Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/07«2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこも厳しいね ~サッカーW杯1次リーグ~

サッカーFIFAワールドカップ2006年ドイツ大会の1次予選組み合わせが日本時間の今朝、決まりました。

【A組】 ドイツ、コスタリカ、ポーランド、エクアドル
【B組】 イングランド、パラグアイ、トリニダード・トバゴ、スウェーデン
【C組】 アルゼンチン、コートジボワール、セルビア・モンテネグロ、オランダ
【D組】 メキシコ、イラン、アンゴラ、ポルトガル
【E組】 イタリア、ガーナ、米国、チェコ
【F組】 ブラジル、クロアチア、オーストラリア、日本
【G組】 フランス、スイス、韓国、トーゴ
【H組】 スペイン、ウクライナ、チュニジア、サウジアラビア

日本のF組には、前回の日韓共催大会優勝のブラジル、98年フランス大会3位で1次予選で日本と同組だったクロアチア(0-1で日本敗戦)、鬼門の大陸間予選を突破して悲願の出場を果たしたオーストラリア。

正直言って厳しいな…というのが第一印象。
ブラジルは別格としても、クロアチアもオーストラリアも身体能力の高さを生かしたサッカーを身上とするチーム。日本が苦手とする高さやパワーを生かした戦術を徹底されると、非常に苦しい展開になりそうな気がします。ブラジル1位独走で2位狙い、が現実的だとは思いますが、中途半端に混戦になると得点能力の低い日本は得失点差で不利になりそう。

しかし他のグループも眺めてみると、仮に日本が入ったとしても勝ち抜きやすそうな組み合わせはありませんね(苦笑)。厳しい地域予選を勝ち抜いてきた国ばかりですから当然といえば当然なのですが。

今回は例年になく強豪が分散し、比較的偏りの少ない組み合わせになったと思います。
強いて言えば、アルゼンチン、オランダ、セルビア・モンテネグロ(旧名ユーゴスラビア)が同居するC組あたりが激戦区っぽいですね。A組がドイツにとって楽そうな組み合わせなのは、お約束の開催国優遇マジックですかね(笑)。

日本の対戦日程(括弧内は場所)
2006/6/12 対オーストラリア(カイザースラウテルン)
2006/6/18 対クロアチア(ニュルンベルク)
2006/6/22 対ブラジル(ドルトムント)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドイツW杯抽選でF組に日本が入る

ドイツW杯の組合せ抽選が10日未明に行われ日本がブラジルと同組に入りコンフェデの再戦や
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。