Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/09«2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

所用の日

生憎の秋雨だが、会社を休んで所用。

午前、眼科に行く。
普段コンタクトを使用しているが、ここ数週間、視力が急に低下した感じがしていた。
待合室はほとんどがお年寄り。視力検査等の後、年配の女医さんによる診察。
目の表面を映した拡大モニター。眼球の表面に無数の点々。
角膜の表面がはがれていることを説明される。
コンタクトのケアの問題ではないかとの診断。
角膜細胞は再生機能が強い組織であることも知ったが、
しばらくはコンタクトは使わないようにとのお達し。
処方箋が出て、隣の調剤薬局で目薬を3種類購入。

午後、運転免許の更新。
鴻巣の運転免許センターへ行こうと思ったが、
平日なので警察署でもOK。地元の警察署へ。
1階入口すぐの狭い待合室みたいなところが免許更新の受付&待合スペース。
他の業務受付の人や警察官が行き交い、いかにも手狭。
建物が古く、スペースに苦慮していることは明らか。
写真撮影も受付横の狭いスペース。
受付奥に無理矢理仕切りを設けた窮屈な「講習室」。
折り畳み椅子が横1列に5脚ずつしか置けず、20人も入れば一杯。

免許更新の担当は全員女性。エビちゃん風、青木さやか風などルックスもまずまずで
女子警察官のイメージとはやや違う。
狭いスペースで受付に写真撮影にと、てきぱき業務をこなす。
かつての講習は中堅くらいの男性警察官による、高圧的な講話が主だったはずだが
時代も変わってきたものだ。

更新の時に見るビデオも狭い待合スペースで。
警察庁が作っているこの交通安全ビデオのナビゲーター&ナレーションは、
今年の春でレギュラー番組がなくなった福留功男アナ。
交通事故は被害者だけでなく加害者の家族も不幸にする旨を訴えるトメさんの語りを、
不謹慎ながら別の少し複雑な思いで聴いていた。
不況と視聴率低迷。ギャラが高額なベテラン司会者には厳しい時代だ。

目を悪くしているので視力検査がやや心配だったが、無事パス。
道交法も変わり、普通免許ではなく「中型自動車免許」という括りになっていたのだな。
ICカード導入により暗証番号が必要なこと、
個人情報保護の観点から本籍記載が省略されたことなど
ちょっとした浦島太郎状態(笑)。

出来上がってきた新免許証、写真の顔はまた老けた感じ(当然か)。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。