Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/09«2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンプルでおいしい 反則・常夜鍋

常夜鍋。毎晩食べても飽きないほどおいしいことからこの名がついたとか。
じょうやなべとかとこやなべとか読み方にも諸説ある。

材料は豚肉とほうれん草が基本で、ほうれん草の代わりに小松菜を使ったり、
他に白菜を加えるレシピもある。
児山が用意したのは豚バラ肉のスライス、ほうれん草、まいたけ、ぶなしめじ、絹豆腐
豚肉とほうれん草の旨みを消しかねない、くせのある食材はパス。
だが今回もきのこ類はデフォルト(笑)。

材料を日本酒+昆布だしで軽く煮て食べるのが多くの常夜鍋のレシピ。
だが今回は手元に昆布がなかったので、うどんつゆの素(もちろん関西風)を使う。
おでんの素でもいい。
水と日本酒は1対1くらい。よく火にかけてアルコールを飛ばすこと。

某有名人の常夜鍋は、豚肉とほうれん草は決して一緒に入れず、
しゃぶしゃぶのように交互にくぐらせて食べるとか。混ぜると風味が落ちるのだろうか。
もちろん今回はそんな面倒な食べ方はせず、豪快に材料全てを鍋に入れてしまう。
但し煮るのはさっと。豚肉がかたくなったりほうれん草がクタクタになる前に出す。

ポン酢+大根おろししゃぶしゃぶ用のごまだれの2種類のたれを用意。どちらも合う。
ほうれん草やきのこを豚肉で巻いて、たれにつけるといい。
あっさりしている割に味わい深く、明日も食べたくなりそう。

シメは雑炊もうどんもいいが、鍋だけで満腹になったので、明日の楽しみにとっておこう。

シンプルでおいしい常夜鍋。うどんのつゆの素がポイント。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。