Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/06«2017/07 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麺屋大斗 大門店

ライブの帰りに寄ったのが「麺屋大斗」大門店。
浜松町駅北口から大門駅入口を過ぎて、芝増上寺方面へ向かう途中で
信号を左折した所にあります。浜松町駅北口から徒歩5分くらい。

池袋大勝軒の流れを組んでいると分かるメニュー。
大きく分けて「中華そば」と「もりそば」(=つけ麺)の2種類で、
麺の量で「並盛」「中盛」「大盛」、トッピングを豪華にした「特製」があります。
券売機で「特製中華そば中盛」の食券を購入。

出てきた中華そばも、まさしく大勝軒系統のそれ。
魚の風味が強い醤油味のスープ。食べ応えある自家製の太麺。
量が多いのも大勝軒の伝統で、中盛と言いつつも他の店の“大盛”を
はるかに凌ぐボリュームです。大盛ってどれくらいの量なんだろ?
「特製」を構成するトッピングは、チャーシュー3枚、半熟煮玉子、のり、
なると、そしてこの野菜高値のご時世に白ネギとメンマがたっぷり。
とにかく凄い量に圧倒され、ラーメン大好きの私でさえ満腹に。
味わっている暇などありません(笑)。
明らかに働き盛りの男性向けの店ですが、隣にいた女の子2人組は
これまたボリュームある「もりそば」をペロリと平らげていました。

この麺屋大斗は神田駅近くにも店があります。

麺屋大斗(大門店)の特製中華そば中盛(880円)。すごいボリューム。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。