Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/08«2017/09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下関駅 ~再び凶悪事件の舞台にされた末~

7日深夜、山口県のJR下関駅の木造駅舎が全焼、住所不定無職の74歳の男が逮捕された。→読売新聞 朝日新聞

腹が減ってムシャクシャしていた」という、逮捕された老人。所持品はライターと小銭だけだったといい、損害賠償に応じられる資力などあるはずもなく、放火だけで死傷者も出ていないのでは死刑にもできない。JRや利用者は何ともやりきれぬ思いだろう。
自分がやったことは自分で責任を取る」と言ってのけたのは、ホームレス状態で厳しい冬を越すよりも、衣食住に恵まれた刑務所内で過ごすほうが快適だという容疑者の計算もあったのではなかろうか。冬が近づくと無銭飲食などをしてわざと捕まり、収監されて冬を過ごそうと企むホームレスが昔からいるが、これらの犯罪こそ「容疑者の人権保護」の悪用として対策を考えていくべきではないか。

全焼した下関駅舎は戦時中の1942(昭和17)年、関門鉄道トンネルの開通に合わせて完成した由緒あるものだった。三角屋根の外観は街のシンボルであるとともに、本州と九州さらにはアジアを結ぶ交通の拠点として重要な役割を担っていた。
それにしても下関駅は呪われているのかな…1999年には、自動車が駅舎に突っ込んで構内を暴走、居合わせた人たちを次々にはねたうえ、容疑者は更に車を降りて包丁で無差別に切りつけ、15人が死傷するという大惨事が起きている(被告は1、2審で死刑、上告中)。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。