Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/05«2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛媛FC、東京初上陸も惜敗 東京V、永井が救う

東京V 1-0 愛媛

駒沢オリンピック公園陸上競技場。
JFLでは何度となく見に来ており、愛媛の試合も観戦したことがありますが、J2としては愛媛は初登場。それだけに感慨深いものがあります。
愛媛サポ。「じゃこてんパワー」「伊予柑魂」「ポンgoal!」など楽しいゲーフラ。 「愛媛産には、愛がある。」

前半は愛媛が攻勢でした。中盤を支配し右サイドを中心に再三チャンスを作りますが、得点には至りません。ヴェルディのGK水原が安定していたせいもありますが、シュートの精度、ゴール前での落ち着きが欠けていたようにも見えました。やはり友近の離脱は痛手かもしれません。
あと戦術的なことで気になったのですが、中盤でボールを奪うと、前にボールを運ぶのではなく、必ず後ろの味方に一旦預けてタメを作ろうとする動きが徹底されていたこと。個人の突破で点を奪えるだけの力がないと考えての戦術でしょうが、それだけ攻撃が遅くなり、守備を固められてことごとくチャンスを狭める結果になってしまったように思えました。
相手ゴールに近づいた時、パス回しそのものの精度も上げる必要があるでしょう。選手個々の資質の問題かもしれませんが。
「審判、ファウルとってよ」今日の主審はJ2で悪名高き今村亮。但し今日はまずまずだった。 萩と濱岡がFKを蹴る前に打ち合わせ。

東京Vは前半いまひとつでしたが、さすがに後半になると徳島戦と同じようにプレスが厳しくなり、徐々にペースをつかんできました。
そして劣勢の名門を救ったのは途中出場の2人でした。FW齋藤雅のセンタリングに、黄金時代を知るベテラン永井が合わせて決勝点。得点が入ったときの選手、そしてラモス監督の喜びようといったら。
前半、愛媛の森脇が一人で持ち込んでシュートするも東京Vの水原に止められる。 ヴェルディ先制!永井にやられた。

愛媛の守備は安定していましたが、終盤になって足が止まったのが痛手でしたね。
痛手といえば、前半早々の石丸の交代。膝を痛めて担架に乗せられての退場でしたが、大丈夫でしょうか?

これで3試合とも1-0の僅差。安定した守備の維持と、チャンスを生かせる攻撃の整備に努めてほしいものです。今は勉強の日々ですね。
名門ヴェルディ相手に中盤を支配し、シュート数でも上回ったが…。 J2での一戦一戦が愛媛の経験と財産になる。前を向こう。
スポンサーサイト
コメント
詳細なレポート、ありがとうございます。
勉強になります。

次節のコンサドーレ札幌戦、勝ちます。
2006/03/20(月) 00:47 | URL | trd #-[ 編集]
アウェーの雰囲気なども含め、すべてが勉強の1年になりそうですね。
札幌は川崎からレンタル中のエースのフッキが出場停止。愛媛にはチャンスでしょう。
2006/03/20(月) 22:28 | URL | 児山尚喜 #HfMzn2gY[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。