Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/05«2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移民って、日本に馴染むものか?

移民、1000万人受け入れ提言…自民議連案

自民党の「外国人材交流推進議員連盟」(会長=中川秀直・元幹事長)がまとめた日本の移民政策に関する提言案が7日、明らかになった。
人口減少社会において国力を伸ばすには、移民を大幅に受け入れる必要があるとし、「日本の総人口の10%(約1000万人)を移民が占める『多民族共生国家』を今後50年間で目指す」と明記した。
週明けの会合で正式に取りまとめ、福田首相に提案する。
1000万人規模の移民は、現在、永住資格を持つ一般・特別永住者(87万人)の約12倍にあたる。
案では、これら移民と共生する「移民国家」の理念などを定めた「移民法」の制定や「移民庁」の設置を提言。地方自治体に外国人住民基本台帳制度を導入し、在日外国人に行政サービスを提供しやすい態勢を整えることなども盛り込んだ。
入国後10年以上としている永住許可を「7年」に緩和するよう求めたほか、年齢や素行など様々な要件を課している帰化制度も、「原則として入国後10年」で日本国籍を取得できるように改めるべきだとした。
2008年6月8日 読売 時事通信

確かに少子化・高齢化・人口増加頭打ちは、社会が成熟化した先進国共通の課題。その解決策となるのが手っ取り早い“人口増加策”、すなわち移民である。移民の国・米国や多くの植民地を抱えてきた英仏ばかりでなく、例えばドイツでもトルコ系を中心とした移民を多く受け入れて国の活性化に寄与してはいる。

しかし日本の場合、大陸から離れた島国でほぼ単一民族国家、個人よりも家族や近所のつながりを基礎とした社会、という特殊な形態を有する国である。
確かに日本は古くは朝鮮半島や中国から、明治以後は欧米から、様々な文化を受け入れて消化し、自国のものにしてきた。日本人は伝統的にそのような他文化への寛容性や消化性を有しているのではないか?
しかも今の時代は国際化がひとつのキーワードである。国際的な感覚を持った世代が増えてきている今ならばますます受け入れやすいのではないか?

とはいえ、顔つきも言語も文化も価値観も異なり、総じて自己主張の強い異国の人までをも簡単に受け入れるほどの寛容性を多くの日本国民が有してきているものか?そうとはとても思えないのだ。

米国では近年、中米(カリブ、メキシコ等)からの“ヒスパニック系”移民が急増している。米国の人口に対する割合では既にアフリカ系(いわゆる黒人)を凌ぎ、最大の“少数民族”へと膨れ上がっている。英語を話せずスペイン語のみを解する者が多く、従来の米国文化に溶け込まずにスペイン語による独自の地域社会を形成し、固有の文化や価値観を維持する特異な、しかし政策的にも無視できない勢力になってしまっている。

…で、日本。言葉は悪いが、日本の中に日本語を話さずに中国とか韓国とか東南アジアの文化や価値観を固持する一大勢力が根を張ってしまうことを許容するのか?人数も規模も新大久保の比ではないんだから。多民族の共生などという甘い言葉で済まされる生易しい問題ではない。

そもそも少子化に対する無策の成れの果てが移民受け入れであるのならば、無責任極まりない。それとも自民は目先の税収ばかりが欲しいのか?
今後50年かけて推し進める政策ならば、出産や育児等の少子化対策、雇用確保等の複合かつ抜本的な対策を考える方が賢明だ。フランスのように事実婚を広く認め、幅広く手厚い子育て支援策を施すことで出生率が大幅に回復した例もある。

外国人を1000万人受け入れる前に、日本の赤ちゃんを100万人でも50万人でも増やす努力を死に物狂いでしなければ。それが日本人の誇りというものである。
とりあえず移民1人よりも正規雇用1人、結婚1組。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。