Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/10«2017/11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国のモラルは発展途上か

弾丸列車「1か月検診」、備品持ち去られボロボロ―河南省鄭州市
→ Record China

開業したばかりの“中国新幹線”で、車内の備品が乗客によってことごとく持ち去られる現象が起こっているという。
手洗い場のセンサー式蛇口、緊急脱出用のハンマー、トイレの便座の温度調節つまみ、トイレットペーパーホルダーの軸…。日本人の感覚からすれば持ち帰っても使い道がなさそうな物でも、平気で取り外されて持ち去られる。
このニュース記事は
「(鉄道局は)今後、備品持ち去り禁止を表示するのか、乗客の資質向上を待つのか、判断を迫られることだろう
と結んでいる。日本など先進国では当たり前と思われることにさえ、わざわざ禁止を表示しなければならないのが中国のモラルの実態だとすれば、非常に残念なことである。

以前、オープンしたばかりの香港ディズニーランドで、客が所構わず糞尿をするというニュースが流れたことがある。それが中国古来の文化だ、と反論する論説もあったようだが、ものには限度がある(笑)。急激な経済成長で新幹線やディズニーランドなど先進的な設備をも手に入れるほどになった中国だが、精神的な部分での“成長”が経済面に追いついていないのが実態ということになろうか。

こうして国内外のメディアに晒され、厳しい批判を繰り返し浴びながら、精神面の成長が促されていくのであろう。北京五輪を機に、文化面でも精神面でも劇的な改善が見られるのかどうか、注目していたい。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。