Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/09«2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲運のレフティーモンスター ~小倉引退~

甲府の元日本代表FW小倉隆史が10日、現役引退を発表。
14年間の選手生活にピリオドを打った。

四中工時代から左足の柔らかいボールタッチと抜群のセンスで注目を集め、
全国高校選手権優勝の実績を引っさげて94年に名古屋入り。
オランダのエクセルシオールに留学して実績を積み、
20歳で日本代表に抜擢された。将来の日本のエースと期待されたが、
96年アトランタ五輪代表合宿で右ひざの靭帯を断裂。
この怪我がオグの運命を大きく変えてしまった、と言われている。
以後、日本のトップの座は遠ざかり、怪我との戦いが続くことになる。
治療のため再びオランダに渡り、数回にわたる手術とリハビリの日々。
その甲斐あって復帰したものの、以前ほどの輝きを取り戻すことはなかった。
2000年に名古屋を退団後は市原、東京V、札幌、甲府と
ほぼ1年ごとに移籍を繰り返す“さすらいのレフティーモンスター”に。

昨年、甲府は初のJ1昇格を決めたが、そのピッチでプレーするオグの姿はなかった。
シーズン途中で構想から外れていたのだ。
オグに代わってエースの座についたバレーが、入替戦で1試合6得点の
Jリーグ記録を打ち立て、昇格の立役者となった。

甲府を戦力外になり、合同トライアウトに参加して移籍先を探したが、
獲得に名乗りを上げるクラブはとうとう現れなかった。
地域リーグ(JFLの下)から将来のJ入りを目指すクラブチームのFC岐阜に入るのでは、
という情報も流れたが、結局引退を決意した。

今後は指導者を目指しつつ、マネジメント会社と契約を結んで
サッカーに関わる活動を行う意向だという。
決して満足いく選手生活ではなかったと思うが、その経験と無念さは
指導者となったときに必ず生かされることであろう。

本当にお疲れさま。
スポンサーサイト
コメント
はじめまして。訪問履歴からきました。
小倉隆史、引退ですね。
アトランタ五輪での活躍を是非観たかった!!
前園、小倉の引退とこの世界での厳しさを感じます。
本当、第二の人生の活躍を期待します。
2006/02/11(土) 12:48 | URL | 唯の旦那 #LgG/Usl6[ 編集]
唯の旦那さん、ご訪問ありがとうございます。
ゾノも引退ですね。今日のアメリカ戦でTV中継のリポーターをやっていました。
最強と言われたアトランタ世代も、すでに晩年を迎え始めていることを実感します。
2006/02/12(日) 01:18 | URL | 児山尚喜 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。