Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/09«2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J2最下位攻防戦、ザスパ快勝 山形、未だ未勝利

草津 3-1 山形

絶好の花見日和。ザスパの試合を見に、群馬まで遠征してきました。
群馬県立敷島公園陸上競技場はどこかのどかな雰囲気。
古びたメインスタンドや芝生のままのゴール裏と、新しいバックスタンドの対比が、いかにも無理矢理J仕様にしました、という感じで微笑ましささえ感じます。それにしても、もう少しお客さんが来ないものですかねぇ?
ホーム側の背後には、前橋のシンボルとも言える赤城山の威容。長い尾根が印象的です。背後に山が眺められるスタジアムとしては山形、小瀬と並ぶ存在でしょう。
のどかな群馬県立敷島公園陸上競技場。バックに前橋のシンボル・赤城山の威容と長い尾根。 「リアル・サカつく」確かに。ザスパのJへの歴史はゲームそのもの。

会場の飲食物はそれほど種類は多くありませんが、スポンサーのヤクルト3本を紙コップに入れた「がぶ飲みヤクルト」(150円)がインパクト大かも。
スポンサーであるヤクルトの大きなビン。 こちらはヤクルト3本を紙コップに入れた「がぶ飲みヤクルト」(150円)。

試合は後半を中心に荒れ気味。主審の岡野宇広氏の試合コントロールが稚拙なのが原因です。流すところとファウルをとって止めるところが一定ではなかったり、ゴールキックとコーナーキックの判定を訂正したのが3回ほどもあったり。後半にはザスパに対し立て続けに遅延行為の警告。
今日の主審は岡野宇広。ジャッジが不安定だったり、一度出した判定を変更したり、遅延行為に神経質だったり。そういえば副審はあの恩氏さん(左の長身)。 山形のレオナルドにイエロー。 ファウルをとってもらえず、副審(恩氏!)に詰め寄る高田(背番号9)と島田。
後半、山形の選手がオフサイドの判定直後、山形ベンチの前にいた副審が主審を呼び、何か一言。主審は山形ベンチの誰かに退席を命じました。無言で立ち去ったのはジャージ姿の南コーチ。オフサイドの判定に怒って暴言を吐いたらしいです。
岡野主審が山形ベンチの誰かに退席を命じた。オフサイドの判定に暴言を吐いたらしい。 退席処分は山形の南コーチらしい。

今日は山形に移籍した元川崎の選手が3人出場。
木村誠は右サイドバックで先発フル出場。攻守に献身的な働きをしました。動きや態度にも風格が感じられました。早くも主力として定着しているようですね。
木村誠。4バックの右SBとして献身的な働き。早くも主力としての貫禄もついていた。

後半から林晃平が途中出場。しかしゴール前で草津GK高木に激突、カードをもらってしまいました。
山形の林晃平と草津GK高木が激突。 この激突で晃平にイエロー。

晃平は更に、後半35分過ぎに右足を痛めて無念の交代。その交代で出てきたのが渡辺匠。この時点で山形は0-2と負けているのにFWからDF?匠をセンターバックに入れ、センターバックのレオナルドをFWに置くパワープレー。これが功を奏し、レオナルドがオフサイドをかいくぐって飛び出し1点返したのですが…。
林晃平、負傷交代。古傷を再発したとか…。 因みに晃平の代わりに入ったのは同じく元川崎の渡辺匠。

両チームともミスが目立ったものの、決定力の差というか守備の差が現れた形。前半に後藤涼が飛び出してGKとの1対1をかわしJ初ゴール。
終了間際には山形GK桜井のバックパス空振りを佐藤正美が奪ってダメ押し。
前半29分、後藤涼のJ初ゴールで草津先制。 草津、佐田が2点目。 山形GK桜井のバックパス処理ミスを佐藤正美(右上の背番号14。元横浜FC)が奪ってダメ押しの3点目。植木監督(左下)も万歳。呆然とする渡辺匠(背番号5)。
結局3-1でザスパ草津が今季ホーム初勝利。
山形は6節終了時点で未だ勝利なし。樋口靖洋監督の会見を見る限り、力不足で打つ手なしといった感じですか。先日解任された横浜FCの足達監督にどこかダブるものがあります。
ザスパ、最下位攻防戦を制す! ホーム初勝利で沸き返る、バックスタンドのザスパサポ。 山形は今日も完敗で未だ未勝利。サポーターは無言の抗議。
それにしても観客少ねぇなぁ…。J昇格で地元も関係者も燃え尽き症候群にでもなってしまったのでしょうか?加えて昨年の最下位で、半ば見放されつつあるような印象も。今日のような試合を続け、また地元の関心を取り戻してほしいもの。
しかし、観客少ねぇなぁ…。J昇格で地元も「燃え尽き症候群」にでもなってしまったのか?

競技場周辺。桜も満開。そういえば大宮サッカー場の桜は拡張工事で切られてしまうようですが…。
陸上競技場の隣にはサッカーラグビー場。ザスパも陸上競技場改修まではここを使っていました。今はホリコシいやアルテ高崎の試合で使われます。サッカーファンとしてはこちらをJ規格に改修した方がずっと良かったのに、と不満たらたらですが、数十億単位の金がかかることですし、まぁいろいろ大人の事情があるのでしょうね。
敷島公園も桜が見頃。 陸上競技場に隣接するサッカー・ラグビー場。観戦する立場としてはこちらの方がいいに決まっているが…。

スポンサーサイト
コメント
はじめまして!

昨日の敷島、私はB-Hに居たのですが
今年最初の「バカ騒ぎ」凄かったです。

あと「がぶ飲みヤクルト」
今度、買って見ます。
2006/04/02(日) 10:15 | URL | てつごろう@ヨタ日記 #Kt7m0/dE[ 編集]
てつごろうさん、はじめまして。
メインスタンドのM席から見ていました。
確かに大騒ぎでしたね。
サポーターも満足だったのではないでしょうか。
2006/04/02(日) 22:41 | URL | 児山尚喜 #HfMzn2gY[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。