Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/09«2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5-0でも1-0でも同じ? 甲府0-5福岡

26日、味スタのFC東京-川崎戦ではなく、小瀬の甲府-福岡戦に行ってきました。
JFL時代からの因縁のカードである「東京ガス-富士通」戦も捨てがたいのですが、J1昇格を賭けた2位3位争いとして注目される小瀬の方が魅力的だったのです。結果的には23日に昇格を決めた福岡にとって消化試合になってしまいましたが。

小瀬スポーツ公園は過去何度も訪れていますが、広くてのどかです。ジョギングやら家族連れやらで人多すぎの駒沢オリンピック公園とは雲泥の差。
小瀬スポーツ公園の入口に停車中のシャトルバス。さすがに目立つね。 小瀬スポーツ公園はとにかく広い。休日に家族連れで散歩するのに最高。

3位争い+今季ホーム最終戦ということで、1万人を超える観客が集まりました。スタンドはアウェー側ゴール裏を除きほぼ満員。それにしてもすごい人、そしてピッチにはすごい数のスポンサー広告看板。経営危機を乗り越えて、地元に愛され昇格争いにも加わるチームに成長したヴァンフォーレ甲府。Jが描く地域密着の理想に近い姿がここにもあります。
3位争い+今季ホーム最終戦ということで会場前は開門前から長蛇の列 観客10187人。ヴァンフォーレはかつての経営危機を克服し、地元から愛されるクラブに成長した。
小瀬スポーツ公園陸上競技場。遠くに山々が望め、開放感は山形と双璧か。真夏の暑さも双璧。 バックスタンド増築中。完成後はキャパが13000→17000人に。 電光掲示板。いつかはオーロラビジョンが欲しいよね。
甲府サポ。定位置は川崎と同じくバックスタンドホーム側、コーナーが一番近い所。それにしてもすごい数の広告看板。 福岡側ゴール裏。23日に昇格を決めて消化試合になったこともあってかサポは少なめ。

3日前に福岡が2位となりJ1復帰を決めましたが、甲府は初の入替戦となる3位が懸かっています。モチベーションの違いは明らかなはずでしたが…。
サポの大声援を背に必勝を誓うイレブンだったが…

ここまで一方的になるとは思いませんでしたね。甲府は負けられないというプレッシャーでガチガチ。守備も攻撃も…。
対照的にリラックスして面白いように決定機を作ってはやすやす決める福岡。外国人を2枚欠いても無問題でした。松下の弾丸ミドル2発はJリーグ離れした凄さ。
昨年、川崎がJ1昇格が決めた後の西京極での京都戦を思い出しました(京都2-6川崎)。神戸や東京Vの降格が決まった試合といい、首位陥落したガンバといい、Jではプレッシャーは致命的なマイナス要素なのだな、と思い知らされたものです。
結果的に仙台もお付き合いして敗れてくれたため、3位争いは勝点1差のまま最終節に持ち越し。
あっという間の先制点… 後半、藤田のCKから得点を狙うもバレー(背番号16)のヘッドは外れる

福岡で活躍する川崎OB。
アレックスは不動の左サイド。攻守にわたるキーマンとして仕事をこなし、すっかりチームの顔となっていました。
岡山はなんとFWで先発出場。しかし大量点に喜ぶイレブンを尻目に、得点に絡めぬまま後半21分に交代。空中戦でも競り負けるシーンが目立ちました。ゴール裏からも岡山への声援はあまり聞こえてきませんでした。先日、サポにキレた事件がまだ尾を引いているのでしょうか。帰りのバスで福岡サポが岡山とサポとのギクシャクした関係を話しているのが耳に入り、何ともやりきれない気持ちになったものです。
やはりオカは川崎に戻ってくるべき選手です。あの身体能力と明るさ(含む・マイクパフォーマンス(!))を発揮できるのは、川崎フロンターレしかないでしょう。関塚監督の構想に入っているかどうか?期待薄ですが…。
福岡のアレックス(背番号3)がパスカット。川崎ではFWだったが、すっかり左SBとしてアビスパの顔になっていた。 FWとして先発した岡山だが後半21分に交代。不満げな表情。

試合後、ホーム最終戦ということで全選手がピッチに登場し、社長と大木監督による挨拶、そして仲田建二選手の引退セレモニー。
社長が「幸運にも仙台が負けてくれたため、3位になる可能性がまだあります。5-0で負けるのも1-0で負けるのも同じであります」と言ったことに、甲府サポから大ブーイング。ラッキーと思って本音が口に出たのでしょうが不用意でしたね(苦笑)。やっぱり勝たなければ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。