Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/06«2017/07 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試練の筋肉ミュージカル…賃金カット、分裂…

マッスルミュージカル分裂で新劇団設立

元体操選手らアスリートのパフォーマンスで人気の「マッスルミュージカル」の演出を手掛けてきた中村龍史氏と主要メンバーの一部が新たにスポーツエンターテインメント劇団「中村JAPAN ドラマティックカンパニー」を設立することが8日、分かった。
 「マッスル-」は、01年にTBS系番組「筋肉番付」の企画で1回だけ上演されて人気を呼び、02年に定期公演化。03年に全国公演、06、07年に米ラスベガス公演を行い、昨年は渋谷に専用劇場「マッスルシアター」もオープンした。しかし、生みの親のプロデューサー樋口潮氏と中村氏の間で、公演の方向性をめぐる意見の食い違いが起こり、中村氏は昨夏の公演で身を引いた。
一方、昨年5月には制作側が米国公演参加を希望しない出演者のギャラを一方的に引き下げ、反発した一部が労組を結成し都労働委員会に救済を申し立てるなど、出演者に待遇面などの不満もあった。昨年末には主要メンバーのTERU、知幸、三宅綾子、羽賀佳代、三井太一らが脱退した。
新劇団は中村氏と脱退メンバーを中心に結成。3月20、21日に東京・銀座のル・テアトル銀座でプレビュー公演「マッスルピック~筋肉の祭典」を開催。4月都内23区ツアー、初夏の全国ツアー後、7月にル・テアトル銀座で本公演を行う。

2月9日 日刊 オリコン(記者会見)

恐らくはこれまで例のなかった、世界に誇れる日本発エンターテインメント、筋肉ミュージカル。昨年渋谷に新シアターも完成し、国内と米国公演の2チーム並行で公演を続けていた。
だが国内公演は看板タレント不在でチケットの売れ行きが芳しくないのか、都内の駅前で公演のチラシ配りをしている光景に遭遇したこともあった。
加えて、舞台裏における一連のゴタゴタ…上記記事の通り、一部出演者のギャラが引き下げられ(最大5割)、結局制作側が陳謝した上で賃下げ分を支払うことで和解。更に、制作の要で象徴的存在でもあった中村龍史氏の脱退と新劇団旗揚げ…。

注目が高まり規模や公演数が増えるにつれ、舞台裏で様々な人物による様々な思惑が交錯するのは世の常。だが、肉体を駆使した高レベルのパフォーマンスを純粋に楽しみたい観客にとっては見聞きしたくない“汚点”であることは明らかだ。
南北朝の如く並び立った2つの“筋肉ミュージカル”。決して好ましい形とは思えない。中村氏のエッセンスが凝縮された「マッスルピック~」も見てみたい思いがあり、ぜひ成功してほしい気持ちは大いにあるのだが。
…ますます観客にそっぽを向かれ、共倒れになりそうな気がしないでもないんだよな…。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。