Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/07«2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深谷の煮ぼうとうを作ってみた

群馬~栃木~埼玉など北関東では古くから小麦の産地だったせいもあって、
佐野ラーメン、水沢うどん、加須の手打ちうどん、太田の焼きそばなど、
独自の麺文化を持つ都市がいくつもある。

埼玉県深谷市にも「煮ぼうとう」という郷土料理がある。
山梨の「ほうとう」に似た名前だが、大鍋で平打ち麺を野菜などとともに煮るのもそっくり。
但し味つけは味噌味のほうとうに対し、煮ぼうとうは醤油味。

9月に深谷へ行ったが、暑かったうえに、
街が衰退していたせいかまともな飲食店を見つけられず、何も食べずに帰った。

しかし寒くなってきて、煮ぼうとうが妙に気になっていた矢先、
スーパーで煮ぼうとうの生麺+つゆのセットを発見。これは作るしかない!
今日は作るには絶好の寒さ(笑)。
豚肉、舞茸、干し椎茸、深谷ネギ(!)などと一緒に麺を煮込み、添付のつゆで味付け。
児山流は、かつおだしを別に追加。

麺を予めゆでずに一緒に煮込むので、つゆに適度なとろみがつくのがいい。
豚肉と干し椎茸、かつおだしと多彩なだしが入ったことで、こってりした味わいに。
北関東の寒い冬も、この料理で温かく乗り切れそう。

深谷の「煮ぼうとう」の市販品を家で作ってみた。とろみがいい。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。