Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/10«2017/11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガツン!男の蕎麦 ~そば処 錦~

駿河台下の交差点から皇居方面へ(千代田通り)100mほど行った左側
に現れる、白木の引き戸に紺色に染め抜いた幟。そば処 錦
先日オープンしてから何度か前を通ったが入る機会がなく、
今日やっと入ることができた。

そば処 錦の外観。店内も和風でおしゃれ。

店内は椅子がないものの、和風で薄暗く落ち着いた雰囲気。
流れるBGMはジャズ。まさしく“高級立ち食い蕎麦屋”。
昼休みでサラリーマンが何人かいたが、混んでいない。

食券を買う。メニューには肉そば(800円)が筆頭に書かれている。
多くの客が肉そばを注文していることから、これが一押しなのだろう。
もりそばはメニューの後ろのほうに(600円)。
すべてもり形式で、かけそばはない。
2番目に書かれたとりそば(800円)を注文。
普通の立ち食いそば屋と同じく、カウンターでそばを受け取って
テーブルに持っていく形式。店員は皆、威勢のいい若い男。

太く黒くつやつやしたそば。量も比較的多い。
そばを箸にとる…硬い。つゆにつけても柔らかくならない。
すするのではなく、噛まなくてはならない。生煮えかと思った。
この硬さは山形の「あらきそば」以上ではないか。
温かいつゆはゴマとラー油のようなものがたっぷり浮いていて、
どうみてもつけ麺のたれ。しかも非常に濃い
取り放題の生卵と天かすを入れると違った風味が味わえるが、
それでもつゆがマイルドにならないほどの濃さ。
そばの個性とつゆの個性が真っ向からぶつかり合い、
ガツンとインパクトを感じる、男の蕎麦。
お世辞にも万人に受け入れられるそばではないだろう。
つゆに入った鶏肉の角切りは甘辛くて柔らかく、うまかった。

とりそば(800円)。太くて硬いそば、非常に濃いつゆ。

実は、大勝軒頑者のような太くて濃厚なつけ麺に
影響されたとみられる“ニューウェーブ日本蕎麦屋”が
都内で徐々に増えつつあり、
西新橋の港屋がそのパイオニア的存在として話題になっている。

ただ、この「錦」…この近辺は国内有数の学生&オフィス街。
周囲に安くてボリュームある飲食店がひしめく激戦区で、
高くて万人受けしない味の“立ち食いそば”。
広いメインストリート沿いにもかかわらず
ランチタイムに客がまばらな現実を見ると、
ごく一部の熱烈ファンの支持だけで短命に終わる予感がしてならない。
個人的には長く頑張ってほしいけど。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。