Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/05«2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッズサポの立場になって書いてみる 川崎F 0-2 浦和

川崎F 0-2 浦和J's GOAL

いやー、今日の勝ちはうれしいね。
オシムの前で(田中)達也が復活のゴールだもんな。代表へ最高のアピールになったね。
あの流れるような速いパスワークもレッズ本来の姿だし。(DFの)闘莉王があれだけ前に出てラストパスを出すのも相手にとっては意外じゃなかったかな。闘莉王が前に出るのはいつものことだけど(笑)。

川崎を完封したのも自信になったと思うよ。
みんなよく動いて、徹底的にプレスをかけて、スペースを消して、きっちり守りきることができた。
暢久が退場させられたもんだから、ゴール前を固めて耐えて守るしかなかったんだけど、全員の意思統一がしっかりしていたから防ぐことができたんだと思う。前節の新潟戦で同じような形で守りきられて負けたことも、今日のプレーに生きていたんじゃないかな。坪井、闘莉王の存在は大きいな、って今日改めて感じたよ。
きっちり守ってあっという間のカウンターで永井の2点目。あの素早さ、スカッとしたよ。

川崎の攻撃は凄いというけど、今日はそんなに怖くなかったな。
ゴール前でボール回してはいても何をしたいんだか良く分からなかったし、遠目からのシュートの精度も悪いし、ちょっと強めにプレスをかけたら簡単にボールを奪えたし。
3トップにしたりして枚数を増やしても、ただそこに立っているだけ、みたいな奴もいたよ。
川崎はがっちり守ってカウンターを仕掛け、少ない枚数でゴールを奪うのが勝ちパターンだけど、引いて守られたときの攻撃手段が思ったより乏しいみたいだね。
新しい17番(松下)のポスト直撃のシュートだけはヒヤリとしたけどさ。
我那覇もジュニーニョもカウンターでこそ生きるタイプじゃないかな。それに試合を作るマルクスがいなくなったのもうちにとってラッキーだったかもね。
谷口っていう若いボランチが鹿島戦ですごかったらしいので注意してみてたけど、あれならうちの長谷部や啓太の方が全然いいよ。

でもさ、(柏原)ジョージのジャッジ、めちゃくちゃだったね。ロスタイムの表示もなかなか出なかったし。興奮すると我を忘れる性格なのかな。
勝ったからあまり文句言えないけど、(山田)暢久の退場は納得できないな。あれ位のタックルにあの抗議、海外じゃ普通だろ。
その償いかどうか知らないけど、後半はずっとうちに有利な判定をしてくれたから助かったよ(笑)。コーナーだと思ったのをゴールキックと判定してくれたり。永井の2点目もオフサイドくさいのを見逃してくれたり。
その2点の前にアレックスが17番からボールを奪ったのもファウルじゃなくてインターセプトって判定だったけど、あれは当然だよな。向こうは倒れてたけど、ボールにいってんだからさ。川崎の選手がみんなファウルだと思って足止めて手を挙げてたけど、審判が笛を吹くまでプレーを止めないなんて基本中の基本だよ。

あとさ、川崎、後半は汚ねえタックルが多かったよな。点が取れなくてよっぽど焦ってたんだろうな。演技で寝てるんだろとか文句言ってるサポもいたみたいだけど、その前に自分たちの選手の汚さを怒れよ(笑)。
まあ、倒されてなかなか立たないのも、ゴールキックをゆっくり蹴るのも、勝っているときは当然のプレーだよな。それをいまさら汚いとか言われてもね(苦笑)。
山岸が遅延行為でカードもらっちゃったのはご愛嬌かな(笑)。

ともかくワシントン、ポンテ抜きで首位に勝てたことはうちにとってすごく大きいよ。前節で負けてるし、川崎にはナビスコ杯でも負けてるし、うちの方が勝ちたい気持ちが強かったってことだよ。
川崎はずっと首位でしかも鹿島に勝って、マスコミにも注目されて、今日はオシムにも見られて、舞い上がってたのかもしれないね。こんな経験、今まであまりないだろうから気の毒な部分もあるけどさ(笑)。

今日もアウェーとはいえスタンドの半分近くが赤だったし。やっぱりレッズのサポーターはどこ行っても雰囲気をホームにしちゃうんだな。
余計なお世話かもしれないけど川崎のサポーター、ちょっと優しすぎるんじゃないかな。あんな負け方してもブーイングしないで「フロンターレ!」とか温かいコールしているようじゃ。うちならきっと生きた心地がしないよ(笑)。

きれいに赤青に分かれた等々力のバックスタンド。23,005人の満員。
スポンサーサイト
コメント
TBありがとうございます。
どの立場にたっても、それほど大差ない印象のゲームだったと思います。
2006/07/23(日) 21:41 | URL | あおぐみ #-[ 編集]
あおぐみさん、コメントありがとうございます。
そうですね。川崎の試合運びは今季最低と言ってもいいと思いました。
2006/07/23(日) 22:59 | URL | 児山尚喜 #HfMzn2gY[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。