Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/03«2017/04 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外に昭和レトロな街・高崎

久しぶりに休暇が取れた。
早速昼前に思い立ち、高崎線の鈍行に乗った。
この、突然思い立つ感覚が楽しいのだ。

高崎は中山道と三国街道が分岐し、昔から関東と信州・越後を結ぶ交通の要衝。
田舎である新潟へ帰る時には鉄道でも車でも必ず通る所で、
丘の上に建つ高崎観音が見えてくると、ああ高崎だな、と実感する。
世間一般には高崎駅の「だるま弁当」で知られているように、高崎はだるまの街でもある。

街を歩くと、駅周辺は再開発が進み、きれいで道も広く、若者の姿も目立つ。
だか古くからの中心街へ向かうと、そこは良く言えば古き良き昭和レトロ、
悪く言えば往年の栄華を偲ぶ、時代から取り残された商店街。
人通りもほとんどない日曜の昼下がりのアーケード。
人口減、不況、クルマ社会に高速化…地方経済の凋落は深刻だ。

かつては高崎の中心的な繁華街だったと思われる、「中央銀座」。大人向けの商店や飲み屋が中心。薄暗く、人通りはほとんどない。 店名から察するに、1970年の大阪万博の頃にオープンした店では?あ、あれはエキスポだっけ。ペプシのステッカーがいい味。でもまだ営業しているのか? これまた昭和40年代の香り漂う衣料品店。丸みを帯びた窓が当時は流行の最先端だった。 海のない群馬で、遠く離れた香川・小豆島のマルキン醤油の看板。地元の正田醤油じゃないのがいいね。「夜の散歩道」もいいネーミング。実に昭和レトロ。

夕方、高崎のシンボル・高崎観音へ。
ここへ行く過程がまた凄く、バスがすれ違えないような細い山道、ひなびた集落。
高崎市街からバスで10分ほどなのに、こんな場所があるんだね。
日光いろは坂を思わせる九十九折の頂上には、
ここにもまた昭和の遺物のような土産物屋が軒を連ねていた。観光客は数えるほど。

高崎市街を見下ろす山頂に建つ、高崎白衣(びゃくえ)大観音。建立は昭和11年と中途半端に古い。観音様の中(胎内)は入館料を払って入れる。

高崎観音こと「高崎白衣(びゃくえ)大観音」は昭和11年に建立されたコンクリートの観音様。
観音様の中(胎内)には入館料を払って入る。
昭和初期に作られたコンクリート剥き出しの胎内。
狭くて急で手すりの位置が低い(戦前の日本人の体格が推定できる!)階段を
ひたすら登る。観光もバリアフリーもあったもんじゃない。
鈍った体にはいい運動をしながら辿り着いた最上階は9階に相当。
しかし展望台などなく、小さな窓から市街や山なみを覗き見るのみ。
確かに眺めはそれなりに良かったが、
フルマラソン完走のご褒美が消しゴム1個、みたいなすっきりしない感覚。

観音様の最上階(9階の高さに相当)の窓から見た高崎市街、奥には前橋市街と赤城山の山裾も。 反対側の窓から見た景色。どこまでも続く山なみ。右奥は今も活動する浅間山。

もともとバスの本数が少なく、
帰りは赤城おろしの本場の寒風の中、40分ほども待たされた。
ようやく来たバスは遠回りのルートで、客は1人。
暗いいろは坂をひたすら下り、山の中の集落で時間調整したり、
県道を外れて東京農大二高に寄ったり(日曜夜に客などいない!)し、
高崎駅まで50分ほども要した。
駅横にオープンしたヤマダ電機の灯りが眩かった(笑)。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。