Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/10«2017/11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中田英寿 現役引退

帰宅していつものようにPCを開いたら…
えーーーーーーーーーーーっ???

しかしまさか、まだ30歳前の若さで現役引退とは。
同じくW杯後に現役引退を表明しているフランス代表のジダン34歳
日本の象徴的存在であった三浦カズ、ゴン中山はいずれも39歳でまだ現役である。
W杯ドイツ大会での日本代表が不本意な結果に終わっただけに、
次の2010年南アフリカ大会でも牽引役として期待する声が大きい。
しかしそれを振り切るような突然の引退発表である。

ちょうど報道ステーションで中田のインタビュー映像が流れていた。曰く、
みんなの期待に100%応えられてこそプロだと思う。そういったこと(=100%応えられなくなったと感じたこと)が、今回の決断の要因の一つ

中田が将来は実業家を目指し、一時期会計士などの勉強をしていたこと、
現役引退後はサッカー界から離れる意志があることは、
しばしばメディアで取り上げられてきた。
今の時点での引退はさすがに予想外であったが、上記のインタビューの
内容と合わせて考えると、いかにもヒデらしい引き際というべきなのかもしれない。
プロとして満足ゆくプレーができなくなったと感じたら潔く身を引く、と。

日本人選手として欧州において最も成功し、
日本選手の海外移籍のパイオニア的な存在となった中田。
しかしここ数年は満足な活躍ができずに所属チームでも控えに回る
ことが多く、海外メディアにもしばしば酷評されるようになった。
そんな中で、今回のW杯ドイツ大会は現役生活の総括として
期するものがあったに違いない。

W杯ブラジル戦終了後、あのクールな中田がしばらくの間、
芝生にあおむけになったまま動けなかったのは、悔しさか?
それとも燃え尽きた充実感だったのか?
日本が初出場した1998年フランス大会、2002年日韓大会、
そして2006年ドイツ大会の3大会に亘り、
日本が戦ったW杯計10試合にただ1人、全試合出場した中田。

日本サッカー界の至宝がこの若さでの引退。非常に惜しいが、
これからも何らかの形で日本のサッカーに関わる活動を続けてくれる
ことを願う。

中田引退特集(Yahoo!スポーツ)

↓続き
折りしも今日、中田が執行役員を勤める東ハト
山崎製パンにより買収されることが発表された。
東ハトは、中田がかつて所属したベルマーレ平塚のユニフォームスポンサー
だった時期があり、山崎製パンはJリーグヤマザキナビスコカップ
の冠スポンサーとしておなじみである。

執行役員としての中田は、その経営感覚を社会に生かし、
サッカー選手の地位向上に貢献してきた。
こういう仕事はぜひこれからも続けて欲しい。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。