Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2005/10«2017/03 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2005/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のカップ酒「王紋」

新潟県新発田市の「王紋」。

酒どころ・新潟県の中でも、城下町・新発田には有名な銘柄が多い。
アルミ缶のカップで東京でも知名度が高い「菊水」の菊水酒造。
かつて新潟土産の定番だった「あかい酒」の金升酒造。
そんな地酒激戦区の中でも、王紋の市島酒造は一番の歴史を誇る。

新発田市の駅に程近い中心街に蔵元を構える市島酒造
もともと市島家は丹波の出という(ということは兵庫の旧・市島町(現・丹波市)が発祥か)。
慶長年間(1598年)に城主に随行して新発田に移住し、
やがて各種商売や新田開発を手がけて莫大な富と土地を得、
江戸時代から明治にかけて「越後の豪農」のひとつとして栄える。
酒造の創業は寛政年間(1790年代)。

王紋という銘柄の由来は意外にもヨーロッパにあった。
4代目の当主が欧州留学中に王室の紋章に魅せられたことによるという。
新潟の豪農と蔵元、そして欧州王室の歴史が融合。
王様をイメージさせる辛口で気品高くすっきりした飲み口。

越後・新発田の名家の味「王紋」。 「王紋」のカップを包む紙箱。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。