Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/09«2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三沢、試合中に頭を強打し死亡

これ、つらすぎるよ…。
GHCタッグ選手権の試合中、バックドロップを食らって心肺停止になり、
リング上や病院で蘇生処置が行われたが…。

プロレスはもともと危険な種目ではあるけれど
トップレスラーが試合中のアクシデントで亡くなった例は極めて少ない。
あれだけ鍛えていて、レスラーとして国内有数の実績を残し、
しかもかつては二代目タイガーマスクを名乗るほど空中殺法を得意としていて
受身のうまさで知られた三沢が…。

プロレスリング・ノアの看板選手であるとともに、
全日本から選手を大量に引き連れてノアを興した社長でもある。
ノアの今後、そしてプロレス界全体に対する影響の大きさ。
今は何も考えられない。

(以下追記:2009.6.14)

今朝、日テレ「ザ・サンデーNEXT」で、
リングで三沢の救命措置を行っている映像が放映された。
普段は敵対している高山善廣や佐々木健介もリングに上がり、
会場からは「三沢」コール。そのコールがやがて悲鳴まじりになり、
泣き出す女性ファンも。その異様な雰囲気に、やりきれない思いがこみあげた。

リング上で死ねれば本望、とレスラーが言うのは強がりにすぎない。
引退にはまだ早い一選手として、
多数のレスラーやファンを抱えるメジャー団体の社長として、
こういう状態で志半ばにして最期を迎えなければならなかったことは無念のはず。
プロレス界は三沢の死を無駄にしてはならない。

ノアは今日以降も九州などで興行を予定通り開催するという。
ファンあってのプロレス。異論もあるだろうが、その英断に敬意を表したい。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。