Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/07«2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本平初遠征~エスパルスタウンのパワーを見た

清水 1-0 C大阪 →J's GOAL

実はこれまで静岡県内のJリーグのスタジアム(日本平、磐田、エコパ)
に一度も行ったことがなかった。
たぶん私が住む神奈川から中途半端に近いということが災いしている
のであろう。
関東近郊のように昼頃思い立って気軽に行けるほどの距離でもなく、
かと言って九州とか東北みたいに計画的な「旅行」として行くほどの
重々しさもない。
同じような距離の小瀬には3~4回行っているが、
あちらは「あずさ」を使っても私の住むところからたっぷり3時間半は
かかる「旅行」なのだ。
当然、小瀬にはそれなりの心積もりを持って出掛けている(笑)。

で、そういう静岡のような“エアポケット”を解消すべく、
ゴールデンウィークを利用して遠征することにした。
ちょうど5連休の初日の今日、日本平でゲームがある。
大混雑なうえ割引きっぷも使えない新幹線を避け、鈍行を乗り継いで
清水へ降り立った。

清水市改め静岡市清水区。さすがにエスパルスタウン。
街の至る所にオレンジ色が。
アーケードにもエスパルス。 駅前ビルにも。 土産物屋にもエスパルス。
清水駅からシャトルバスで、久能山の中腹にある日本平スタジアムへ。
立地は不便だが、スタジアムの造りとそこからの富士山の眺めは最高。
日本平スタジアムは交通不便だが立派で見易い。 電光掲示板は三ッ沢や群馬県敷島陸と同じようなタイプ。 日本平スタジアムから望める富士山。港の向こうに、まるで空に浮かんで見える。
この日はゴールデンウィーク&快晴&JのファミリーJOINデーということで、
今年最高の18,241人という観客で埋まった。

試合前から終了後まで、アトラクションが盛りだくさん。
サポを楽しませようとする意識の高さは川崎以上だろう。
パルちゃんのパフォーマンス。 川崎もフロンタールズを毎週出せるといいんだけどな。 練習前、選ばれたサポが選手と一緒に記念撮影。これいいね。
清水は先週、得意の川崎戦で引き分けに持ち込んだ粘りを目の当たりにした。
統制のとれたサポーターともども、ホームでの盛り上がりを見てみたい。
相手のセレッソは最下位争いのどん底。
監督が替わり、生まれ変わったのか?違った意味で興味がある。

試合は終始清水のペース。中盤を支配し、再三ゴール前に攻め立てるが、
セレッソの堅い守りにゴールを割ることができない。
対するセレッソは、西澤が中盤まで下がってボールをキープするも、
柿本、森島、徳重を中心とした他の攻撃陣が機能せず、西澤が孤立状態。

話はややずれるが、この西澤明訓(地元出身)のキープ力と
柔らかく軽いボールさばきは、両チームの中で際立っていた。
西澤ファンではないが、日本代表に復帰させてもいいのではないかと
さえ思った。但しFWではなくトップ下として。
地元(清水東)出身のC大阪・西澤。攻撃で孤軍奮闘するも得点できず。 ボールキープするマルキーニョス。後半、オーバーヘッドキックで決勝点。右は森島。

後半15分、セレッソの下村がCKの判定に激怒してボールを看板に強く蹴って
ぶつけ、この日2枚目の警告で退場。これで流れが決定的なものに。
後半26分、マルキーニョスのオーバーヘッドが見事に決まって清水先制。
これが決勝点となった。
後半15分、下村がCKの判定に激怒してボールを看板にぶつけ、2枚目の警告で退場。 マルキーニョスの得点に、ファウルを主張して猛抗議するセレッソの選手。 徳重out、古橋in。元JFL所属同士の交替。
結局清水が1-0で悠々逃げ切った。花火がドンドンドンと上がり、
ゴール裏は大きなフラッグが広げられ、公式応援歌「王者の旗」を合唱。
エスパルスここにありと言わんばかりに勝利の儀式は30分以上も続いた。
今季最多の観客の前で何とか勝利。満員のゴール裏の盛り上がりは凄い。 勝利の花火も上がる。

もともとエスパルスは他のクラブのような親会社というか元となる企業
を持たない「市民クラブ」としてスタートした。
それゆえに経営不振に陥ったこともあったが、
クラブと地元が互いに支え合い、地域の象徴としての地位を築いてきた。
地域密着を旨としたJリーグの精神を最も具現化しているクラブの一つ、
と言って差し支えないだろう。今日の遠征でその思いを強くした。

帰りの新幹線は、行楽ラッシュと逆方向なのでガラガラだった。
スポンサーサイト
コメント
お久しぶりです~!!!児山さんじゃあないですかっ!
綺麗なブログですね!また訪問させて頂きます!
先日のあなきんぶろぐも作ったので見ていって下さいな!
2006/05/04(木) 06:53 | URL | ゆん太(優海美) #avedNNBc[ 編集]
私は日本平でいちばん多く試合を見ています。
まぁ、エスパルスサポーターなので当然なんですが、小田原の近くにいたことも理由の1つか。
いまはなかなか行けませんけど。
神奈川西部<>清水だと時間さえあえば、特急東海のほうが移動が楽だったりしますね。
2006/05/04(木) 10:42 | URL | さとぼう #-[ 編集]
おぉ、優海美さん、ご無沙汰しています。
HP時々拝見させてもらっています。
またライブでお会いしましょう。

>さとぼうさん
エスパルスのサポでしたか。
関東近辺在住で、この日初めて日本平に来れたという
サポの方もかなりいたようです。

行きは東海も考えたのですが、時間が合わず、
しかも連休初日の下りで大混雑必至ですし…断念しました。
2006/05/04(木) 11:33 | URL | 児山尚喜 #HfMzn2gY[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。