Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/03«2017/04 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闘将の涙 ~ヴェルディ、1年でJ2再降格~

12月6日、Jリーグ最終節の東京ヴェルディ川崎フロンターレを見に
味の素スタジアムへ行った。
大量点で勝てば優勝の可能性がある川崎F。
負ければJ2降格の可能性がある東京V。

試合は川崎Fが一方的に攻め立て、東京Vは試合時間の大半を自陣ゴール前での防戦。
川崎Fはシュートの精度を欠くなどなかなか点は入らなかったが2-0で勝った。
しかし上位にいた鹿島も勝ったため優勝はならなかった。
一昨年J2に降格し、1年でJ1に復帰した東京Vだったが、
この敗戦で2度目のJ2降格が決まってしまった。

ヴェルディは前身の読売新聞が経営から撤退し、系列の日本テレビが引き継いだが、
その日テレも今年度、本業で赤字を計上。
ヴェルディは今日の最終戦を前に、元日本代表を含む主力の大量解雇を通告、
一部報道では「身売り」(日テレがヴェルディの株を他の企業に放出)まで伝えられた。

試合後、ヴェルディ全盛期を支えた柱谷監督が涙でサポーターに挨拶と謝罪。
だが、「ヴェルディはなくならないと思います」という言葉が厳しい現状を示唆していた。

2度目のJ2降格が決まった東京V。柱谷監督が涙でファンに挨拶と謝罪。

スタンドのサポーターは、現場経験がない素人が強化に失敗した、として
フロントを批判する横断幕を何本も掲げ、社長らとの直談判を求めて居座り続けた。
結局説得を受けて撤収したのは午前0時だったという。

試合終了後、東京V側サポーター席ではフロントと親会社日テレの責任を問う横断幕が何本も。

私は川崎フロンターレのサポで、アンチヴェルディなのだが、
Jリーグ黎明期に強さ、人気、名誉を欲しいままにした名門クラブが
今や2度の下位リーグ降格に甘んじるほど凋落しているのを目の当たりにすると、
何ともやるせない思いを抑えきれない。

ヴェルディ全盛期。
サッカー界においても巨人のように読売による強い支配を望んだナベツネが
当時の川淵チェアマンと何度も衝突する場面が報じられた。
企業色よりも地域密着を旨とするJリーグの理念に反発し、
日テレや報知は地域名ではなく「読売ヴェルディ」と言い続けた。
それも強かったからこそできたこと。

だがかつての北の湖ではないが、強くて憎らしい悪役チームは
競技スポーツの盛り上がりのため存在してもよいのではないかと思う。

大手企業がこぞって協賛した全盛期と違い、味スタのピッチには広告看板は数えるほど。
財政的な問題もあり、巻き返しには数々の困難が予想されるが
現場理解のある経営者の下、時間はかかっても地道にチーム再建を進めてほしい。
いつかまたJ1で若い選手たちの勇姿を見たい。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。