Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/05«2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルトラマン・科学特捜隊の個性的な面々

東京MXテレビでは、今ウルトラマンを再放送しています。
TBSで最初に放映されたのが1966(昭和41)年7月ですから、もう40年近く前の特撮モノですね。
当時の最高の技術を駆使した精巧なセット、ウルトラマンと怪獣の迫力ある戦いのシーン。
しかしそれ以上に興味をひかれたのは出演者、というより科学特捜隊のメンバーの個性的な顔ぶれです。
主人公のハヤタ隊員こと黒部進(吉本多香美の父。すっかり頭が真っ白になってしまったね)、
隊長役でのちに仮面ライダーの「おやじさん」としても名を馳せる小林昭二(故人)、
意外にも真面目そうなキャラのアラシ隊員こと毒蝮三太夫(本名の石井伊吉の名で出演。次のウルトラセブンにもフルハシ隊員として連続出演)、
お調子者のイデ隊員こと二瓶正也(10年くらい前、日テレ土曜朝のヤング向け番組「うるとら7:00(セブン・オ・クロック)」で料理のコーナーに出演していて、調理用のワインを突然飲んだりして暴走気味のキャラを演じていたのが妙に印象に残っている)、
紅一点のフジ隊員こと桜井浩子(前作のウルトラQにも出ていたんだね。現在も円谷プロ所属で現役。公式ページのプロフィールを見たら、さすがに寄る年波は隠せぬ…。当然ながら出演作品はほとんどがウルトラマンシリーズ絡み)。
いずれも主役級とか超大物というほどではありませんが、味のある名優揃いではないかと思っています。たぶん今の若い人はこの人たちをほとんど知らないでしょうね。せいぜいお年寄りを「ババア」よばわりしていじる毒蝮さんくらいか。
かく言う私もさすがに年齢的にオンタイムでは見るのは無理で、後年に再放送で見た立場ではあるのですが。でもこの人たち、ホントに若くて懐かしくて(笑)。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。