Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/06«2017/07 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こばら減ってシウマイ食えず 横浜FC 2-1 山形

横浜FC 2-1 山形 →J's GOAL

ホントに今季は横浜FCのゲームを見る機会が多い。
6月から7月にかけては3週連続観戦もあった。
J1・J2合わせて13試合が行われた今日、暑さと帰りの交通を考えて
またも家から比較的近くて空いている(笑)三ッ沢を選んだ。
こうなると、もはや巡り合わせではなく確信犯っぽい。

それにしても暑い…この日の横浜は最高気温33.9℃。
しかし夕方になると涼しい浜風も吹いてきた。

内容的にはほぼ互角で、攻守が頻繁に入れ替わり、
見ていて意外に面白いゲームであった。
試合を決めたのは決定力の差か。
城→アレモンのホットラインが見事に決まって2点のリード。
新加入の右サイド・崔成勇が柔らかいボールさばきで何度も
チャンスを作っていたのが印象的だった。

後半になると山形の攻撃が機能するようになり優位に。
レアンドロにうまくラストパスがつながって1点返したが、
その直後に小原がアレモンを倒し、2枚目の警告で退場。
このまま横浜FCが逃げ切り、柏に次ぐ2位をキープした。

この日のレフェリーはハッスル小川直仁。この人もJ2では名物審判との
評判が高く、今日も期待(悪い意味での)に違わぬハッスルジャッジ。
ラインを出たボールがどっちのボールかを間違えたのは1度や2度ではない。
プレーの監視に夢中で、怪我を治療していた選手をずっとピッチに
戻さなかったり。
退場させられた小原が激怒してコーチに止められたり、
ライン際にずっと立っていた山形の樋口監督も判定に何度も激怒して
再三注意を受けたのがその象徴であろうか。

悲願のJ1昇格に向けて好調が続く横浜FCだが、観客が4000人台と
いうのはやはり物足りない。カズも人気の起爆剤にはならず、
それどころかアレモンの加入でカズ自身の出場機会が激減。
娯楽の多い首都圏の中でも観光資源がとりわけ豊富で、
プロ野球球団もJ1のクラブもある横浜。
そんな条件の中で地域密着及び安定した経営を追求していくのは
非常に大変であるが、今後J1で戦うことを目標に据えている以上、
知名度UPに向けて一歩進んだ方策が望まれる。

アレモン、前半だけで2点。だが後半は仕事をさせてもらえずカードをもらう場面も。 後半29分、山形DF小原が2枚目のイエローで退場。反撃ムードに水。
三ッ沢の観衆は4,116人。バックスタンドに大きな空席。J1を狙うクラブとしてはあまりに寂しい。 山形の樋口監督はずっとライン際に立ったまま大声、大きなゼスチャーで指示。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[横浜FC]J2第34節 対モンテディオ山形

横浜FCはホーム三ツ沢で、キャプテンうの字が率いるモンテディオ山形と戦い、前半にアレモンが2得点を挙げ、後半一人少ない山形の猛攻を何とか1失点でしのいで勝利。2位の座を守りました。 横浜FC 2(2-0)1 山形 19:04キックオフ 横浜市三ツ沢公園球技場 入場者数:4,116人
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。