Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/09«2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試練の船出 神保町「けっぱれ」

今月1日に神保町にオープンしたばかりの、青森から進出したラーメン屋
けっぱれ」へ行った。

10月中旬、準備工事中の店の前を通ったら、スタッフの一人と思われる
女性が東北なまりで「ぜひきてください」と名刺をくれたこともあり、
最近の私としては珍しく開店を楽しみにしていた。

オープン当初はラーメンマニアで大行列ができたというが、
スタッフの不慣れで混乱し、ラーメンが出てくるまで1時間かかったとか
味も思ったほどではなかったとか、ネット上の評価は芳しくない
自称評論家のたぶんヤラセと思われる絶賛記事もあるが(笑))。

で、今日夕方入ってみると…店内は空いていた。
この店ではラーメンを(とん)そばと呼ぶ。
豚そば「コク醤油」+チャーシュー+半熟煮玉子(680円+100円+100円)、
そして、食べ放題をうたうごはん(100円)を注文。
男性の店員は東北なまり丸出しだが、愛想はいまいち。

出てきた豚そばはスープの表面が背脂で覆われている。
豚骨背脂醤油味。横浜家系に近い味か。
だが背脂で表面を封じているにもかかわらず、スープがぬるい。
背脂自体も冷たい。
麺は中細縮れ麺。家系とは違う、中華そばらしい麺。
トッピングのチャーシューと半熟煮玉子は柔らかくていい感じ。
他にネギ、メンマ。
ラーメン全体として…スープがぬるい時点で論外だが、
仮にこれが熱々で絶妙な出来だったとしても、
家系のこってりに慣れた東京人に衝撃を与えるだけのインパクトと
新しさがあるかどうか?ないでしょ。
スープは他に塩、カレー味噌など計5種類あるようだが、
いろいろな種類を出しすぎて青森らしさが全然見えてこないのも欠点か。

いろいろな種類といえば、つまみなどサイドメニューも多すぎ。
ラーメンがだめでも居酒屋としてやっていければ、という
甘い考えが出過ぎている。神保町で飲む奴なんてそうはいない。

ところで、ごはんが出てこない。
もうラーメンをあらかた食べてしまっていたので、店員を呼んで
ごはんと書かれた伝票を見せ、注文を取り消してもらう。
店員はタイミングの悪い返事をしただけで謝罪の言葉なし。

近くの席で、だいぶ前に客が帰ったにもかかわらず、
食べ終わった丼や箸が片付けられず置かれたままであることに気付いた。
帰る間際、同じ店員に注意したら
うちは注文した物を出す方が優先ですから
何が言いたいのか良く分からないが、
たぶん忙しい時の店内部での申し合わせなのだろう。
後片付けより、できた料理を出す方が自分たちの仕事として優先、
とでも言いたかったのでは。
但し、この時は店が比較的空いていたので言い訳になっていない。

注文を忘れる、謝らない、開き直って言い訳する
残念ながら接客業としては致命的ともいえる行為のオンパレードだよな。

数年前、山形駅で遭遇したある出来事から、
普段のんびりしているところへ予想外の事態やトラブルに遭遇すると
逆ギレするのが(一部の)山形の人の特徴ではないか、
と思ったことがある。
青森の人たちも同じなのかもしれないね。
開店の忙しさと不慣れに加え、次々と襲ってくる、
味にうるさくてクレームの多い東京のラーメンマニア(笑)。
こりゃ逆ギレしたくもなるだろうな…。

総評として「けっぱれ」は…
すぐにでも、味とメニューと店員の接客教育を大幅に見直さない限り、
1年いや半年以内に潰れるだろう、というのが今日の感想。

神保町に今月オープンした青森発の「けっぱれ」。うーん…。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。