Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/07«2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロレスの神様・カール・ゴッチ死去

80歳を過ぎても腕立て伏せ200回などトレーニングを続けていたゴッチ氏。
厳しくストイックな人生哲学、妥協を許さないファイトスタイルは
米国マット界から敬遠され、メジャータイトルとは無縁であった。

プロレスラーとして大成したとは言えなかったが、
ウェートトレーニングを嫌いスクワットやブリッジを基本とした
独自のトレーニング法は、数多くの日本人レスラーを育て、
日本プロレス界に大きな影響を与えた。
猪木、藤波、木戸、藤原、佐山、前田、高田、鈴木みのる、西村…など
新日本プロレスやUWF系の中心選手のほとんどがゴッチ門下生である。

ジャーマンスープレックスを考案して自ら披露。
猪木の卍固め、長州のサソリ固め、藤波のドラゴンスープレックス、
といった看板必殺技を伝授したのもすべてゴッチ氏であった。

ただ一方で、ゴッチを評価しない意見も少なからずある。
特に、力道山や馬場は米国における評価と同じく
ゴッチのスタイルを嫌っていたとも言われ、
全日本系のレスラーはゴッチ氏との接点はほとんどなかった
(渕やキム・ドクなどが短期間指導を受けたことはあったが)。

晩年、ゴッチ氏は北海道で暮らしたいという意向があったが
奥さんの希望で温暖なフロリダに永住することにしたという。
日本のプロレスの功労者であるゴッチ氏に日本で手厚く余生を
送ってもらうことができたら、どんなに誇らしいことだっただろう。

巨星堕つ。合掌。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。