Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/09«2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円楽さん「笑点」勇退

三遊亭円楽が「笑点」を降板。
現在司会を代行している桂歌丸がそのまま後任として正式に司会者となります。
また、病気療養中の林家こん平の代役として大喜利に出演中の林家たい平
正式なメンバーとなり、さらに新メンバーとして春風亭昇太が加わることに。
日刊 サンスポ スポニチ

やっぱり時代の流れですよね。
番組開始40周年を迎え、今なお20%前後の高視聴率を維持している人気番組。
現在の地上波では唯一の生き残りとも言える演芸番組。
しかし番組開始当初から出演しているメンバーが皆、高齢化。
円楽73歳、歌丸69歳、木久蔵68歳、こん平63歳…。
こん平、円楽が相次いで病に倒れ、変則的な状態で通算2000回、そして
40周年を迎えざるを得なかったのがその象徴でしょう。

歌さんの司会は安定していて、時には高圧的で三波伸介(前司会者・故人)を
彷彿させるところもあって面白いですが、
時事ネタを取り入れた渋い解答が見られなくなるのはちょっと残念。

歌丸の補充となる新メンバーは昇太かぁ。
BSの姉妹番組での実績と思われますが、
昇太のようにある程度の知名度がある人よりも、思い切って
無名の中堅どころを抜擢するくらいの英断が欲しかったです。

…これからも安定した人気を維持していくのはまず確実ですが、
それでも歌丸はじめ出演者の更なる高齢化は容赦なく進行していくわけで、
3年くらい後にメンバー総入れ替え的な番組改造を余儀なくされるだろう
と予感しています。

チャンラーン ももう聞けないのでしょうね。
こん平さんは私と同郷で、チャーザー村隣町なんだけどな…。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。