Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/09«2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桂花の集大成?店主盛

桂花は、東京における熊本ラーメンの草分けであり、
地方ラーメンの元祖とも言える存在。
私も学生時代に熊本出身の知人に教えられて以来、
推定で200回は食べている。
しかも食べたのは、はっきり覚えているのだが3回を除いてすべて
太肉麺(ターローメン。豚の角煮と生キャベツのトッピング)である。

渋谷センター街店に久しぶりに行ったら、以前なかったメニュー
店主盛」(1,100円)が。4度目の浮気。
博多ラーメンなどでよくある“全部盛り”の桂花版。
太肉、チャーシュー、高菜、生キャベツ、茎ワカメ、卵がのっている。
どうせならDiDi(弟弟(ディディ)。豚肩ロースの唐揚げ)も
のせてほしかったが、コスト的に合わないのだろう。
この店主盛、他のラーメンに比べ丼が小さい。

桂花は近年、以前なかった大盛や、ご飯もの、餃子などを
出し始めたりして、他店との激しい競争の中で工夫を重ねている。
老舗ゆえ、味や動きに対し自称ラーメン通の間で賛否両論が出る
ことも少なくないが、
今後も東京で熊本の味を提供し続けてほしいものだ。

桂花・渋谷センター街店の「店主盛」。桂花版・全部盛り。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。