Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/10«2017/11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謹慎中に再度じゃ言い訳できない ~加護契約解除~

ハロプロオフィシャル

最初の喫煙をスクープして謹慎に追い込み、1年後に今度は
復帰に向けて単独インタビューを載せたのはご存知フライデー
そして今回、37歳のよう分からんデブ男との草津お泊まり&喫煙を
報道したのは週刊現代で、どちらも出版元は講談社
報道の自由・表現の自由の御旗のもと、著名人を追い回し、
プライバシーを暴いて地獄に突き落とすことについて、
講談社は本当に徹底している。それこそ骨までしゃぶるような非情さ。
そういうスキャンダルを楽しむ国民が多数いる限り、
売上高国内1位の出版社最大手にとっては、
これもまた“正義”であり、社会への使命という意識なのだろうか。

それにしても加護…契約解除=解雇=事実上の引退。
謹慎中の身でやったことを考えれば当然の措置。
事務所の管理の甘さ云々を問う声もあるが、結局は自分でまいた種。
一時代を築いた人気タレントがこういう形で消えるのは残念ではあるが
どこかのグループの元メンバーみたいに業界裏で落ちぶれたりせず
穏やかな人生を送って欲しいものだ。
それが応援してくれた人々、特に子供たちに対するせめてもの償いに
なるだろう。
スポンサーサイト
コメント
確かに今回ばかりは自覚が足りないとしか・・

それにしても、父親と1つしか違わない相手とは
やはり父親の影を追いかけているのか?
小川範子みたいに結婚した人もいますし。
37・・自分と同い年だし
2007/03/28(水) 02:35 | URL | さとぼう #P05eae5U[ 編集]
父親との縁が薄かった子、逆に男手一つで育てられた子。
どちらに極端でも、年の離れたカップルになりやすい気がします。
やはり恋人に父の影というか、父親のような愛され方を求めるのでしょうか。
後者の例だと、涼子とか。
2007/03/28(水) 03:34 | URL | 児山尚喜 #HfMzn2gY[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。