Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2005/10«2017/03 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2005/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドライな自衛策

Jリーグの試合を観戦に千葉へ行った。
帰り、総武快速~横須賀線のグリーン車を奮発。
ガラガラの車内で新川崎まで寝て帰ろうと思っていたら、
途中で車内放送。踏切事故で横須賀線が不通だと。

最近は切符を買う手間が省けるsuicaやPASMOが推奨され、
私も近距離はほとんどsuicaを使用している。
しかしsuicaの欠点は不通になっても振替輸送が認められないこと。
振替輸送のつもりで他線を利用しようとしても、その運賃を別に取られる。
グリーン車も、満席で座れない限り払い戻しはない。
便利になった代わりに不測の事態では救済されない、これも一種の合理化か?

素直に地下鉄に乗り換えたりして余分な出費をするのも癪だ。
先を急ぐわけでもないので、開通を待って車内でうとうとしていた。
その間、キャビンアテンダントが飲み物を売りに1度来ただけで
不通に対する情報や案内やお詫びは時々流れる男性の車内放送だけ。
グリーン車は私1人になっていた。

上野駅あたりでの対応を見ていて感じるのだが、
最近のJR東日本は不測の事態になっても案内やお詫びを積極的に行わず、
客の自主的な動きに任せている感がある。
自然災害や踏切事故などJRでも防げない事故が頻発し、
一方で権利意識むき出しの客たちから雪崩のように突きつけられる
クレーム、無理難題。
それらの対応にうんざりしたJR東の“自衛策”なのだろう。
批判を覚悟の上である程度というか相当ドライな態度で対応しないと
とてもやっていけない、という意思表示なのだと解釈している。

結局、約1時間弱で開通し、無事新川崎に到着。時計は午前0時を回っていた。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。