Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2009/04«2009/05 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2009/06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栄枯盛衰 ~さいたま市長選~

これまた先週の話になってしまうが、さいたま市長選が行われ、
現職が落選して民主党支持の新人が当選した。

現職は親子三代に亘って浦和市長を務めた名門の家系で、
浦和、大宮、与野が合併して誕生したさいたま市最初の市長選でも、
最も人口が多い浦和での安定した支持を背景に、
当然の如く初代さいたま市長の座を手にした。
しかし今回は、多選への批判、現職が昨年体調を崩したこと、
支持基盤であった自民党が国政レベルで支持率を落としていることなど
これまでにない逆風の中での選挙となった。

そして落選の決定的要因となったのは、その自民党の「分裂」である。
党本部は前衆議院議員の女性新人、県連が現職を推薦する対立が起きて
票が割れ、民主支持の新人に漁夫の利を得られた形に。

新住民が多いベッドタウンとは言え保守的な要素が強い政令指定都市で
選挙による政権交代が起きたのは、民主主義が滅んでいない証拠であろう。

これで埼玉は県知事と県都の市長が共に民主系になった。
目立った特徴がなく、様々な分野で全国の平均を下回ってきた
「住みにくい県」の挽回へ、どんな手腕を見せてくれるのか?
スポンサーサイト

やっと週末だ

今週もよく怒られました、よく耐えました(拍手)。
今は通勤の行き帰りを含め生活の全てが修行みたいなイメージ。
人込みで押されても割り込まれても、
いつもの通路が工事で通れなくても、
いつものトイレが清掃中で使えなくても、
日替わり定食が売り切れでも、以前ほど怒りがこみ上げてこない。
ちょっとやそっとのことで動じなくなってきた自分に気がつく。
闘争心を失ったらヤバいような気もするが。

久々にサッカー観戦に行こうかと思ったら、J1はW杯予選で中断中、
J2でもナビスコカップでもいいけど、明日も雨かよ(怒)。←あ、怒った

5/16 名古屋

もう10日以上も前になってしまったが、
16日名古屋でのともろー氏のライブの写真を少し。
いつも通り、熱くて笑えるライブ。→詳細はこちら
出番の合間にギターの弦の調整をする、ともろー氏。 ともろー氏の化身のひとつ、黒師塚双。
ともろー氏を師と仰ぐ川崎美幸さん(右)とギターのノザッキー氏。この2人の掛け合いも面白かった。

会場のハートビートカフェ(名古屋市中川区高畑)。
この日のランチメニュー、キムチのクリームパスタとサラダプレート。
キムチのこういう食べ方、ありそうでなかったな。
ハートビートカフェのランチメニュー、キムチのクリームパスタとサラダプレート。 デザート。手作りスコーン(アイス添え)と青森から取り寄せたアサヒサイダー。

おまけ。ビキニ姿のナナちゃん。
ビキニ姿のナナちゃん(笑)。

いやー大変だわ

これほど長い間ブログを書く余裕がないほど忙しいのは久しぶりだわ。

ここ数週間は連日の深夜帰り、睡眠時間は3~4時間くらいか。
集中力は落ち、うっかりミスで怒鳴られたり。
追い立てられると仕事の質が落ちるのは誰もが分かりきっているはずだが、
それでもやらなあかんのだよ。仕事があるうちが華なのかもな。

先週末に無理矢理時間をとって、ともろー氏のライブで名古屋へ行ったはいいけど
前後の仕事予定が詰まり、翌日の大阪ライブはキャンセルを余儀なくされたり。

早く落ち着かんと体と心のどちらかが取り返しのつかないことになりそうで怖い。
事実、私の職場では「心の病」で休職している男性社員が2人もいる。

ネガティブな話ばかりではあまりにアレなので、
駅ナカで買ったなすミートスパゲッティの写真をUP。味はまあ普通。

駅ナカで買った、なすのミートソーススパゲッティ。まあ普通。

多忙で更新できない

さっき帰宅。
4時間後にはまた出社。
書きたいことはいろいろあるけど、しばらくお預けか。

…今の仕事、考えた方がいいかもしれんな(半分マジ)。

本来買いたい人が買えない

JTB時刻表1000号、どこの本屋へ行っても売り切れだぁ。
1度増刷されたがそれも完売らしい。
GWでもあるし、本来使いたくても買えなかった人も多いはず。
記念号というのも罪なものだ。

知られざる?埼玉スタジアム周辺の風景

10日。昨日を上回る猛暑。33℃を超える地域もあったという。

この暑さの中、懲りずに昨日に続きJリーグ観戦。
今日は埼玉スタジアム2002の浦和川崎F戦。
5万人を超えるサポーターで溢れ返った。レッズサポの人数と迫力は相変わらず。
試合は浦和が逆転負けを喫し、審判の判定に不満なレッズサポから
地鳴りのような大ブーイング。怖い。

5万人を超えるサポーターで溢れ返った埼玉スタジアム2002。

帰り。通常なら浦和駅などへ直通のシャトルバスか、
20分ほど歩いて埼玉高速鉄道の浦和美園に出るか。
川崎在住時代なら迷わず後者で、最寄駅まで乗換なしで帰れた。
だが大宮に越してからは直線距離では圧倒的に近い(一応市内だし)
にもかかわらず、想像以上に帰りづらいことに気づいた。
バスで40分もかけて浦和駅にたどり着くか、
鉄道なら浦和美園-東川口-南浦和-大宮、と
四角形の三辺を辿る形で迂回しなければならない。
埼スタから、交通の要衝である大宮への直通バスはない。
行政的に合併はしたが、浦和レッズから見れば大宮はあくまで敵地なのだ。

以前にもやったことがあるのだが、埼スタから西へ直線距離で1kmほどで
旧街道に出る。ここには本数は少ないが大宮駅行のバスがあるのだ。
まだ夕方4時。日は高い。人込みに背を向けるように、起伏ある細い道へ。

埼スタの所在地は一応さいたま市(旧浦和市)だが、
浦和といっても市街から遠く離れた東のはずれにあり、
周囲は江戸時代に開発された「見沼田んぼ」。
田畑と湿地に農家が点在するばかりの、凡そ県庁所在地に似つかわしくない、
でもちょっと埼玉らしい(笑)光景が広がる。
本当に、埼玉スタジアムと浦和美園駅ができるまでは(できてからも)
まともな集落さえも、なかった地域なのだ。

で、スタジアムの横を通る東北自動車道を渡り、ラブホテルを横目に
10分も歩けば、こんな光景に↓。

埼スタから10分も歩くと、こんな場所に来てしまう。 埼スタの威容とネギ畑の対比。全国にこんな光景、結構あるんじゃないか? 鬱蒼と茂る森に続く、細い坂道。街灯もなく、夜の一人歩きは怖過ぎる。

街灯もなくどこへ出られるのかも分からない細くくねった起伏ある道。
ネギ畑、鬱蒼と茂る森、汲取り便所の香り漂う古い農家、墓地…。
この数百メートル先の地点で、サッカーのFIFAワールドカップの準決勝や
日本一のサポーターを擁するクラブの熱狂的な試合が行われているなんて
想像つくだろうか。

やがて、校舎らしき建物群や広いグラウンドが現れ、
男どもの元気な掛け声。高校野球の名門でもある浦和学院だ。
これだけの恵まれた環境を作るための広い土地、
市街地近くじゃ手に入らんだろうな。
すぐ近くに、高校サッカーの強豪・浦和東高もある。
何気に、埼玉の体育会系文教地区なのだ。
体育会系の高校生を応援する、こんな看板も↓。

近くに、浦和学院や浦和東という体育会系の名門校があるためか、こんなユニークな看板も。

浦和学院を過ぎると、間もなく県道。交通量は多く、
レッズのユニフォームを着たサポーターが運転する車が何台も走り去っていった。
渋滞のせいかバスは何と30分遅れ(爆)。

夏日・うどんつゆ・マンゴーアイス@前橋

ここ数日ぐずついていた天気も回復、全国的に夏日となった9日。
午前中、休日出勤。昼からまたも思い立って、またまた群馬へ。
前橋の利根川沿いにある敷島運動公園陸上競技場
(ネーミングライツで「正田醤油スタジアム」に)で
サッカーJ2のザスパ草津セレッソ大阪戦を観戦。

いかにもザスパ的な光景。草津温泉のキャッチフレーズ、ザスパのチームキャラ「湯友」、そして会場スポンサーの正田醤油の着ぐるみ…

ベンチには草津温泉のキャッチフレーズ「泉質主義」の広告。
その前にいる赤鬼みたいなのは、ザスパのチームキャラクター「湯友」(ゆうと、と読む)。
そして左後方は、この競技場のスポンサー・正田醤油の瓶。
正田醤油は群馬県館林市にあり、美智子皇后を輩出した日清製粉とも親戚関係にある。
この日、会場では観客に正田醤油製のうどんのつゆが配られた。
社長曰く、正田醤油は日本で5本の指に入る醤油メーカーだとか。
キッコーマン、ヤマサ、ヒゲタまでは何となく分かるが、
薄口醤油のヒガシマルと比べたら…話がややこしくなりそうなので止めておこう(笑)。

真夏日。Jリーグ・ザスパ草津の会場で売られていたマンゴー入りかき氷。

暑いので、会場の屋台で売られていたマンゴーかき氷を食べる。
普通のかき氷より細かくてフワッとした食感。
これと同じようなものを去年夏、ロアッソ熊本の会場で食ったような気がする(写真下)。

昨年8月、熊本KKウイングのロアッソ熊本戦で食べた、台湾風らしいかき氷。イチゴ味。

稲庭武蔵野うどん?

GWも後半は完全に雨だったね。

家にあった稲庭うどんの乾麺の賞味期限が近づいていたので食べることに。
つゆは武蔵野うどん風に、豚小間とネギを入れた熱くて濃い、こってりしたつゆ。
…このつゆには、稲庭うどんのような細くて繊細な麺はあまり合わないかも(爆)。

稲庭うどんに、武蔵野うどん風つゆ。

大宮のロケット

…何だこれは!?まさか北朝鮮の弾道ミサイルを迎撃するための…??

巨大なロケット?

大宮駅西口近くにある商業ビル。外見も金色に光っていて、
高層ビルが増えた大宮近辺でもミサイルならぬ異彩を放つ。
あくまで普通のビルで、博物館でも軍事関係の会社でもない。
観光資源に乏しい埼玉の新名所に?…なりそうもねぇよなぁ…。

今日のカップ酒「越乃景虎」

越乃景虎」も地酒王国・新潟で存在感を示す酒のひとつ。
辛口端麗の王道のようなすっきりした飲み口。

越後・栃尾の酒、越乃景虎。謙信の若年時代の名前に由来。

越乃景虎の蔵元・諸橋酒造は、新潟県のほぼ中央、旧栃尾市(長岡市と合併)にある。
越後には歴史ある蔵元が多いが、この諸橋酒造も創業は1847年(弘化4年)と古い。
新潟第二の都市・長岡に隣接しながら、四方を山に囲まれた豪雪地帯に属する栃尾。
冬の厳しい気候と豊富な雪解け水が、長年に亘り酒造りを支えてきた。

銘柄は越後の名将・上杉謙信の、若年時代の名前・長尾景虎に由来する。
景虎は青年期に一時栃尾で過ごしたことがあり、その愛着と功績にあやかった銘柄なのだ。

越乃景虎の肴は栃尾のあぶらげ、じゃなくて越後でポピュラーな鮭。今日は煮付け。

今日の肴は栃尾のあぶらげ、ではなくて、越後では最もポピュラーな
塩焼きではなくて煮付けにしてみた。鮭の煮付けって、ありそうでないのではないか。

連休2日目、TV三昧

午後は完全に自宅にいた。これだけゆっくりTVを見たのも久しぶり。

平成教育委員会スペシャル
元防衛省幕僚長で、侵略戦争論文で物議を醸した田母神俊雄さんがゲストで呼ばれたのは
今日が憲法記念日だからなのかな?
GWのありがたみに隠れて意識しない人が多いだろうけど、
5月3日が何故祝日かというと、昭和22年に現在の日本国憲法が施行された日だから。

田舎に泊まろう!
鈴木蘭々って、もう33なんだ。
90年代はポンキッキーズはじめバラエティーやCMで見ない日はなかったが、
最近はすっかり女優モードだもんな。

スカパー
うちは加入していないが、今日はお試しの無料放送があったので
Jリーグやプロレス中継を見ていた。
最近のプロレス、特にインディーズはまともに鍛えていない自称レスラーたちが
マイクパフォーマンスや変なストーリーで盛り上げようとする、
エセWWEみたいな試合ばかり。こりゃプロレスの人気が落ちるわけだ…。

忌野清志郎さん死去

喉頭ガンから復帰したが、腸骨にガンが転移したと知って、少しいやな予感はしていた。
やっぱり58歳は早すぎだろうに…。

久しぶりの新横浜ラーメン博物館

5連休の初日。日産スタジアムへJリーグを見に行ったが
川崎フロンターレがあまりにもふがいないので
前半で早々と引き上げ、ご存知・新横浜ラーメン博物館へ。

ラーメン好きの私としては意外かもしれないが、
新横浜ラーメン博物館を訪問したのは何年ぶりのことだろうか。
少なくても前回から4年以上は経っている。
かつて、新横浜で数ヶ月ほど仕事をしていた時期があり、
その頃は3ヶ月有効のフリーパスを購入してほぼ毎日通い詰めていた。
当時出店していた店はすべて入ったどころか、最低2巡はしたはず。
今も休日は盛況のラーメン博物館だが、
並ばずに食べるなら平日の夜が最適であることもこの時期に知った。
夜8時頃行くと、客もまばらで多くの店が呼び込みをしていた。
そんな中でも札幌「すみれ」だけは行列が途絶えなかったのも驚きだったが。
あまり行かなくなったのも、通い詰めて飽きたせいかもしれない。

何年ぶりかの新横浜ラーメン博物館。昭和33年をイメージした店内は不変だがラーメン店の顔ぶれはオープン時と比べすっかり変わった。 和歌山ラーメンの雄・井出商店の特製中華そば。満腹に。

そんな、何年かぶりのラーメン博物館。
さすがにGWの初日とあって、それなりに混んでいたが思ったほどではない。
天気もいいし、ETCでの高速道大幅値下げもあってみんな遠出したのだろう。

1Fの博物館&土産物コーナーは大幅にリニューアルされていたが
昭和33年の商店街をイメージしたB1の光景は全く不変。
だがラーメン店の顔ぶれは通い詰めていた頃と比べすっかり変わった。

今の店の中では古参の部類に入る、和歌山ラーメン「井出商店」に入った。
チャーシューの多い特製中華そばを食ったら腹一杯になってしまった。
以前は大盛+めし、でも全く問題なく、2軒ハシゴは当たり前だったが、
減量中で食事量も減らし、ラーメンも控えていたことで
胃とか体質が変わってきているのかもしれないね。

次回の訪問は何年後になるのかな。と思いつつ、
入る時に年間フリーパスを買ってしまっていた(自爆)。
無理にでも行く機会を作らないと(笑)。

Go! Guts! (5月)

そういえば昔、光GENJIのアルバムで「HEY! SAY!」というのがあったよな。
どうでもいいか。

永作結婚か。ついに、なのかな。
この間も書いたけどホント、38には見えないよな。
相手は映像作家の内藤まろ氏。
内藤氏が手がけ、永作も出演していた月桂冠のCMで知り合ったのかな。
女性タレントと業界人って、ホントにくっつきやすいよな。
俺も業界関係者になりたい(笑)。
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。