Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/03«2017/04 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川崎にサンタはこなかった 天皇杯準々決勝

一部で噂の変な審判の活躍で屈辱の敗戦を味わった埼スタの浦和レッズ戦から2ヶ月。早くもリベンジの機会をもらえるとは。
すばらしいクリスマスプレゼントを期待して再び埼スタに向かった。
埼スタ。快晴だが寒すぎ。2階は不使用。

天皇杯は一応ホーム、アウェーの区別がないことが建前となっているが、場所といいサポの数の差といい、そんな建前は無意味であることは明らか。
それでも試合前、等々力で試合前のウォーミングアップ時にかかる「バスケット・ケース」をかけてくれたり、選手紹介時に川崎も選手個々の写真入紹介がビジョンに映ったり、一応気を遣ってくれたみたい。
しかし場内アナウンスのお姉さん(埼玉県サッカー協会の人か?)、「ガハナカズキ」はないだろう、それも選手交代時と計2回。
川崎にもビジョンで個人個人の選手紹介。「ガハナカズキ」って… 浦和側自由席が前売満杯のおかげで、川崎のサポーター席はゴール裏の半分に圧縮された。 浦和サポの数と迫力のすごさは相変わらず。

試合は…埼スタは風が冷たく非常に寒かったが、結果も内容もそれ以上に寒かった(笑)。
リベンジどころか返り討ち。いや自滅だな。
ホント、このチームはジュニーニョがいないと得点の匂いが全然しないんだな。センタリング上げても誰もいないし。中村憲剛は今日もシュートでホームラン連発だし。
フッキはよく動いてはいたが、シミュレーション取られるわ、倒されてファウルもらえたと思いこんで自分でボール抱えてハンド取られるわ。
頼みのマルクスが前半で交代したのは契約交渉のためという噂があるが本当だろうか?(契約延長決定は喜ばしいが)
今回も審判のせいにしている論評も一部にあるようだが、それで勝てるような内容ではなかったよ。
マリッチを挟み込む谷口(背番号29)と憲剛 フッキはシミュレーションを取られて警告。あからさまにファウルをもらいに行くようなプレーが目立ち、心証悪し。

そして今季の終盤に目立ちすぎた選手がまたやってしまった。森勇介。前半にファウル2枚で退場。ただでさえ攻撃がままならない中、これで大勢が決まってしまった感じ。
セレッソ戦ではベンチから暴言を吐いて退席処分。J最終節のガンバ戦では決勝点となるPKを与え、優勝のお膳立てをしてしまった。あの試合後の涙をもう忘れたのか?
既に契約継続の方針は決まっており、両サイドの選手層の薄さから、来季も変わらず使い続けてもらえることだろう。しかしサポーターの立場として言わせてもらえば、こんな危なっかしい選手を使い続けて苦戦を見せられるのはたまったものではない。
森勇介はアレックスを倒して2枚目のイエローで退場。 今シーズン終盤は悪い意味で森が目立った。タラタラ歩くなよ…。

レッズは後半、今季で退団するマリッチのヘッドで快勝。こちらは田中達也、闘利王抜きでも無問題だった。守備もプレスが厳しく、もう話にならぬ格の違いを感じた。
試合後、レッズの選手はサポへの感謝の意を込めて「Merry X'mas for All Supporters」の横断幕を掲げて場内一周。 天皇杯って中立じゃなかったんだ(笑)。
0-2で完敗。これで今シーズン終了。選手の欄に退場者の空白…。 浦和の選手は試合後、サポへの感謝の意を込めて「メリークリスマス」の横断幕を掲げて場内一周。

そして相馬直樹。いまいちの引退試合になってしまったが、試合後サポーターに笑顔で何度も応える姿が印象的だった。本当にお疲れさま。
相馬のラストゲームは残念な結果だったが、笑顔でサポに応える。

埼スタの横は、よく手入れされた芝生が広がる小公園になっていて、子供たちがボールを蹴って走り回っている。これぞ「Mr.ピッチ」が目指す理想の姿。こういう設備と光景が全国で普通に見られる日は、いつのことか。
埼スタ横の、サッカーもできる小公園。全国にこういう場所がたくさんできて欲しいね。
スポンサーサイト
コメント
おはようございます。TBありがとうございました。

昨日の試合、試合を壊した森には一度禅寺で修行しろと言いたいです…。
両サイドは補強してくれるのか、来季に向けて一番の心配事です。


2005/12/25(日) 08:44 | URL | さらら #u2lyCPR2[ 編集]
トラックバック、ありがとうございました。
一夜明けてやっぱり昨日の負けは悔しいなぁと…自滅ですもんね、あれじゃ(:_;)

勇介はホントに(゜ペ)来年もうちでやりたいんならマジで山ごもりしてこいと言ってやりたいですよ。
2005/12/25(日) 13:57 | URL | ことぶき #-[ 編集]
TBありがとうございます。
この試合を見た限りでは、両サイドのどちらに残って欲しいかといったら・・・
これからサイドの補強必須ですね。
2005/12/25(日) 14:16 | URL | piko #-[ 編集]
はじめてコメントします。
ホントに川崎は両サイドの補強が課題ですね。
この選手,川崎に来たときからあまり好きになれなかったのですが・・・。
浦和が獲得を目指しているとか言われている緑のほうの相馬,ホントは川崎に来て欲しいのだが,どうなることやら。
2005/12/25(日) 21:41 | URL | たつパパ #v7O0xCM6[ 編集]
こんばんは。TBありがとうございました。

森くん、長崎では良かったんですけどね。
彼は自分自身のコントロールができない子供ですね。

ヤス、森にこだわらず、若手を育てるようなことはないんですかねぇ。。
2005/12/25(日) 23:29 | URL | ちくみん #-[ 編集]
皆さん、ご訪問&TBありがとうございます。
やはり両サイドは最大のウイークポイントですね。特に、勇介そしてヤスを脅かす存在の即戦力を獲得しないことにはどうにもなりませんね。長期的にはユースから谷口みたいな選手が次々上がってきてトップチームに定着するような形が理想ではありますが。
2005/12/26(月) 01:15 | URL | 児山尚喜 #-[ 編集]
TBありがとうございます。
私も両翼が何とかならないかなぁという思っているのはのは皆さんと同じです。
本当に左は相馬崇人が欲しいですよねぇ。じゃなければ福岡のアレックスを呼び戻すとか。
また右は緑ですけれど山田卓也がいいなと思ってます。
それでは失礼します。
2005/12/26(月) 23:07 | URL | TAK #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

黒津勝選手 「11対11で戦いたかった」

年末の忙しい時期に海外出張…。柏の衝撃的な降格やウチが横浜Mを破って天皇杯を勝ち進んだ事は遠い海外の地で知る事に。その天皇杯準々決勝前には何とか帰国。今年2回目の埼玉スタ

終わった(‥、)でも、来年も「LOVE KAWASAKI」…天皇杯準々決勝 浦和-川崎戦(埼玉スタジアム)

スコア 浦和2-0川崎得 点 浦和 68分 マリッチ 83分 堀之内 聖 今日で今季の試合日程終了…相馬選手と一緒に国立に行きたかった(‥、)でも、今日の試合を見てるとそれは無理だなと思ったのは、森が二枚目のカ…

天皇杯 浦和戦 0-2 (相馬最後の雄姿)

今日の「何か」は・・・ウグイス嬢「ガハナ○☆×△(噛みよった)」黒津に代わる時も、思いっきり「ガハナカズキに代わりまして」・・・(二度とこの仕事するな!)試合のほうは、結果0-2の完敗なのですが、どうしても「11人で戦えたら・・・」と思ってしまう。1対1

退場と不可解采配で自滅(12/24浦和-川崎)

過去2戦で見られた壮絶さに比べれば,なんとあっけない結末よ。相馬教授の最終講義と言うには,あまりにも不似合いな試合でした。浦和は闘莉王の帰郷+内舘負傷により,左から坪井-ホリノウチ-萌え。川崎はジュニ帰国+アウグスト退団で前線にはフッキ,左サイドに相馬教授

【フロンターレ】完敗…。

レッズは強かった…坪井・三都主、代表ではいろいろ言われる二人ですが、Jリーグでは格上ですね。森の退場で勝負アリでした…まだまだ上位との差がありますね(>_<)来年の開幕ま

反対側からの観戦記 天皇杯 川崎戦

闘莉王以上に堀之内が怖い存在であることを川崎にはわかっていただけたのだろうか。今
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。