Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2009/09«2009/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2009/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訃報続々

芸能人とか著名人の訃報を聞くと、時代の流れを感じるとともに、
寂しさとか怖さが入り混じった、なんとも複雑な気分になるものだ。

加藤和彦さんの自殺はショックだった。
実家にフォーククルセダーズの「帰ってきたヨッパライ」のレコードがあり、
小さい頃から何度も聴いていた。
回転数で声色を変えたボーカル、曲間の関西弁の神様の台詞、
終わりが、読経にかぶさるようにクラシックの「エリーゼのために」で天国のイメージ。
今から41年も前(1968=昭和43年)に、こんな遊び心溢れた曲を作って一世を風靡した
期間限定ユニットがあったなんて。

日本よりもイギリスで評価が高かったと言われるサディスティック・ミカ・バンド
タイムマシンにおねがい」を今改めて聴くと、
いきなり高音のサビから始まるところで、すげぇー!と思わされる。
曲も歌詞も35年前(1974=昭和49年)とは思えぬ斬新さ。
演歌でもフォークでも歌謡曲でもない、日本のロックの先駆け的存在として
その先見性に敬服する。
最近の楽曲で、35年経っても評価されそうな曲がどれだけあるだろうか。

常に時代の先を行く楽曲を発信し続けてきた加藤和彦さんだが
近年はうつ病に苦しんでいたという。
人気作曲家ゆえの周囲の期待、現実、プライド。
芥川や太宰、川端康成に通じるものがある、という評論は飛躍しすぎだろうか。


プロレスラー、剛竜馬さん。
たぶん最近のプロレスファンは知らんだろうな、この人。
報知 日刊 デイリー

かつてはジュニアヘビー級時代の藤波をライバルに好勝負を演じ、
藤波を破ってWWFインターナショナルジュニアヘビー級チャンピォンに就いたこともあった。
79年、20代前半のこの頃を全盛期と思うプロレスファンも多いのではなかろうか。
80年代はメジャー団体を転々とし、前田をエースに旗揚げしたUWFにも参加。
90年、インディー団体の草分けとされる「パイオニア戦志」を旗揚げ、
以後はインディーで活動を続ける。

もともと剛竜馬のファイト内容は地味で不器用でアピール度に欠け、
旗揚げ戦で剛の相手を務めた大仁田厚が電流金網爆破デスマッチでブレイクするなど
乱立しアピールし合うインディー団体の中で、存在が埋もれつつあった。
だが、その不器用さが逆に一部ファンにウケて「プロレスバカ」と呼ばれるようになり、
試合中に出す掛け声「ショアッ!」、観客の「バーカ、バーカ」コールとともに
剛の人気が上がっていった。

しかし金銭や体制におけるトラブルも多かったとされ、
90年代後半からは試合の機会に恵まれず
会社勤めやアルバイトで生計を立てる日々が続く。
2003年1月には新宿駅でひったくりを起こして逮捕(本人は否認)、
不起訴になったもののその後は一部のインディー団体にスポット参戦するのみだった。

交通事故による右手骨折からの感染による敗血症、という
本人にとって望まなかったであろう最期だったのが無念。


三遊亭円楽さんも死去。→報知
世間的にはやっぱり笑点なのだろうな。
43年前の番組放送開始から出演し、司会として23年。
落語の魅力を世間に知らしめてくれた功労者。
私も笑点を見て寄席に行った一人だし。

昭和40年代、ダンディーないでたちと
「星の王子様」「湯上りの顔」「ベルサイユのばら」など数々のキャッチフレーズ、
積極的なTV出演で人気を博していたのを最近の人は知らないだろう。
タレント好感度ランキングで1位になったことも。

故人のご冥福をお祈りする。

スポンサーサイト

またまた名古屋

いったい今年は何度行ったことやら。名古屋。
今回もまた、ともろー氏のライブが目的なのだが、
これまでに増して多忙で、慌しく日帰り。

東海地方では定番中の定番、寿がきやのラーメン。
以前は関東のスーパーなどにも出店していたが、バブル崩壊を機にすべて撤退し、
現在は静岡県より東ではインスタントラーメンでしか食べられない。
名駅の新幹線側地下街のエスカ店にあるランチセット。ぜひ食べるべし。
すがきやエスカ店のランチ。ラーメン+まぜごはん+温泉玉子。

高層ビル建設ラッシュが続く名古屋駅周辺。
駅正面にそびえたつミッドランドスクエア(豊田・毎日ビル)
先に建設された名古屋駅ビルのJRセントラルタワーズよりわずかに高く設計され、
現時点で中部地方最高の高層ビル。
その46階の展望台「スカイプロムナード」から見た風景
中央に見えるねじれたようなビルは名古屋モード学園のスパイラルタワー。
高層ビル建設ラッシュが続く名駅。駅前のミッドランドスクエア屋上から見た風景。

今回のナナちゃんは日本郵便に雇われて(笑)、年賀はがきのPR。手に筆。
着物風衣装だがミニなのは美脚を見せるためだろうか。
今日のナナちゃんは年賀はがきのPR。右手に筆を持っているのがポイント。

今回も会場はハートビートカフェ。ライブ模様→こっち
クッキー入りチーズケーキ、打ち上げ時のパスタ各種、みんな絶品。
また、今度はゆっくりお邪魔させていただきます。
ハートビートカフェのケーキ。今回もおいしゅうございました。

あっ

…いつの間にか誕生日も過ぎちまったやないか~い(何故今更、髭男爵なのか)。
昨日、日付が変わる瞬間も帰りの電車の車内だったし。

やっぱり忙しいのに成果が上がらないのはつらいやね~。
毎日の会議も公開裁判状態。
よほど忍耐強くないと、精神的に病んでもおかしくないだろうな。
定期的に現実逃避する場はあったほうがいいやね。

最大震度7を記録した新潟県中越地震から今日で5年。
私が生まれた新潟県中越地方は、この地震と、
3年後に発生した新潟県中越沖地震と、短期間に2度も大地震に見舞われている。
度重なる災禍からようやく立ち直りつつある新潟。
しかし地震の記憶と教訓は風化させてはならない。

世も末だ ~万引きにモンスターペアレント~

少し前の新聞記事だが、かなり気になったので。

万引現場にもモンスターペアレント 
「捕まえる前に諭せ」「届く場所に置くな」

9月27日7時56分 産経新聞

 「なぜ捕まえた」「通報されて子供がショックを受けた」。少年による万引が全国的に増加する中、子供の万引を通報された保護者が、逆に小売店に理不尽なクレームをつけるケースが相次いでいる。少年の多くが「ゲーム感覚」で万引に手を染める一方、“モンスターペアレント”の出現に、捜査関係者からは「親も『たかが万引』と甘く見る傾向にあり、他の犯罪を助長しかねない」と懸念する声が上がっている。 →全文

学校の指導にクレームをつけるモンスターペアレントの存在は知られてきているが、
まさか立派な犯罪にクレームをつける馬鹿親が存在するとは。
書きたいことは山ほどあるけれど、とりあえず
当事者に関して思いつくままにキーワードを並べてみた。

万引きをする子供
ゲーム感覚、スリル感、自分さえ良ければいい、自分一人ぐらい、
ちょっとした出来心、「やんちゃ」、誰でもやること、自分も欲しい、
欲しい物はどんな手を使ってでも、やった者勝ち、ヒーロー気分、
大人を困らせて満足したい、捕まるのは運が悪い、子供だから重罰にはならない、
捕まっても親が何とかしてくれる


万引きをした子供の(モンスターペアレントと呼ばれる)親:
金払えばいいんだろ、子供だから許すのが当たり前、
万引きしたくなるような店の陳列や店員の態度こそ問題だ、
子供の教育上あからさまにとがめるな、経歴に傷がついたら(前科)どうする、
グレたら店の責任だ、家庭の教育方針に口出すな


今の小中学生の親は、団塊の世代の次の世代。
高度成長期に生まれ、苦労を知る親から不自由なく育てられた、
ある意味で甘えの世代。
叱られることもなく、厳しい上下関係、師弟関係、集団社会のルールも知らず、
普遍的な価値観とか善悪もよく知らぬまま、大人になってしまった。
よく言えば「少年のような心を持った大人」。

そんな少年のような大人が、いざ自分が子供を育てる立場になってみても、
自分の経験からしか教え育てることができない。
結果、自己中心的で屈折した価値観を振り回し、
大人が悪い、周りが悪い、社会が悪い、と吠えまくる親が出てきてしまう。
その子供も然り。将来の日本を背負う貴重な宝のはずなのに、
運悪く馬鹿親の下に生まれてしまった彼らこそ、一番の被害者だろう。

社会が悪いと彼らは叫ぶが、ある意味ではその通り。
そういう人間を数多く育ててしまった責任が日本社会全体にある。
個性重視とか、ゆとり教育とはいっても、
集団社会の中で生きてゆくための最低限の道徳とか厳しさを
身につけるような仕組みを取り入れることが急務ではないか。
日本がこれ以上落ち目にならないためにも。

秋の富士

晴天が続く秋の埼玉。
朝、自宅近くにて、くっきりと浮かんだ富士。

快晴の秋の朝。富士山が見えた。

秋茄子でマーボー茄子

子供の頃から、夏は連日のように茄子が食卓に上がっていたせいか、
茄子は夏の野菜のイメージがある。
だが秋茄子も、嫁に食わすなと言われるほど美味い。

漬物、焼き茄子、田楽、揚げ出し、炒め物、などなど
食べ方のバリエーションは豊富なれど、
実家での定番は茄子の味噌汁だった。
みょうがを少し加え、さわやかさと苦味を加えるのがポイント。

で、今日はそれらとは全く関係ない(笑)、麻婆茄子。
以前にも作ってここに載せたことがあるが、
その時作った本場中国風山椒バージョンとは異なり、
今回は辛さ抑え目、ひき肉たっぷりの日本家庭バージョン。
食欲の秋にふさわしい、ごはんお代わり必至の仕上がりに。

麻婆茄子。辛さ控えめで家庭的な味に。

…お代わりするのなら、スポーツの秋にもせねば(苦笑)。

クールビズ終わり

台風が去って、朝夕を中心に一気に秋めいてきたけど、
オフィスや電車の中はクーラーをかけなくなり、かえって暑かったりする。

先日の目の経過を見に、眼科へ。
前の患者は20才前後と思しき水商売風のいでたちに黒ブチメガネの女の子。
私と同じくコンタクトレンズで目に炎症を起こしたようで、
こないだの年輩の女医に、コンタクトのケアの悪さを指摘され、
目が治るまで使用をを控えるよう言い渡された。
だがこの水商売風の大ボケ質問。
このコンタクト、また使えるんですか?
コンタクトよりあなたの目を大切にしなさい!と怒られていた。
お金がもったいないのは分かるけど。

自分の目は順調に回復しているようで、目薬の本数が減らされた。

スポーツの秋、サッカーの秋

やっぱりサッカーはええのう。

天皇杯2回戦。川崎のレナチーニョのゴールに沸くスタンド。

10/11、等々力競技場
サッカー天皇杯2回戦
川崎Fレノファ山口(中国社会人リーグ)

川崎のレナチーニョのゴールに沸くスタンド。
選手がこっちに走ってくるのが分かるだろうか。
天気も快晴、絶好のサッカー観戦日和だった。
スコアは6-1で川崎の順当勝ちだが、アマチュアに1点取られたのが癪(笑)。

浦和が地域リーグのアマチュアに負けた ~これが天皇杯の怖さ~

サッカー天皇杯2回戦が各地で行われた。

天皇杯全日本サッカー選手権大会。→携帯
Jリーグの各チームから、都道府県予選を勝ち抜いてきたアマチュアチームまでが
ともに覇権を争う大会。
一発勝負のトーナメントで、しかも
実力差が得点に表れにくいサッカーという競技の性格上、
毎年のようにJクラブが格下のチームに敗れる番狂わせが起こる。

今年もJのクラブのいくつかがアマチュアに敗れた。
かつてJ黎明期にカズ、ラモスらを擁し黄金時代を築いた名門、東京ヴェルディ
宮崎県のホンダロックサッカー部に0-1。
J2首位で来季のJ1復帰が濃厚なセレッソ大阪
JFLの下、東北社会人リーグの福島ユナイテッドFCに1-2。
他にもJ2の湘南、徳島が大学チームに完敗。
Jの王者・鹿島でさえもJFL下位のアルテ高崎に1-0の辛勝だった。

Jのチームを倒す!という高いモチベーションを持ち、
周到な準備をして捨て身で臨んでくる格下のアマチュアチームたち。

対するJの各クラブは、リーグ戦の過密日程の終盤、優勝や降格争いの真っ只中。
チームや選手によってはナビスコ杯、ACL、日本代表戦も加わる。
連戦の疲れと上がらぬモチベーションに、
勝って当たり前というプレッシャーが追い打ちをかける。
主力は疲れている上、怪我したら今後のリーグ戦に影響が出る。
だから主力を温存、ベストメンバーを組まなかったり組めなかったり。
天皇杯には、番狂わせが起こりやすい仕組みが出来上がっていたのだ。

日本サッカー協会(JFA)も、Jリーグに比べ関心が低かった天皇杯を盛り上げるべく、
番狂わせ(ジャイアント・キリング)こそ天皇杯最大の魅力とばかりに、
こうした番狂わせが起こり得る状況を“あえて作り出す”日程にしているふしがある。
今季からJクラブを3.4回戦のシードにせず、
もっと早い段階の2回戦から出場させるように改めたのも、その一環か。
更にこれでもなまぬるいとばかりに、JFAの犬養会長は、
Jとアマチュアの対戦はすべてアマチュアのホームで行いたい、という私案も披露。
Jクラブにとってのアウェー。露骨なジャイアントキリング作戦やね。

しかしその犬養会長も、自分が球団社長として経営していた古巣の浦和
その番狂わせの餌食になるとは夢にも思わなかっただろう。

松本山雅FC 2-0 浦和  →報知 スポニチ
3つも下のリーグのチームに2点差をつけられて完封負け。
サポが怒るのも無理はない。ましてや人数、過激さとも国内随一のレッズサポだもの。
フロントに監督解任まで言及させるショッキングな出来事だった。

松本山雅は将来のJ入りを狙っているが、2年連続でJFLの下の北信越リーグ4位。
但し天皇杯では昨年も湘南を破り4回戦まで進出している。
天皇杯のジャイアントキラーを具現化するチーム。早く上のリーグで見たいねぇ。

今日のカップ酒「峰乃白梅」

峰乃白梅(みねのはくばい)。新潟の地酒を代表する銘柄のひとつで、
越乃寒梅、雪中梅とともに「越の三梅」とされてきた。

他の二梅に比べ、全国的な知名度ではやや劣るが、
すっきりした上品な味わいは御三家に名を連ねるにふさわしい。
冷酒の他、熱燗にしてもいけそう。四季を通じて味わいたい。

新潟市西蒲区(旧・巻町)にある蔵元の福井酒造
江戸時代初期の寛永16年(1636)創業という、越後でも屈指の老舗。

峰乃白梅。越の三梅のひとつに名を連ねる銘酒。

三梅の中でカップ酒があるのは、おそらく峰乃白梅だけ。
確かに越乃寒梅、雪中梅のような超有名ブランドにカップ酒は似合わんなぁ。

台風18号、関東通過中

さっきまでの雨が上がり、一見すると台風一過の青空。だが、ものすごい強風。
この台風は雨のピークと風のピークが違うそうだ。

首都圏のJRはほとんどが運転休止で通勤客は足留め。
JRしかない我が町も陸の孤島に。午前は会社に行けず自宅でじっと待つ。
私鉄は本数を減らしたりしながら運転しているのになぜJRだけ?

10/8 朝10時。台風通過中。雨が上がり快晴だがものすごい強風。

(追記)
なぜJRだけが止まったか?その理由は、
JRとそれ以外のほとんどの私鉄とでは運転規制を行う風速の基準が違うから。
多くの私鉄は風速30mで運転を停止するが、JRは風速25m。
では、なぜJRだけ基準が厳しいのか?
それは、2005年12月に山形県の羽越本線の鉄橋付近で起きた、
突風による特急「いなほ14号」脱線転覆事故がきっかけ。
この事故を契機にJRでは安全基準の見直しが行われ、
その際に強風時の運転規制の基準も25mに強化されたのだ。
旅客輸送は安全第一であり、死者も出た事故を教訓としている以上、
JRを責めることはできないだろう。

だが、日頃から「非常停止装置が作動しました」と言っては
他の路線を含めた広い範囲をすぐ運転停止にしてみたり、
JR東日本はちょっと神経質すぎるきらいがあるのではないか、とも思うのだ。
この神経質さは、かつての国鉄時代の現場荒廃の反動か、と勘ぐってみたり。

やれやれ 鹿島 2-3 川崎F

J史上初の再開試合。川崎の2点リード、後半29分から。
再開のFKでいきなり失点するとは予想外だったね。
その後も鹿島のロングボールによるパワープレーに川崎は耐えるのみ。
こないだの横浜戦といい、猛攻に耐え忍ぶタフな試合が多いなぁ。
それでも残り16分+ロスタイム5分を凌ぎきった川崎。まずは無事終わってよかった。
これで引き分けたり逆転負けだったら、
またこの再開試合の是非でもめるところだっただろう。

もしも台風18号が1日早く直撃していたら…また中止?

この日、都心から遠いカシマスタジアムに平日の夜間にもかかわらず
川崎からも応援バスツアーがチーム史上最大の26台、1000人。
これでも浦和や新潟のサポに比べりゃかわいいもの(笑)。

川崎は、この試合を含め5連敗となった鹿島に勝点1差の4位。
混戦のJ1、俄然面白くなってきた。

久々の勝利の味

過密スケジュールによる疲れがピークの川崎F。
ACL準決勝で名古屋に逆転負け。
リーグ戦では浦和、G大阪に連敗し順位は2位から6位まで落ちた。

10月3日、等々力。今日の相手はナビスコ杯準決勝の相手でもあった横浜。
ナビスコでは相手のGK飯倉のラフプレー(ジュニーニョのプレーに怒り、体当たり)
による退場がなければ負けていたかもしれない。

この日も疲れと暑さから動きは鈍く、春にアウェーで敗れたときと同じように
横浜の坂田や狩野にDFが何度も振り切られ、あわやの場面を作られる。
完全に負けゲームかな、と思われたがそれでも川島の好セーブで0点に抑えると
後半、谷口のヘッドで先制。カウンターからレナチーニョが2点目。
押されっ放しのゲームを何とかものにした。

試合終了後、ピッチで選手全員が円陣。試合後にやるのは異例だが、
勝利の喜びと、これからの試合へ選手一丸となることへの決意と見た。
7日には、あの因縁の再開試合・鹿島戦が待っている。

久々の勝利。サポに挨拶する川崎Fの選手。 ファンに手を振りつつ車に乗り込む川崎のFWレナチーニョ。

2016年五輪、リオデジャネイロに 東京落選

残念、という気があまりしない。全然悔しくない。むしろホっとした(笑)。

環境に優しい、コンパクトと訴えるばかりで決め手に欠けた招致活動。
世論調査で五輪開催を望む割合はリオ、マドリード、シカゴと比べ東京が最低。
熱心なのは石原慎太郎君ばかりで、
これほど国民が醒めていた五輪招致も珍しいのではないか。
しかも政権交代したばかりで、生活と離れた巨額の出費に厳しい国内情勢。
その鳩山新首相も最終プレゼンに行って自らスピーチしたはいいが、
内心複雑な気持ちだったのではなかろうか。

名古屋(ソウル五輪)、大阪(北京五輪)に続き、夏季五輪招致で日本は3連敗。
長野で冬季五輪をやっているし、しばらくはいいんじゃない?
日本は2018、2022FIFAサッカーワールドカップにも立候補しているが、
2002日韓共催から年月も浅いし、五輪以上に厳しいのではないか?

オバマの地元・シカゴが最下位落選というのは意外だった。
国際スポーツに対するアメリカの影響力も今は大したことないような。

アボカドのフライ

ともろー氏のライブなどでしばしばお邪魔している六本木BRAVE BAR
料理も外れがなく、アボカドと完熟トマトのサラダかじきまぐろのバター醤油焼きなど
酒が進む絶品メニューがいくつもあるのだが、
新メニュー、アボカドのフライを試してみた。
揚げたては表面が香ばしく、中はほくほくしてこれまでに味わったことのない味。
レモンと抹茶塩、カレー塩が添えられるが、シンプルな抹茶塩が一番合う感じ。
機会があったら一度お試しを。

六本木BRAVE BARの新メニュー、<strong>アボカドのフライ</strong>。抹茶塩が合う。

とんこつ&ほたてスープのラーメンって?

御茶ノ水駅聖橋口すぐのところに6月にオープンした「とんこつラーメン一心」に行った。
以前書いたカレー屋ジョニーのすぐ隣。この区域特有の間口が狭い店内。
看板や店内の口上書きに踊る「ホタテだし」の文字。豚骨ラーメンが飽和状態の中、
ホタテだしの豚骨ラーメンという異色の組み合わせを謳って勝負したいようだ。
券売機で左上にあるのがイチオシメニュー、という鉄則(!)に倣い、
その場所にある「一心とんこつらーめんホタテ塩味」を選択。

見た目は普通の博多ラーメンそのもの。
スープを飲む。脂っこい!上澄みは完全に油。
下のほうのスープは豚骨の中に確かにホタテの風味も感じる。結構濃い。
細麺、半熟の味玉は悪くない。チャーシューいや豚バラの薄切りはボリューム感がある。
油の量を調整できるのであればギリギリ合格になりそうだが…。

御茶ノ水にオープンした「一心」のとんこつらーめんホタテ塩味。脂っこい。

メニューにあった「カルボナーラとんこつラーメン」なるものも気になった。
ラーメンの上にチーズがかかっているようだ。

既に首都圏では過去のブームになりつつあった博多豚骨ラーメン、
それを承知で手を変え品を変えスープを変えトッピングを変えて、
飲食店激戦区の御茶ノ水に殴りこんできた「一心」。うーん、どうなることやら。
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。