Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/05«2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成人式はお祭りか

毎年ニュースになる、成人式で暴れる新成人。
講演する大人に野次を飛ばす、クラッカーを鳴らす、道を占拠する、
ステージに乱入する、備品を壊す、歌い踊り騒ぐ、人を殴る蹴る…。

毎年成人式が荒れることで知られる沖縄。
先日TVで、そんな沖縄の新成人を密着取材していた。
彼らは「成人式はお祭り」と言う。金髪に派手な金色の羽織袴姿。
那覇のメインストリートを占拠して飲んで騒いで喧嘩。
当然警察と小競り合いになり、連行された奴もいた。

新成人が暴れるのは、若者の社会に対する不満の表れであり
希望を持てる社会を作れない大人の責任だ、などという
自己反省的な論評が新聞に載ったりする。
しかし最近思うのだが、社会情勢が右肩上がりの成長を続けていて
希望に満ちた日本でありさえすれば、
成人式で暴れる奴らはホントに減るのだろうか?

結局は、例え悪いことでも目立てば満足、暴れて大人を困らせたい、
マスコミに取り上げられて全国に報道されれば大成功、
という彼らなりの示威行為に他ならないんじゃないの?
たとえ逮捕されたとしても、彼らにしてみれば後々まで自慢して
笑い話にできそうな武勇伝であり勲章なのだ。
暴走族、あるいは「ピンポンダッシュ」と発想は変わらないだろう。

これは不況とか不満とか希望ある社会なんかとは関係ない。
あるとすれば、甘え。精神の幼さ。耐久力のなさ。周囲への思いやり。
そういう幼い“新成人”を育てたのは、
衣食住足りて叱り方を知らない、無責任で権利意識ばかり強い親。
そのバカ親に怯え、及び腰になって権威を失った学校と教師。

石原伸太郎じゃないが、日本の古き良き精神を見直す時期に
来ているのではないか。軍隊みたいになれとは言わんが。

いかにも偉そうな来賓のおじさんが自慢話とかうざったい訓示を
長々と垂れる、形式ばった成人式も今の時代はアレだけどね…。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。