帯とされてきた岩手から青森にかけての三陸沿岸。
深夜というのがかえって怖い。
阪神淡路大震災は未明に発生し、眠っていて逃げ遅れた人が多かったばかりか、
夜が明けるまで全容が分からなかった。
こうも地震が多いと、日本から脱出したくなりそうで憂鬱だ。

あなたがいるからここにいる ~小田茜結婚~

小田茜が結婚 お相手は37歳会社員
オリコン サンスポ 

「第4回全日本国民的美少女コンテスト」グランプリに輝いたのが、まだ小学6年生の時。
栃木県の小6とは思えない、大人びた外見とハーフぽい顔立ち。
当時の人気若手女優・沢口靖子に似た雰囲気も漂わせ、大物の風格充分だった。
それから18年。将来を嘱望された美少女はマイペースの女優活動を続ける一方、
芸能活動休止や霊感占い師との交際が報じられるなどの波乱も経て今年30歳に。
そして出逢ったのが、業界人ではない8歳上の会社員だった。

彼女が初代イメージガールを務めた、地元栃木のテーマパーク・東武ワールドスクウェア
CM撮影当時はまだテーマパーク自体が建設中で、先行完成していたわずかなセットを前に
撮影していたとか。
完成後に行った時、売店で見かけた彼女自身が歌うイメージソングのCDを2枚も買ってしまったり。

…児山の好きだった子が次々結婚していくなぁ。…何やってんだろ、俺(苦笑)。

夏だ、仕事だ(泣)

今日午前、東海、北陸、関東、東北で梅雨明けが発表され、全国で真夏モードに。
実際には数日前から猛暑続きではあったが、関東では昨日も夕立があったしね。

クーラーなしで過ごしてみようと窓を全開にしてみたが、
動いてもいないのにあっという間に汗だく。窓から入る風が止まった時点であっさり断念。

梅雨明けが発表されたさいたま市の空。熱で空気が淀んでいる。

梅雨明けのニュースを見ていたら地震。また東北。
日本直下の地殻変動が活発になってきているのだろうか。

昨日も帰る前、上司に呼ばれて20、21日の休日出勤を要請された。
兵隊にとって基本的にNOはない。3連休が1連休になった(泣)。
こういう事態に備えて、最近は休日に予定を入れておかない習慣がついている、
そんな自分が悲しい(泣2)。

真夏の水分補給

それにしても、このくらくらしそうな(熱中症か!)蒸し暑さといったら何だ。

普段から水分を多く取る児山だが、
この暑さとなったらその量はハンパない(←最近良く使われるこの表現、本当は嫌いなのだが)

では最近の典型的な水分補給パターン↓。
朝に1ℓ紙パックのウーロン茶を半分以上空ける。
出勤途中、コンビニで500mlのお茶+ミネラルウォーター+
小さいオレンジジュースか野菜ジュースか黒酢ドリンクか豆乳を購入。
500mlのうち1本は到着後すぐ飲み始め、それ以外は社内の冷蔵庫へ。
だがそれらも午前中には冷蔵庫から出され、消化される。
昼食時、弁当の場合は500ml1本追加。
午後は1~2時間おきに館内の自動販売機へ。平均3本くらいか。
帰宅後は風呂あがりに2ℓのペットボトルの中身がまたたく間に消える。
料理などの水分を除いても、たぶん1日6ℓ以上は飲んでいることになろうか。
高山善廣にも負けないな(笑)。

ただ、自分なりのルール(=好きではない種類)がある。
1.炭酸飲料は飲まない。飲みにくいし、お腹一杯になる。
2.コーヒーは飲まない。もともと好きではなく、しかも喉の渇きを潤すのに寄与しない。
3.砂糖などで不自然に甘い味が付いたものは飲まない。
  例えば「午後の紅茶」、果汁100%ではないジュース類など。
4.牛乳は嫌いではないが飲むと下痢するので「アカディ」を飲む。
いずれも絶対飲まないわけではないが、おそらく飲む機会は年間数回あるかどうか、程度。

胃腸の保護や、体の代謝の効率化には、夏でも温かい飲み物の方がいいらしいが、
冷たさだけは譲れない(笑)。

ロコモーション・ドリーム

田村英里子が凱旋会見 米人気ドラマ「HEROES シーズン2」に出演
産経 オリコン VarietyJapan

田村英里子。1989年、アイドルとしてデビュー。
幼少時に西ドイツで育った帰国子女だが、デビューにあたり、
早見優や西田ひかるのようにそのイメージや語学力を売り物にはしなかった。
「ロコモーション・ドリーム」「好きよ」「真剣(ほんき)」などアイドルファンの評価が高い名曲多し。
地方のホテルで従業員に部屋に侵入される不運な被害に2度も遭ったりしたが、
その後ハリウッド女優を夢見て渡米し、米国を拠点に活動を続けていたことを
知る人は少ないだろう。

一時、教育テレビ「英語でしゃべらナイト」に出ていたが、
世間的な認知がどれだけ広まったのか、やや疑問。
そしてせっかく帰国会見を行ったにしても、地上波で見られないんじゃ…。
日本からのオファーがないというのも、分からんではない。

やっぱり要は宣伝の仕方なのだろうな。三谷幸喜の映画じゃないけど(笑)。

まだ梅雨明けじゃないよ

ここ数日、35℃とか37℃とか、多治見とか天竜とか佐久間とか熊谷とか練馬とか
猛暑でお馴染みの単語がニュースに総出演する日々。
日陰に入っても逃げられない、湿気を伴ったむせ返るような暑さ。
エコとか28℃設定とかいう掛け声が無謀にさえ思える。
こういう気候でもクーラーを使わないで過ごせる人って多いんだろうな、と体質を羨んでみたり。

児山は土日も休日出勤で2週間休みなし。日中も外に出ないで済むのはありがたい(自虐)。
土曜夕方、都内の事務所で仕事をしていたら、窓の外がみるみる暗くなり、
滝のようなスコールのような夕立。しかし数十分で止んだ。虹も出ていたらしいが見損ねた。
仕事は当面一段落しそうもない。雨降って地流れる(自虐2)。

田舎暮らしの落とし穴

大都市の喧騒を離れ、自然豊かな地方に居を構えてスローライフを満喫する「田舎暮らし」が
近年ブームになっている。

ある大手住宅会社が売り出している、西日本の海に面したリゾート地。
海を一望する丘を切り開いて整備した住宅地。
区画は広く、ほとんどの土地が200坪、600㎡以上で、価格も手頃。
地元ケーブルTVによるインターネット回線完備というのも売りのひとつ。
気候は温暖で冬でも雪はめったに降らず、夏は海風が心地良い。

定年を機に首都圏から移ってきた初老の住人や、子供を自然の中で育てたいという若夫婦など
移住してきた住人の談話が写真付きで紹介されている。
とれたての新鮮な魚、近所の農家から分けてもらえる野菜、自らも家庭菜園に精を出す…。

良さそうな部分ばかり強調されているが、自然の豊かさは裏を返せば不便さを伴う。
コンビニなどない。小中学校も保育園も遠い。どこへ行くにも車が必須。
総合病院も大きなスーパーへも車で40分かけて町まで出なければならない。
道路は国道が最近整備が終わったばかりで、高速道路も、ましてや鉄道などあるわけがない。
頼みの公共交通は本数の少ないバス。しかもバス停は丘を下った近くの集落にある。
帰りは急な上り坂を歩かされる。車を運転できないお年寄りには厳しいところだ。
県庁所在地までは車で2時間。さもなくばバスと鉄道を乗り継ぎ、一日がかりの旅行。
その県庁所在地にある最寄の空港へも車で2時間かかり、
都会にいる子や孫も夏休みでもなければ簡単には訪れられない。
空港直行バス?冗談も休み休み言え。

そして何より、海を一望する丘という立地が大きな落とし穴。
この地域は温暖だがいわゆる“台風銀座”でもあり一年を通して風が強い。
樹木がきれいに刈られた吹きさらしの傾斜地に、退職金や首都圏の家の売却金を
つぎ込んで経てた終の棲家は、常に台風+土砂崩れの危険に晒されている。

地元自治体は強い風を利用した風力発電でエネルギー節約&余った電気を売っての増収
を狙い、この住宅地の近くに大きな風車を何本も立てた。
ところがこの風車が大きな風切音を出すため、住民から苦情が殺到。
自治体では夜間の風車停止や各家へ防音窓の設置など、対応に追われることに。

試しに、この住宅地の紹介を販売会社のHPで見てみた。売却済は全体の2割程度で、
お勧め物件と称した区画の特集は2006年秋以降更新されていない。

なお田舎暮らしは当然のことながら近所付き合いや助け合いが基本中の基本。
人付き合いが苦手な人、ましてや引き篭もりなどが生きていける場所では到底ない。
よほどの覚悟と生活力、実行力、体力、そして社交力がないと
田舎暮らしはうまくいかないだろう。

やっぱり情報も刺激にも満ち溢れた首都圏のビル街で、
近所や知人と適度に距離をとりつつ生きていくのが性に合っているのかも。

山本モナまた不倫

せっかくキャスターに復帰させてもらったのに、初日にまた不倫騒動かよ。
話題づくりの確信犯か?とさえ思いたくなる。
ラブホに行った顛末の苦しい言い訳はアホらしくてコメントさえしたくない。

まあとりあえず謹慎でキャスターはまた降板でも、
たけしの事務所だし、またすぐバラエティーで復帰できるだろう。
芸能界はお気楽な世界だ。

OPDライブ告知 ~七夕の夜だから~

2008限定 大阪パフォーマンスドール夏祭り!!
~15年目の夜だから~


8/9(土)  19:30開演 うめだ花月
8/17(日) 17:00開演 shibuya boxx


前売4,000円 当日4,500円


大阪パフォーマンスドールが久しぶりのライブ。大阪と東京で1回ずつ。
大阪の方がゲストも出るとかで何かと面白そうだけど、都合つかなそうだなぁ。
東京は行く予定。チケットも押さえた。
shibuya boxxはオールスタンディングでキャパ小さく、疲れそうだな(苦笑)。 

それにしても…
↓【続く】
続きを読む

異色の医師アーティスト・吉華たん

ライブで見て面白いと思ったアーティスト。吉華たん(よしかたん)。
名前はかわいいが、れっきとした男性。
数ヶ月前、ともろー氏のライブの対バンで偶然見かけたのだが、
その異色ぶりに興味が湧いた。

彼の本職は現役の精神科医。医学関係のコメンテーターとしてTV番組にも出ている。
それがライブでは白衣姿に80年代の遺物のようなアラレちゃんメガネといういでたちで
心筋梗塞」「カ・イ・ゴ」(介護)というタイトルのオリジナルを歌う。
会った頃は歌手活動に行き詰まりを感じていたともいうが、
ともろー氏が見初めた音楽仲間・通称「珍獣ファミリー」に加わって、何かがはじけた

そのいでたちからケーシー高峰ばりに漫談をまじえたMCをやったらどうかと彼に提案した。
すると後のライブでは本当にホワイトボードを用意してきて、それに医学用語(のようなもの)を
殴り書きし、ダジャレをまじえたり過激な言葉で挑発的に客をいじるMCに変わった。
更にはメタボ検査と称してふくよかな男性客の胴囲を測ったり聴診器を当てたりという
パフォーマンスも。
本番前の異常なほどの緊張ぶりと、本番での何かに取り付かれたような高いテンションとの
ギャップも見もの。

次のライブは7/12(土)、下北沢VOICE FACTORY で。

最近イチオシのアーティスト、吉華たん。現役精神科医。
↑6/28 六本木BRAVE BARにて。

7月だ

今年もあと半分か。でも季節はあと3つもあるんだな。

今週は単に会社と家を深夜と早朝に往復するだけの忙しくて味気ない生活が続いている。
本当は水泳でもやりたいのだけどね。その前に目の検診に行かんと。

電車のドアの上の広告で見た就活女優ハラカナって、ちょっと気になっている。
単なる就職サイトのイメージガールかと思ったら、そんな単純なものではないらしい。
オフィシャル 随分行動的で意志が強い子なのだな。
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。