Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/09«2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホッとした。いろんな意味で。 川崎F2-2FC東京

昨夜遅くなって飛び込んできた、ショッキングなニュース
それでも、晴天の等々力にはアウェーも含め14,000人以上の観客が集まった。件の話題になるべく触れないように、しかしいつも以上に選手を盛り立てようというような、どこか微妙な雰囲気。
試合前、観客は携帯のTVなどで野球のWBC決勝を見ている人が多く、日本の優勝が決まった瞬間、あちこちで拍手が。
アップ前、サポに挨拶する選手。いろいろごたごたはあれど、勝ってほしかったが。 選手入場前のひととき。カブを起こすふろん太。 FC東京ゴール裏はぎっしり。相手が富士通となれば瓦斯サポの意気込みはいつも以上。
とりあえず無事に終わってよかったというのが第一印象。試合内容は二の次。
今日の川崎の出来が良かったか悪かったかといえば、甲府戦に続いて悪かった。前半はまずまずだったが、後半は東京の猛攻に防戦一方。
我那覇は前を向かせてもらえず、ジュニはドリブル突破を試みては東京DFの網にかかってフィニッシュを打たせてもらえず。中盤は1対1でことごとく競り負け、緩慢なパスは何度もインターセプトの餌食に。ボールを奪われるやカウンターを食らってたちまち決定的場面を作られる。

特に悪かったのがDF陣と右サイドの井川。
井川は足元が弱いわ、スピードもないわ、チャンスで積極的に上がろうとしないわ、という、お払い箱になってもおかしくなさそうな出来だった。しかし実は怪我をしていたらしいという話を聞き、それなら仕方ないか(笑)。

劣勢の中、後半40分に流れるようなパスから憲剛が決めた同点ゴール。チームの今後に期待をつなげるファインゴールだと思う。
ボールをキープするジュニーニョ。ゴールはなかったが中村の同点弾を演出。 FKからジャーンのヘッドにやられた!

これまで勝ちに恵まれなかったFC東京。しかし相手が川崎、いや富士通となると、サポも選手もこれほどまでに燃えるものなのか。守備は相変わらず堅く、カウンターは鋭く速い。全員の運動量が最後まで落ちず、隙あらばインターセプトを狙うアグレッシブな姿勢。川崎を苦手にする京都とは逆のパターンだね。
今日は中盤の今野と鈴木規、そしてGK土肥の存在が効いていた。安定度では川口能活よりずっと上じゃないの?
これからもFC東京は川崎の天敵であり、まったりした雰囲気を醒まさせてくれる刺激であり続けることだろう。

ところで。モットラム氏の指導の賜物か(笑)、ここ1,2年、SR(スペシャルレフェリー=プロの審判)を中心にカード乱発が目立つように思う。
特に岡田主審。W杯主審にも選ばれアジア屈指の主審と言われた頃は、こんなにカードを出す人ではなかった筈だが…。
ゲーム前、ピッチでアップする岡田主審。カード出し過ぎ。それでも元W杯主審か?


【フロンターレ】追いついた!!

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。