Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/05«2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋岐阜遠征その1: 風光明媚でおいしい八百津

6/26、またまた名古屋へ遠征。
例によってともろー氏のライブで、今回もダブルヘッダー。
昼は名古屋の郊外、岐阜県加茂郡八百津町にて、
地元在住の霞祥子(以下、ショコ)さんの企画によるライブ。
夜は名古屋の中心・テレビ塔の真横にあるライブハウス「MUJICA(ムジカ)」。

しかし八百津にはどうやって行こうか?鉄道は今はないし。
ショコさんに行く旨を伝えたところ、
わざわざ中央本線の多治見駅まで迎えにきてくれることになった。感謝。

26日、早朝の「のぞみ」「しなの」を乗り継いで、多治見へ降り立った。
この日は梅雨の晴れ間。
昨年、熊谷と並んで日本最高気温を記録した多治見市。まだ9時半なのに暑い。
ショコさんの車で八百津へ向かう。

途中、可児市のインター近くで、東京から中央道でやってきた
ともろー&斉藤KAZU(ギター)さんと合流。
まずはショコさんの案内で、宮本武蔵ゆかりの名刹・大仙寺へ。
武蔵が座禅を組んだという石や、城郭と見まごう石垣、美しい山々などに感動。

宮本武蔵ゆかりの大仙寺。石垣と山々が映える。 宮本武蔵が座禅を組んだという石。ともろー氏、坊主にしていて大正解だった。 大仙寺境内のムクゲ。

次にライブ前の腹ごしらえ。八百津町内の「うな好(よし)」へ。
名物のうなぎのひつまぶし
江戸前とは違って蒸さずにカリッと仕上げた蒲焼、タレとも絶妙。
量が非常に多いうえ、値段は名古屋市内より安い。大満足でライブ会場へ。

八百津町の「うな好」のひつまぶし。味、量、値段とも◎。 ひつまぶしは、最後に薬味とだしをかけてお茶漬け風に食す。最高。

八百津での会場は、地元の井上醸造が営むお土産&喫茶スペース「味工房」。
ショコさんの知人を中心に、20代の女の子から4~50代の仕事仲間、趣味仲間、
御年80歳になるショコさんのお父さんまで、まさしく老若男女の客層でほぼ満席。
ここでの年齢層と夜のライブを意識してか、ともろー氏はいつもより相当抑え目だったが、
それでも観客を巻き込むパフォーマンスで大盛り上がり。

ライブの模様はこちらも。
八百津のお土産&喫茶「味工房」での、ともろー&斉藤KAZU氏によるライブ。地元の老若男女の方々を巻き込んで大盛り上がり。 年配のお客さんも強制参加。みんな楽しんでいた。 岐阜の山間部でも熱唱。

せっかく来た八百津なので、ここ味工房で売っていた地酒、蜂蜜、だし醤油などを
宅急便で自宅へお土産に。
木曽川のダム沿いに田畑や山々が広がる八百津は
決して交通の便がいい場所ではないが、静かで景色が美しい。
そしてあのひつまぶし。また来たくなる。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。