Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/06«2017/07 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐川大阪有終、ロッソJお預け

第8回日本フットボールリーグ最終節
佐川急便大阪SC 1-0 ロッソ熊本
日本フットボールリーグオフィシャルサイト

Jリーグ今季最終戦が終了した翌日、Jの下に位置する
日本フットボールリーグ(JFL)も最終戦を迎えた。
昨日のセレッソ-川崎戦を観戦後、そのまま大阪に滞在し、
鶴見緑地公園球技場で行われたJFL最終節の
佐川急便大阪SC-ロッソ熊本を観戦した。

昨日とはうって変わって、清々しい青空。
広々した鶴見緑地公園。遠くには山々。
大阪市街からも適度な距離で、休日にのんびりするには絶好の場所。

鶴見緑地公園球技場。スタンドとピッチが近くて見やすい。遠くの山がいい感じ。

アマチュアの佐川急便大阪SC。プロチームのロッソ熊本
佐川大阪は来季から、同じJFLの佐川急便東京SCと合併し、
新たなチームとして再発足することが決まっているため、
この試合が佐川大阪として最後の公式戦となる。

一方のロッソは原則2位以内に入れば来季のJ2昇格が確実視されて
いたが、終盤にきて調子を落とし、現在4位と昇格が非常に苦しい。
既に2位の可能性はなく、この試合に勝ってあわよくば3位に食い込み、
J理事会での寛大な決定に望みをつなぎたいところ。
両チームにとって重要な最終戦ということになる。

佐川大阪にはスタジアムDJの女の子がいる。来年以降どうなるのかな? 奇跡の昇格決定を信じて駆けつけたロッソサポ。

佐川大阪が終始優位に試合を進め、前半20分、クリアボールを
MF中野隆治がボレー気味のシュート。これが鮮やかに決まり先制。
結局これが決勝点となって、佐川大阪が有終の美を飾った。
中野は今日の試合を最後に引退が決まっており、思い出に残る
決勝ゴールとなった。
佐川大阪はチーム史上最高のJFL3位でチームの歴史を終えることに。
なお佐川東京は2位で全日程を終え、来季は2位と3位が結合した
強力な佐川急便のチームが誕生することになる。本拠地は滋賀県守山市。

佐川大阪の中野がシュートを放つが止められる。 前半20分、今日で引退する中野が先制ゴール。これが決勝点に。 この試合を最後に佐川東京との合併で消滅する佐川大阪。最終戦を勝利で飾った選手は記念撮影。
嗚呼、ロッソ…先日観戦したジェフクラブ戦に続く完敗。
元Jリーガーを揃えたのはいいが、中盤でのパスとか連係が全然なく、
ロングボールと個人技にすべてを賭けてきたチームに見えた。
個々の力だけで突破できるほどJFLは甘くなかった、ということになる。
試合終了直後、ロッソの選手は皆ピッチに倒れ込んだ。
かつて川崎FのJ1昇格に貢献した森川拓巳は、仰向けに倒れたまま
しばらく起き上がれなかった。

今日の敗戦によって5位でシーズンを終えたロッソ。
翌日のJリーグ臨時理事会でJ2昇格見送りが決まった。
サッカー関係の某サイトでは、Jクラブ増加を願って特例昇格を望んで
いた一部の自称ファンによる恨み節が渦巻いているようだが…
やっぱりこの成績じゃ無理だよ。
近年の昇格組である草津、徳島などがJ2下位で苦戦しているのを
見ると、それなりの実力が不可欠であることを改めて実感する。

かつて前身のアルエット熊本がJFLから1年で九州リーグに降格した
時に次ぐ試練。私はあの時の降格が決まった試合も見ていた。
悔し涙に暮れる選手。JFLへの復帰を誓い、叫び続けたサポ。
本当にあれからよくここまで盛り返してきたものだ。
何の縁もないが、地元の盛り上がりや厚い支援に感謝の気持ちを感じた。
今季の苦い経験が来年への巻き返し、ぶっちぎりでの優勝につながる
ことを信じたい。

試合終了。1点が遠かったロッソ。選手はピッチに倒れこむ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。