Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/05«2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WBC、日本優勝の陰で韓国の恨み節 …日本に2勝したのに…

日本「ばつの悪い優勝」…韓国は複雑
 
韓国では、日本の優勝に対して複雑な心境がうかがえた。22日付韓国紙・中央日報は「5勝3敗の日本、きまりの悪い優勝」との見出しで、韓国が日本に2勝したことを改めて強調。「奇妙な大会規定のため、決勝に進出した」と日本の優勝を幸運に過ぎないとした。
東亜日報や韓国日報など各紙もこぞって、「ばつの悪い優勝」などと報道。KBSやMBCなどテレビ局は、韓国が日本に勝利した場面を再三にわたって放映するなど、「韓国は日本に2度も勝ったのに」との恨み節は消えていない。
韓国野球委員会(KBO)の辛相佑(シン・サンウ)総裁が22日、平和放送のラジオ番組で、今秋に再び日韓戦を行いたいとの考えを示すなど、再戦を望む声も多い。

2006年 3月22日 (水) 読売新聞

そりゃそうだよね。2次予選まで全勝で、しかも日本に2度も勝ったにもかかわらず3度目の対決を課せられ、それに負けただけで優勝への道が閉ざされたという現実。
かたや日本は2次予選で負け越し、米国がコケたためのラッキーな準決勝進出。韓国からすれば理不尽以外の何物でもないだろう。
ライバル、そして問題発言のイチローを擁する日本に、第1回WBC優勝の栄冠をさらわれたことが、悔しくて悔しくて仕方ないのはよく分かる。
数々の報道も、日本の優勝はあくまで幸運にすぎず、自分たちこそがアジア最強だ、というプライドを誇示したいに違いない。

…でももし立場が逆だったら、大喜びするんだろ?日本を押さえて優勝した、勝ちは勝ちだ、とね。

誤審とかいろいろあったが、米国主導によるいびつな大会規定の最大の被害者は結局韓国だった、ということか。
スポンサーサイト
コメント
確かに。
さすが児山氏(^^)
立場によりますわな。
2006/03/24(金) 23:08 | URL | ともろー #IP5vhX9Q[ 編集]
こういう場だからこそナショナリズムや日本への対抗心が露骨に出てしまうのでしょうね。特にスポーツを国威発揚の機会にしようとしている国にとっては。
2006/03/25(土) 09:20 | URL | 児山尚喜 #HfMzn2gY[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。