Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/07«2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何だかイイ勝ち方でしたね 川崎F 3-1 大宮

川崎F 3-1 大宮 →J's GOAL 川崎Fのオフィシャル

肌寒く天気雨、という不安定な天候ながら、等々力はアウェー側を除いてほぼぎっしり。それでも11,149人止まり?
寒いこともあって、山田うどんの売り場には大行列。
会場内に特設された山田うどんのメニュー。
TV撮影中のふろん太とピーカブー この鮮やかなオーロラビジョンを見ていると、J開幕当時のヴェルディの恩恵を感じずにはいられない。 サポーターのカンパで作られた、バックスタンド1階を覆いつくす巨大な旗。
前半途中から川崎がほぼ一方的に攻め込んでいたにもかかわらず、箕輪や森勇介のヘッドがことごとくバーに嫌われるなど、0-0で折り返し。
川崎にとっては嫌な流れだったのだが。
ゴール前でボールを受けるジュニーニョ(右端)。 ゴール前のFKでボールの位置で小競り合いする両チーム。

しかし後半、マルクスFK→箕輪のヘッドが決まってからは、J2優勝の年を思い出すようなすっかり安心して見ていられる展開に。2点目となったジュニの飛び込むようなヘッドも鮮やか。
CKを蹴るマルクス。今日も先制点をアシスト。 ジュニーニョがヘッドで2点目。サポの前で喜ぶ。 圧倒的な攻撃の中、得点に絡めなかった我那覇。終了直前に鄭大世と交替。
負傷から復帰して右サイドでフル出場した森勇介は相変わらず絶好調。得点には絡まなかったものの、1対1の守備も攻撃での駆け上がりもキレていた。しかも相手のファウルにはキレないで冷静に受け流す余裕(笑)。昨年までとはすっかり別人だよ。
いまや中盤における貢献度は憲剛をも凌駕している。
ボールを奪い合う森勇介と大宮の土屋。Jを代表する壊し屋同士のバトル? 藤本主税の突破をブロックする森勇介。今日も攻守に絶好調。

同じく負傷から復帰した左サイドのマルコンも1アシスト。広島戦での西山の活躍に刺激されたか?
負傷から戻ったマルコン。大宮の奥野と競り合う。2点目をアシスト。 サポの子供たちの祝福を受ける箕輪。先制点で「あんたが大賞(MVP)」。

大宮は昨年までのしつこさというか、熟成されたフラットな陣形の守備の嫌らしさを感じなくなっていた。頼みの小林大悟も今日は沈黙。前節、横浜に勝ったのは単に相性の良さか?もともと守備で勝ってきたチームだけに、こういう形で破綻すると今後が非情に厳しい。

川崎の快勝ではあるが、相変わらず無失点で終われない守備の緩さは何とかしてほしい。今日も3点目の直後、藤本主税のループヘッドで一矢報われた。攻撃陣が沈黙した時、1点でも致命傷になるのがサッカー。

さすがに今日はJの試合が2試合しかなかったせいか、多くのスポーツ番組で試合内容までVTRで取り上げられていた。しかしこれだけ勝って3位キープでも、順位表で名を呼んでコメントしてもらえるのはレッズ、ガンバ、1チーム飛ばして鹿島、横浜、磐田。現・代表もいない地味なチームゆえ、マスコミ的には面白みがないのだろう。
川崎が本当に世間から注目されるには、それこそ優勝しかないのではないか、と思うようになってきた。

スポンサーサイト
コメント
随分日が経ってしまいましたが、しかも、すでに名古屋とのゲームも終わってますが、先日はトラックバックありがとうございました~
今日Jスポーツだかどこかで名古屋×川崎戦をやるらしいのでたのしみですよ。
2006/04/25(火) 22:04 | URL | shimano #VWFaYlLU[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大宮リスナチオ粉砕!!@等々力陸上競技場「VS 大宮アルディージャ戦」

 一般的には地味なカードでも当事者からすれば表立っての対抗意識は見せなくても絶対に負けたくない試合である事は間違い無い。
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。