Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/09«2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本、人口減少時代へ突入

ついに日本も人口減少社会になりましたね。
いつか来るとは分かっていましたが、これほど早いとは。
政府の試算と比べても約2年早い減少開始のようです。

総人口1億2775万人、国勢調査開始以来初の減少
記事→読売新聞 朝日新聞 毎日新聞 
社説→日本経済新聞 毎日新聞 

これまで長年にわたり国、自治体、企業などが策定し実施してきた計画はすべて、右肩上がりの人口増加を前提にしたものでした。しかしその前提が崩れる時代がやってきたのです。
例えば今の制度のままでは私たちは将来年金も満足に、いや、ほとんどもらえなくなってもおかしくありません。高齢化で年金のもらい手が増える一方で、働き手の減少によって年金を納める人が確実に減るのですから。
人口が減り、若者が減り、働き手が減ると経済は縮小状態に向かうことになります。高齢化が進み、国の財政赤字や社会保障の負担も増大します。日本を支える次世代の頭脳が育たないことで、ほとんどの分野で国際的な競争力や地位が低下することでしょう。

人口減の最大の原因はもちろん少子化です。
その背景には、女性の社会進出による晩婚化、非婚化が進んでいることが挙げられています。
また、社会情勢やライフスタイルの変化に伴う、夫婦やカップルの価値観の変化もあるでしょう。「子は宝」という考え方の風化です。子供を産み育てることの喜びや、次の世代へ子孫を残すという生物本来の責任が希薄になっているのです。むしろ子育ての大変さや、出産時の痛みへの嫌悪、自分たちの時間がなくなる、といった子供を持つことに対するネガティブな考え方が先に立っているようにも見えます。
一時期、DINKS(double income, no kids =子供のいない共働き夫婦)というライフスタイルが、時代の最先端のごとくもてはやされたこともありましたが、実は人口減少につながる元凶とも言える形だったのですよね。

しかし、現在の日本では子供を持ちたくてもなかなか持てないという面もあります。子育てに対する社会や企業の無理解です。育児休暇を広く認める企業はまだ少数であり、子供を預ける施設も慢性的に不足しています。男女雇用機会均等法が施行されたとはいえ、企業側から見れば出産や子育てで勤務時間や勤務形態を制限される女性よりも、目一杯使える(使い潰せる(笑))男性の方が雇いやすいのは明らかです。結果、女性は「社会進出・出世」と「出産・育児」という究極の選択を迫られ、どちらかを諦めざるを得ないケースが少なくないようです。
そして、不況による減収、増税や保険料などの支出増が、子育てする余裕をなくさせていることも忘れてはなりません。減収やリストラ、パートに派遣という不安定な雇用や、少子高齢化目的と銘打った増税が家計を圧迫し、かえって少子化を進めかねないという悪循環。

対策に特効薬はありません。少子化による人口減が戦後50年に亘る政策の結果であるならば、おそらくはこれからの対策も10年単位あるいは半世紀先を見据えた長いスパンで取り組んでいかなければならないでしょう。
さしあたっては、企業への子育てに対する支援の義務を大幅に強化すること、そのための保護を手厚くすることが考えられます。そして、男性の育児休暇も奨励するなど、女性の負担を和らげる政策を積極的に採るべきです。
それ以上に、日本人の子育てに対する価値観を変えていくことが必要ではないでしょうか。自分たちの時間をもちたがるのも結構ですが、子供を積極的に産み育てる喜びや、次の世代に子孫を残すという責任感を、徐々にでも社会全体に熟成させていかなければ、この問題は永久に解決しないと考えています。

小泉首相も「子どもは国、社会の宝という気持ちを持って態勢をつくっていかないといけない」と発言していました。「子は宝」。多くの日本人が忘れつつあるこの言葉が、人口減に歯止めをかけるキーワードになるような気がします。
スポンサーサイト
コメント
トラックバック返しさせていただきます。
出産計画を立てて、そのためにお金の段取りとかしないと生めない時代・・・そんな感じですよね(苦笑
2005/12/30(金) 08:25 | URL | poco #qNXjQhIg[ 編集]
pocoさん、ありがとうございます。
経済的な事情で子供を産めない現実、というのは人間の摂理に反している気がしますね…。
2005/12/31(土) 00:19 | URL | 児山尚喜 #-[ 編集]
「子どもは国、社会の~」と発言してる人は
「人生いろいろ~」で平気な人ですから…。
少しは、国民のこと考えてくださいよ。
かく言う私も偉そうなことは言えませんけどね。
2005/12/31(土) 15:30 | URL | しみづ #/u617erc[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2007年じゃなかったんだ?

pocoです(≧∇≦)b 約1~2年ほど前から、人口減少は2007年といわれ続けていましたが・・・ 2005年に減少に転じる事が分かったそうです。 ・・・って今年かい Σ(゜∇゜|||)はぁうっ! 働く人間の数....

人口、初の自然減

人口、初の自然減に 少子化進み1万人 05年推計 05年に生まれる赤ちゃんの数が亡くなった人の数を下回り、日本の人口が自然減に転じる見通しであることが、厚生労働省が22日に公表した人口動態統計の年間推計でわかった。1899(明治32)年に今の形で統計を取

出生率1.26( ̄▽ ̄;)

出生率1.26%になったらしいです( ̄▽ ̄;)(;ΦДΦ)ヤバイデス(;ΦДΦ)ヤバイデス(;ΦДΦ)カナリノ少子化デス!!このままいけば出生率1を下回る日もそう遠くない!!しかも今年初めて死亡数が出生数を上回ったらしいです…なんでも10月1日現

人口、初の自然減に 少子化進み1万人減

人口、初の自然減に 少子化進み1万人 05年推計「人口減社会」がやってきた 2人目産みたくても…『05年に生まれる赤ちゃんの数が亡くなった人の数を下回り、日本の人口が自然減に転じる見通しであることが、厚生労働省が22日に公表した人口動態統計の年間推....
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。