Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/05«2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昼はファン感、夜はマルクス(昼ver.)

じっとしていても汗が吹き出てくる蒸し暑い土曜。
今日は昼間、川崎フロンターレファン感謝デーに行き、
夜は国立でJ2の東京V-鳥栖戦を観戦するという、
楽しくも過酷なダブルヘッダー。

ファン感の会場は川崎競輪場。路線バスなら川崎駅から5分ほど、
歩いてもまっすぐ歩いて15分足らずだが、この日は
フロンターレのラッピングバスを使った無料シャトルバスが出る
大サービス。
場内には様々なアトラクションや屋台が設けられている。
TBS「スーパーサッカー」のバナナFKのコーナーや、
消防署のはしご車体験なんていうのも。

昨年から本拠地を中原区に移した、バレーボールVリーグ女子の
NECレッドロケッツのコーナーも。
私がこんなこと言うのも何だが、女子のバレーボール選手たちは
近くで見ると本当に大きい。背が高いのは勿論だが、
腕や太ももが非常に発達していて、パンパンに張っている。
男性のような筋骨隆々の外観とは違うが、ラガーマンに近い充実度。
これが鍛え上げたアスリートの体格なのか、と感心した。

TBS「スーパーサッカー」のバナナFKのコーナーも。 「鄭大世のお母さんの韓国料理」屋台で人気があった、牛すじの韓国風煮込み。 フロンタールズ。
特設ステージでフロンタールズのパフォーマンスの後、
全選手とコーチがステージ上に集結し、競輪場ということからか、
関塚監督が競輪のヘルメットをかぶり自転車で登場。
監督の挨拶に続き、鄭大世が噛みながらの挨拶。
元祖マイクパフォーマンスの岡山がすっかり柏の顔となってしまった
感がある今、その後継者はテセということになろうか。

その後はボケチーム(我那覇、テセ、谷口、都倉)と
ツッコミチーム(憲剛、佐原、飛騨、井川)による歌やゲームの対抗戦。
4人での歌合戦対決で、ボケチームの番になり、…このイントロは?
♪あっぱれあっぱれ キスしてGATO
…これはモー娘のGo Girl"恋のヴィクトリー"ではないか。
見事な選曲だ(笑)。
特設ステージ上に勢揃いした選手&スタッフ。関塚監督は自転車に乗って登場。 レイザーラモンHGに扮して「ヤングマン」を歌う鄭大世。岡山の後継者は彼に決まり? 箱の中身は武田社長…悩む谷口、司会は中西哲生。

その他の選手や監督は各アトラクションや屋台に分散。
ほとんどの所でサインをもらうための長蛇の列。
私は国立へ向かうため早めに競輪場を後にした。

アトラクションでサインする関塚監督。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。