Paper Dokuhon Blog ~SKY HIGH~

思ったこと、いま興味のあることを何でも書いていきます。芸能ネタ、ラーメンネタ、旅行ネタ、サッカーネタ、都市や地方ネタなどが中心になりそう。
2017/05«2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白レバー♪

東京駅近くの比内鶏料理屋「今井屋本店」にて。
本数限定の「白レバー」。柔らかくて絶品。

比内鶏料理店の限定「白レバー」。高いが柔らかくて絶品。

大吟醸に水炊きなど、散々飲み食いしたら、勘定が凄い金額に(恐)。

都内では古参の部類か かのやうどん

讃岐うどんブーム以前から、都心では貴重な讃岐風うどんを出す店として
人気を保ってきた「かのや」。
新宿東南口、上野など都内に数店舗。
ブーム以前からある店なのでセルフ形式ではなく、券売機で食券を買う立ち食いスタイル。

会社での飲み会帰り、新宿西口店に寄った。
いつもは具が豊富な人気メニュー「かのやうどん」だが、今日は肉うどん
薄味のだしに肉の旨みが溶け出して、かなりいい感じ。
酒のシメに最適。数週間後に人間ドックを控えた身なのに(笑)。

讃岐うどん「かのや」の肉うどん。酒のシメに最適。

妙高の空気が育んだ香辛料・かんずり

我が家で欠かせない調味料の一つに「かんずり」がある。

新潟県妙高市の特産品「かんずり」。 かんずりは豆板醤に似た香辛料。

かんずり新潟県妙高市(旧・新井市)の特産品で、
唐辛子をベースに、塩や麹を加えて発酵させたもlの。
色といい、辛さといい、豆板醤に似ている。
ほのかに柚子の香りがするのは、柚子も一緒に加えて発酵させているから。

かんずりは漢字で寒作里と書く。
発酵させたかんずりを、豪雪地帯・妙高の寒風に晒して味を引き締める工程に由来。

家では鍋の薬味にしたり、大根おろしに混ぜてもみじおろしにしたり、
炒め物に少量加えて味にアクセントをつけたりしているが、
公式サイトには実に様々な使い方が載っていて感心させられる。
天ぷらのつゆ(生姜の代わりか)、うなぎの蒲焼(山椒の代わりか)ならまだしも、
味噌汁に入れたり(豚汁には入れる)、カツ丼に付けたり、焼いた餅…

パスタのアラビアータや麻婆豆腐も作れそうだ。
そうだ!今度はパンに塗ってみよう(爆)!。

中華で忘年会

会社の忘年会が神保町の泰南飯店であった。
こういう機会でもなければめったに来れない中国料理店(笑)。

約7,000円のコースだったが、トンポーロ(豚の角煮)が絶品。
甕だしの紹興酒が飲みやすく、泥酔者続出。
帰り、地下鉄のエスカレーターで仰向けに倒れる者も。よく怪我しなかったものだ。

神保町・泰南飯店のトンポーロ(豚の角煮)。絶品。

名店のおでん

会社の飲み会、2次会に日本橋「お多幸本店」へ。
東京では有名なおでんの店で、通常は予約しないとなかなか入れないが、
この日はたまたま空きがあり、すぐ入れた。

定番の大根、玉子、白滝、さつま揚げ、牛すじ。
関東風のしっかり醤油味の効いた濃い味つけ。
人によっては濃すぎる味つけかもしれないが、これが江戸の味なのだな。
牛すじはとろけるよう。

シメには「とうめし」。茶飯の上に、だしの染みた柔らかい絹ごし豆腐。
この日は茶飯が品切れとかで、白飯で代用だった。それでも充分うまかった。

日本橋の名店「お多幸本店」のおでん。しっかりした味の関東風。

バレバレ

表参道で行列ができる話題のハンバーガー店、クォーターパウンダー
でもこれ、名前を出していないけどマクドナルドであることバレバレ。

クォーターパウンダーは大昔にマックのメニューとして一時発売されていた。
「ビーフたっぷり2倍半」をキャッチコピーにブレイクを狙ったが、
定着しないままほどなく消滅、代わりにダブルバーガーが発売されたという前歴がある。
今度はマックの名を隠しての別ブランドで再発売。メニューも限定。
100円で粘る客を排除して客単価を上げる実験的な意味合いもあるのだろう。

生クリームへの憧れか ~カルボナーラがミートソースを超えた日本のパスタ~

日本人が選ぶパスタの定番、今や「カルボナーラ」

10月25日が“世界パスタデー”だということをご存知だろうか? この日はパスタの魅力を広くアピールすべく1998年より制定された記念日とされるが、オリコンではこれに合わせて『好きなパスタ料理』についてアンケート調査(複数回答可)を実施。その結果、コクのある味わいが人気の【カルボナーラ】(47.0%)が1位を獲得した。昔から馴染みの深い【ミートソース】や【ナポリタン】ではなく、日本人が選ぶパスタの定番は今や【カルボナーラ】のようだ。
10月25日 オリコン

考えてみりゃ近年は「スパゲッティー」という呼び方もあまりしなくなってきて、
どちらかといえば「パスタ」だものな。

私も含め、カルボナーラの濃厚なクリームの味わいは
昭和後期以後の日本人にとって憧れの味のひとつなのだろうな。
生クリームに西洋的な高級感を感じるのは、
欧米文化に憧れを持ち続けてきた戦後日本人の性なのか。
グラタンしかり、クリームシチューしかり、生クリームたっぷりのケーキいやドルチェしかり。

深夜のマックにて

マックリブとベーコンポテトパイのコラボ☆

深夜、都心の24Hマックでマックリブと期間限定復活のベーコンポテトパイを食う。
このコラボ、結構いいかも。
ベーコンポテトパイ、ずっと残しておいてほしいなぁ。
このあと、タクシーで帰宅。6時起床予定(爆)。

虎の威を借る?丸亀製麺

関東における讃岐うどんブームは、店舗ごとの盛衰はあれど未だ衰えをみせない。

新宿に近いJR大久保駅近くの讃岐うどん「丸亀製麺」に行った。
かなり定着した感のある、自分でお盆を持って麺を注文し天ぷらを取るセルフ形式。
自家製麺に、関西風としてはやや濃い目のつゆ。関東人好みの味付か?
天ぷらはちょうど揚げたてが出てきた。全体として安心して食べられる店という印象。

讃岐うどんのチェーン店「丸亀製麺」のかけうどん。やや濃い目のつゆに自家製麺。天ぷらも揚げたてで好感がもてる。

この丸亀製麺は神戸に本社を置く飲食チェーントリドールが展開する業態で、
主にイオンなどショッピングモールのフードコートを中心に店舗を広げてきた。
地元関西ばかりでなく近年は関東でも店舗が増え、よく見りゃ地元にもあるじゃないか(笑)。
そればかりか佐野(ラーメン)、桐生(うどん)、館林(うどん)、深谷(煮ぼうとう)といった
北関東で伝統的な麺文化を持つ都市へ、まるで戦を挑むかのように積極的に進出している。
これで渋川と加須に進出できれば文句なしなのだが(爆)。

讃岐うどんを自称しておきながら、名前を冠した丸亀市はおろか香川県には一店舗もなし
外では虎の威を借り傍若無人に振る舞い、肝心の虎の前では沈黙する、
どこかの政治家か芸能人か会社の上司か。
「讃岐」「丸亀」はあくまでイメージなのだろうね。「日本の名湯」みたいな入浴剤と同じで。

一度やってみたかった

子供の頃、小さなビン入りのヤクルトやマミーを飲みながら思った。
大きなグラスに入れておなかいっぱい飲めたらなあ。

スーパーで1ℓ紙パック入りのマミーを見かけ、子供の頃の憧れが一気に蘇った(笑)。
グラスより大きいジョッキに入れて豪快に飲む。幸せ♪…でも甘すぎ。

一度やってみたかった、マミーをジョッキでイッキ飲み。

水は買うもの(になってしまったか)

近年は環境の改善や浄水技術の発達により、
首都圏の水道でも充分に安全でおいしい水が出るらしいが、
私はここ20年以上、水道の生水をそのまま飲んでいない。
お湯を沸かしたり料理に使ったりはするが。

私が生まれた新潟、特に柏崎の水は山からの湧水を水源に使っていて
蛇口から出る水が冷たくておいしい地域である。
それに対し、子供の頃住んでいた埼玉の一軒家の水道は、
夏は生ぬるい上に水道管が錆びて赤い水が出て、とても飲めたものではなかった。
新潟から上京してきた祖母がお茶を飲んで一言
ここのお茶はまずいねぇー
とつぶやいたことが、首都圏の水道水に対するトラウマみたいになっている。

水と平和はタダ」と揶揄される日本ではあるが、
私個人としては既に水は買うものになってしまっている。

最近はスーパーや地方旅行などで珍しいミネラルウォーターを見かけると反射的に飛びつく。
夏の間、家の冷蔵庫は様々な地方のミネラルウォーターのボトルで占拠されていた。
ヨーロッパ輸入の炭酸水はNG。

年をとったら、水がおいしい地域に移住したいよな…。

ミネラルウォーターをよく買って飲む。最近目につく度に買っていたら、こんなに。

今年もだだちゃ豆~

新潟の人は他の地域と比べて枝豆をよく食べるらしい。
確かに小さい頃から夏には枝豆が常に食卓にあった。
先日新潟市内のスーパーに行ったら、枝豆が袋入りではなく量り売りだったり。
うちでも今年は例年以上に枝豆をよく買って食べた印象。

夏も終わりだが、去年に引き続き今年もだだちゃ豆
新潟でもうまい茶豆が採れるが、山形・庄内の鶴岡特産のだだちゃは味の濃さが別格だと思う。

今年も山形・鶴岡特産のだだちゃ豆を大量に買って豪快に食う。

新潟の味(笑)

新潟遠征で食った主なものを、ここに写真で。
しかし、タレカツとかイタリアンとかへぎそばとか、他の地域にはない肝心なメニューを
ことごとく見送ってみたら、意外に普通になってしまったな(泣)。

新潟名物の一つ、浜焼き。魚を串に刺して炭火で焼く。味付は塩のみ。身がふっくらしてうまい。酒にも、ごはんにも合う。銀だらと鮭のカマの2つも食べてしまった。 新潟駅地下にある手打ちうどん屋。これは冷やしとろろうどん。腰が強く食べ応えがある。新潟の麺は意外に侮れない。 新潟はラーメンも隠れた名物。県内でも地域で異なるが、新潟市内の主流はあっさり醤油味に極細麺。懐かしい支那そばの面影を色濃く残す。

ともろー氏のライブ前、一行で入った食堂。「カツライス」の文字を見て反射的に注文してしまった。ロースカツにサラダ、別皿でごはん、味噌汁も付いて1,300円。これで、タレカツは見送りに(笑)。 暑い昼間、中心街の古町の店頭で売っていた「アイスクリン」。ミルクセーキをシャーベット状に凍らせたような、昔風のあっさりとした味。 万代シティで買ったダブルコーンアイス。岩室(新潟市の西。温泉がある)の朝採れイチゴのシャーベットと新鮮牛乳のアイス。

今度は夕張メロンソフト

暑いせいか、ソフトクリームづいている。
有楽町駅前、東京交通会館1Fにある北海道のアンテナショップ「北海道どさんこプラザ」。
その入口に長い列。お目当ては夕張メロンソフトクリーム。
私は北海道ならではの濃いミルク味も捨て難かったので、バニラとのミックス。
老いも若きも、ビルの通路で大勢がソフトにかぶりつく様は異様だ(笑)。

北海道どさんこプラザで売っている、夕張メロンミックスソフトクリーム。

焼き牛丼~ペッパーランチが繰り出す新兵器、お味は?

夜、上野広小路付近を歩いていて偶然見つけた「元祖焼き牛丼屋」。
ここ、確か以前はラーメン屋だったと思う。カウンターのみ。お客はゼロ。
券売機で「焼き牛丼」大盛(580円)を注文。

出てきたのは甘辛く炒めた牛肉、たまねぎ、さやいんげん、コーンがご飯の上にのった丼。
普通にうまい。わざわざ足を運ぶほどではないが、近くにあれば時々行くだろう。
並盛480円、メガ盛780円とコストパフォーマンスもまずまず。地鶏卵100円は、やや強気か。

この店はペッパーランチの会社が新業種として始めたもの。
ペッパーランチのノウハウや原料が使えることもあってか早くも手慣れた味の印象。
(さやいんげんやコーンはペッパーランチのステーキの付け合せとして定番)
但し今後ブレイクして店舗が急展開できるかどうかは…うーん、まぁ、ね。

焼き牛丼。甘辛く炒めた牛肉やたまねぎがのった丼。ペッパーランチの新業種らしい。

うなぎは浦和だけじゃない 大宮の老舗

大宮駅ビルルミネ2にあるうなぎ屋「う匠 山家膳兵衛」。
明治5年創業の大宮の老舗うなぎ屋「山家」の支店。

大宮のうなぎ屋「う匠 山家膳兵衛」のうな重。

うな重。蒸して焼く関東風の蒲焼は外側カリッ、中ふんわり。
たれは比較的あっさりしていて食べやすい。うなぎの王道。

うなぎの蒲焼は浦和が古くから有名で、今も中仙道沿いを中心に老舗が点在するが、
隣の大宮にも老舗の実力店があることを認識。

てんどーん

葛西駅前の立ち食いそば屋で、何となく頼んだ「ミックス天丼」(550円)。
立ち食いそば屋なので出来合いの天ぷらをつかうのだろうとあまり期待していなかったが、
注文を受けてから揚げ始める丁寧さ。その仕事ぶりに思わず写真を撮ってしまった。
エビ2本、きす、いか、ししとう、れんこん。
いかの巨大さと、れんこんの歯ざわりが「てんや」にはないところ。
漬物とスープ(そばつゆを薄めたもの)付き。味噌汁なら完璧だったんだけどな(笑)。

080322_1508_02x.jpg

騒動は去っても、あやかり商品は健在 ~たまちゃんパン~

2002年、多摩川の丸子橋付近に出現した、一頭のアゴヒゲアザラシ。
ニュースで報じられて以後、連日人が押し寄せ、アザラシは川の名にちなんで
タマちゃん」と呼ばれるようになった。
その後タマちゃんは鶴見川、帷子川、荒川などに出現、2004年頃を最後に姿を消した。

かつての騒動から3年あまり。あやかって作った「たまちゃんパン」は健在。

最初に姿を見せた地点に程近い、東急東横線多摩川駅構内にある手作りパン「神戸屋
では、タマちゃん人気にあやかってタマちゃんパンを発売し始めた。
タマちゃんが姿を消して3年あまり経った今も「タマちゃんパン」は健在。
もっちりした生地に、あんこがぎっしり。小型のあんパンというか饅頭に近い。

中には、あんこがぎっしり。
プロフィール

児山尚喜

Author:児山尚喜
新潟生まれの埼玉育ち。AB型。
自称・まじめな勤め人。ただの町人。
好奇心大。趣味多数。しかし何一つ仕事に生かされておらず、職場では一目置かれるどころか“役立たず”扱いらしい。おかげで出世レースからも早々と脱落し、ますます趣味にのめり込む悪循環の生活を送っている。
1990年代前半にごく一部で話題になり篠原涼子などを輩出した女性アイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のファンを自認するが、今はグループ自体が消滅して、ここでも宙ぶらりんの状態(笑)。
サッカーなどスポーツ観戦も趣味だが、Jリーグより先にJFLを観戦し始めたマイナー志向派。10年以上に亘って見続けてきた富士通サッカー部が川崎フロンターレになり、とうとうJ1に上がってしまった。でもマイナー意識は抜けず…。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。