Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/09«2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋葉原通り魔

25歳の容疑者は「誰でもよかった」「世の中が嫌になった」。
話題のアキバ、しかも日曜日のホコテン。
事件を起こすにはうってつけとばかりに、ここを選んだに違いない。
レンタカーのトラックで上京、歩行者天国に突っ込んで歩行者をはね、
警察官らを次々刺し、更にナイフをもう1本隠し持っていた…。
死者7人、重軽傷10人。近年では最大の無差別通り魔事件になってしまった。

下関駅、仙台アーケード、常磐線荒川沖駅…
無差別通り魔に共通する意識は、自分が報われない(と思い込んでいる)ことから生じる
世の中に対する無情感・厭世感と、自殺志願・死刑志願。
それらを抑えきれない感情の高ぶり。
大声で何かを叫び、笑いながら馬乗りになって刺した、という証言から、
人を殺める最中は、自分を救ってくれなかった社会に対する復讐達成感と、
注目されることの快感に浸りきっていたに違いない。
拳銃で威嚇されると大人しくなったのは、元来小心者で命が惜しくなった表れか。

世界的に見れば日本は充分安全で恵まれているのかもしれないが、
こういう事件が頻発し、何の罪もない市民が突然命を奪われ“殺され損”となる現実。
”落ちこぼれ”をなくし皆が夢を持てる社会、市民安全に対する考え方、警備、銃刀規制、
犯罪被害者救済etc. と日本社会に多くの問題を突きつけた悩ましい事件だ。


実はこの事件が起きる30分ほど前、秋葉原駅で電車の乗換をしていた。
気分が変わって下車し、街へ出てパソコンの部品探し…なんてことをしていた日にゃ…
想像するだけで背筋がゾッとする。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。