Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/10«2017/11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラーメン激戦区にまた新規オープン 神田錦町「海宝」

神田錦町。東京電機大学を擁し、神保町にも隣接するこの地域は
知る人ぞ知るラーメン激戦区である。
ほん田、由丸、暖暮、きび、龍岡、山頭火など
有名無名含め様々なラーメン屋がひしめき合うこの区域に、
去る9月1日に新規オープンしたのが「海宝」。

券売機で食券を買う。メニューは「らーめん」と「つけ麺」が基本。
餃子等のサイドメニューはなく、あくまでラーメンで勝負という姿勢。
今日選んだのは「特製らーめん」(850円)。

出てきたラーメンは見るからに豪華なトッピング。
海苔4枚、チャーシュー4枚、ネギ、小松菜、メンマ、半熟味玉。
スープはあっさりしていて、醤油というより塩ラーメンに近い味わい。
尾道ラーメンのように背脂が浮いていて、コクを出そうとしている。
麺はあっさりしたスープに合わせたような極細の縮れ麺。

最近の主流である豚骨醤油や魚介系ダブルスープとは対照的な味わいで、
児山的には好きな味である。味玉もチャーシューもいい感じ。
ただしスープがあっさりしているだけに、
最近の濃厚なラーメンと比べるとどうしてもインパクトに欠ける。
この激戦区を勝ち残るには今一歩の工夫が要るのではないか。
味ばかりでなく、値段とかトッピングとかサービスとか、
他店にないものを研究していって欲しい。

ラーメンにはライスが無料でつく。カウンター備付の辛子高菜をのせて
ラーメンのトッピングをおかずにして食べると、満足感充分。

9月にオープンしたばかりの神田錦町「海宝」の特製らーめん。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。